現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月8日更新

元彼とよりを戻したい!場面別対策法

2186 views

元彼のことが忘れられません。でも避けられていて、復縁は望み薄かも…こんな場合でもよりを戻す方法はありますか?(大学2年生・女性)


愛する彼との別れはとても辛いものです。
毎日彼のこと思っては眠れない日々が続いているのではないでしょうか。

いったいどうしたらあの頃のようにまた彼と笑える日が来るのだろうか・・・・と
苦しい日々をすごしているあなたに復縁の対策法を
パターン別にご紹介したいと思います。

元彼とヨリを戻した女性

1.メールを返してくれない



別れるということは彼があなたに興味がなくなったということです。
別れてすぐにメールをしても相手の気持ちは振り向かせることはできません。

一度距離を置いて冷静になりましょう。
アプローチに必要な期間は一般的に3~6ヵ月がベストだといわれています。
冷却期間中は別れた原因を考えましょう。

厳しい現実を一度受け止めて、自分磨きに励みましょう。
エステやジムで外見を磨く、趣味を見つけて視野を広げるなど、
内面も外見も素敵な人間になれると理想的です。

別れた時とあなたが何も変わっていなければ、
どんなによりを戻そうとしても彼はあなたに魅力を感じません。
距離をおいている間に自分を磨いておけば
久々にあった魅力的なあなたに彼も心を奪われることでしょう。

 

2.着信拒否されてしまった



別れたらすぐ着信拒否をする人も少なくありません。
そんなときは電話番号やメールアドレスを変えて連絡します。

連絡するタイミングは別れてすぐではなく、最低3ヶ月以上は開けたほうが良いでしょう。
それでもダメならまた1ヶ月ほど時間をおくなどして相手の警戒心を解きます。
しかし、何度もアドレスを変えてしつこく連絡を取ろうとしていると
復縁できるものもできなくなってしまいす。

そこで、メールを送っても反応がないようであれば、
彼と共通の友人に協力を求めましょう。
彼はあなたに復縁を迫られるのを警戒しているので、
友人にはあなたが彼に未練がないことを伝えて警戒心を徐々に解いていきます。
長期戦にはなりますが焦らず慎重に行動しましょう。

 

3.都合のいい関係になってしまった



別れたのになぜか都合のいい女になってしまった。
そんなあなたは一度彼と友達に戻りましょう。

離れられるのが怖いからといわれるがままの女性は
男性にとっては便利ですが魅力はありません。
断る勇気も時には必要なのです。

いつでも手に入る存在からなかなか手に入らない
存在になることで彼の独占欲に火をつけます。
大切なのは彼に喪失感を与えることです。

 

4.新しい彼女から彼を奪い返す



元彼に新しい彼女ができてしまった場合。
お付き合いした手の頃は恋愛フィルターがかかっているので
あなたがいくら頑張っても努力は水の泡です。

彼と新しい彼女の付き合いが安定し、
マンネリ気味や喧嘩が増えたときの彼の心の隙を狙います。
あなたはまず、下心を捨ててまずは彼の彼女のことを褒めましょう。

彼の信頼を得ることができれば彼女の愚痴をこぼし始めるはずです。
マイナス部分を口に出すことにより、
彼の中でどんどん新しい彼女のマイナスイメージが膨らみます。

彼の相談を聞きながら彼の味方になることにより、
彼はやっぱりあなたしかいないとおもうかもしれません。
今の彼女と付き合うより
あなたと付き合ったほうが幸せだと彼に思わせることが重要です。

 

5.自分から振った場合



喧嘩別れをしてしまった場合は
すぐに復縁を求めても火に油を注ぐようなものです。
復縁の意思を伝える前に、彼に謝ります。
そして彼が冷静になったところできちんと話をしましょう。

ほかに好きな人ができて別れてたときは少し時間をおいてください。
焦らずに距離を縮めていくことが大切です。
彼の気持ちを考えながら警戒心を解いていきます。
もともと愛し合った二人です。
しっかりと彼と向き合っていけばあなたに振り向いてくれることでしょう。

 

6.メールのやり取りはするのになかなか彼があってくれない



メールのやり取りはたまにするものの、いざ会おうとすると会えない。
そんな彼には偶然を装って会いましょう。
このとき彼が避けるようであればその場ではあっさりと身を引きます。

彼の中で「まさか復縁したいと思っているのか?」
などと警戒させないように注意が必要です。
あくまでも偶然に。
彼と友人のように親しくなれたらまたアプローチすれば良いのです。

 

いかがでしたでしょうか。

どの対策法であれ、大切なことは「とにかく焦らないこと」。
現に復縁してうまく行っているカップルは多数存在します。
あなたも自信もって明るく楽しく復縁を目指しましょう。

2014年12月8日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop