現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月3日更新

口説いてほしいサインかも?「誘われ待ち」の女心に気付くコツ

10712 views

いい感じの女性がいるのですが、向こうは口説いてほしいのかなぁとか思う時があります..。

女性ってどういうふうに、感じているのでしょうか?(大学3年・男性)


 

image (2)

photo by pakutaso.com

「女心が分からない」と悩んでいるそこのあなた!

確かに、恋愛に対する考えは男女で大きく異なっている部分がたくさんあるかもしれません。

しかし「この人、素敵だな♡」と異性が気になり始めた時、その人が発するサインというものは意外にも共通しているものです。

やはり、気になる異性に対しては本能的に動いてしまうのです。

ここでは、そんな女性が気になる男性に対して口説いてほしいと思っている場合にとってしまう本能的なサインを取り上げています。

気になるあの子はあなたに口説いてほしいと思っているのでしょうか?!

 

⚫︎視線



「気になる」=「見ていたい」。これは当たり前のこと。

誰しも思いを寄せる人を目で追ってしまった経験はありませんか?

見つめ過ぎて相手に気付かれてしまいうこともありますが、まだ《口説いてほしいな》の段階だと気付かれるレベルまではいかない強さの視線となっている場合が多いです。

なので、男性側が気にとめていなければ見過ごしてしまうかも、、、。

少し周囲を気にしてみると意外な人からの《口説いて光線》を感じられるかもしれません。

 

⚫︎ボディータッチ



女性とは元来「構ってちゃん」な人が多いです。

特に、気になる人に対してはその思いが強くなって当然。

構ってもらう為に一番てっとり早いのが、女性の側から男性に絡むことです。

「ねぇねぇ」や「おはよう」など、会話を始める際に肩をポンポンと叩かれたりしたことはありませんか?

また、気になる人に触れたいのは男女に共通する本能ではないでしょうか。

気になる男性の体とは、女性にとってとても魅力的にうつるものです。

なので、女性は意識していなくとも気になる男性の体をついつい触ってしまっています。

冗談を言った時「もぉ〜」「また○○君は」などと言う言葉と一緒に軽く叩かれたりするのもボディータッチといえます。

女性に触れられた時、少し意識してみて下さい。

 

⚫︎質問攻め



「気になるから、知りたい!」これも男女に共通する素直で本能的な気持ちではないでしょうか?

好きなタイプやお付き合いしている人の有無はもちろん、とても些細な事、例えば、今朝は何を食べて、昨日は何時に寝たのか。

そんな、日常生活の一部分でさえも気になる男性のことなら知りたいのが女性。

「そんな事聞いてどうするの?」と思うような質問を受けた時、それは口説いてサインかもしれません。

 

⚫︎共感



女性との会話の中で、男性側が自分の考えや今後の目標、趣味を語った際に「分かる〜」や「私も私も!」など共感してくれるような相槌が多い場合。

これは、女性が本能的に様々な事をあなたと共有したい!

私とあなたは似ているのかもしれない!果ては、あなたに近づきたい!という衝動の表れです。

気になる人ができると、その人と自分の同じ所を知らず知らずのうちに探してしまいます。

また、気になる人の趣味を知ることで、その趣味を自分も始めたりもします。

女性と会話をする際、その様な共感の相槌に耳を傾けてみましょう。

 

⚫︎連絡の頻度



最近やけに連絡をしてくる女性はいませんか?

先程書いた、気になる人の事を「知りたい」という気持ち。

直接聞ける女性もいれば、照れくさくて話しかけられない女性もいます。

そんな時、便利なツールとなるのが携帯電話。

メールなどの文章では、直接話しかけるよりも幾分落ち着いて関わり合えます。

また、無意識の内に気になる人への連絡の頻度は上がっていくものです。

友達と思っていても、連絡する内に見えてきた意外な部分を知ることがキッカケで意識し始めたりもするので、

連絡の頻度が上がってきた女性がいる場合、それは口説いてサインかもしれません。

 

いかがでしたか?



この文章を読んで、頭の中に今まで意識すらしていなかった女性の顔が浮かんだ方も多いのではないでしょうか。

客観的に見れば、あきらかに出ている女性からのlove love光線も、当事者になると意外に気付かない事があるようです。

女性の口説いてサインを知ることで、男性の側も女性の見方が変わり、それはより多くのキッカケを生みます。

女性と会話する際や、携帯電話を通して関わる時、以上の事柄を頭の片隅に置き、意識してみましょう!

2014年12月3日

written

by yu-c


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop