現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月3日更新

大好きだから♡彼氏ともっともっとラブラブになる方法まとめ

2933 views

彼氏ともっともっとラブラブになるためにはズバリどうしたらいいのでしょう?(大学3年・女性)


 

image (2)

photo by pakutaso.com

 

やっとGetした彼氏。

幸せオーラ全開で毎日がルンルン。

周りのどのカップルよりもラブラブだぁー!と思っているそこのあなた。

その幸せを長続きさせるかは、今、まさにこの絶頂期の過ごし方にかかっていると言っても過言ではありません。

幸せ絶頂期に浮かれてしまい、上の空で本能のままに動いていると、、、あれ、、、、?

彼氏が最近冷たい、、、。なーんて事になってしまうかも。

幸せは噛み締めつつ、冷静にもっともっとラブラブになる方法を知っておきましょう!

 

1お互いの事を知る



大前提といえるこの項。

「もう、知ってるし!」なんて思っていませんか?

それは、もしかしたら自惚れかもしれません。

誰しもお付き合いが始まるまでは、相手により良く思われようと、多少は着飾り、気を遣い、ネコ被りをしているものです。

その120%の姿を真の姿だと受け取り、それを維持していってほしい!と考えていると、それは彼氏の負担になってしまうことも。

よく、「付き合い始めて変わった」と周りで嘆いている友達の相談を受けませんか?

変わって、当たり前なのです。

お付き合いが始まったら、お互いがしんどくならないよう本当の姿を探り合い、無理に着飾ず居心地良く過ごせる関係性となるように努力する事が大切です。

 

2喧嘩、そして必ず仲直り



ラブラブモードに熱中していると、「好きだからこそ」を引金に起こる喧嘩。

これは、多くのカップルが避けられないトラブルです。

この喧嘩の対処一つでその後のカップルの行く末を大きく左右します。

喧嘩の始まり時、カーッと頭に血がのぼってしまい、本当は思ってないような事を言ってしまう経験はありませんか?

人間とは、一度火が付いてしまうとなかなか収まらない生き物です。

喧嘩になり、怒りが収まりそうにない時は、とりあえず落ち着く為に1人になった方がベターです。

男性とは元来《めんどくさがり》な人が多いです。

なので《面倒くさい喧嘩》にならない事が一番。

逆に喧嘩になった際に冷静に対処できる一面を見せる事ができれば、彼氏の中のあなたのポイントはUPするでしょう!

喧嘩はチャンスと言えるかもしれません。

 

3離れている時間を作る



付き合って間も無い時期は、離れていたくなくて一緒に過ごす時間を多く作るカップルがほとんどではないでしょうか。

しかし、ある程度の期間を経たら《程良い距離感》が長くラブラブモードを維持する秘訣となってきます。

これは、言いかえれば《じらす》という行為と似た部分があります。

つまり、彼氏が「もっと一緒にいたい」と思う距離感を維持するということです。

よく、「あんなにラブラブだったのに、最近、彼氏から連絡の頻度が下がって、、、」と悩む方がいますが、これは彼氏が「もっと一緒にいたい」状態ではないということです。

押して押して引く、とはよく聞きますがラブラブな時間を過ごす中で少し冷静に彼氏の様子を観察できるようになれば距離感も掴みやすくなるでしょう。

 

4ご奉仕の姿勢



男性とは、女性に下から《よいしょ》されて悪く思う人はいません。

それが大好きな彼女だったら尚更。

もちろん、彼女に対して「してあげたい」彼氏も多数いるでしょう。

しかし、それに甘んじ全面的にその姿勢を受け入れ、果ては「〜してくれて当たり前だ」なんて思ってしまうと、とても厄介です。

こんな我儘な彼女にならない為には、彼氏に対して《感謝》を忘れないよう努めることが大切です。

そうすれば、自ずと「〜させてもらう」「〜してあげたい」と自然に感じられるはず。

自らがこのような姿勢だと彼氏にも伝染し、ポジティブな関係性が保てるでしょう。

 

5共通点の模索、作成



今、あなたが彼氏以外で熱中している事は何ですか?

また、彼氏が今あなた以外で熱中している事は何ですか?

付き合っていても、私生活の100%がお互いの時間となるとこはありません。

ここで大切となるのが、一緒ではない時間をお互いに受け入れる事。

また彼氏の趣味・嗜好を認める事。例えば、彼氏の趣味が自分は経験がないとしましょう。

そんな時、自分が興味が無いからと彼氏が趣味に費やす時間やお金に対して「理解できない」姿勢をとってしまうと、それは喧嘩、果ては別れのキッカケとなってしまいます。

逆に、理解しようと努め一緒にトライしてみると彼氏の趣味の良さを感じられるかもしれません。

それは、新たな共通点となり、一緒に過ごす時間がより充実したものとなります。

 

いかがでしたか?



こうしてみると、ラブラブな時期が、まさにラブラブな時期を長続きさせる期間といえます。

彼氏に夢中でイチャついている時も、頭の中で冷静な自分を忘れずトラブルに対処したり、我儘を押し通さないことが大切。

いつも「付き合ってくれて、一緒にいてくれて、ありがとう」の気持ちを忘れずにいれば彼氏に敬意を払えるはずです。

それは、彼氏という人間を認めることに繋がり、もっと深い愛情へと進化していくことでしょう。

2014年12月3日

written

by yu-c


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop