現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月4日更新

DVDストア店員おすすめの本当に面白いアクション映画TOP7

2210 views

最近アクション映画にハマりはじめました。

特におすすめのものがあれば教えてください!(大学2年生・男性)


 

学生の皆さん、誰かと一緒に盛り上がりたい時や、嫌なことを忘れたい時など、ふと急にアクション映画を観たくなることはありませんでしょうか。

でも、たくさんありすぎてどれにしようか迷ってしまう。

そんなあなたに、オススメのアクションDVD7作品を一気にご紹介いたします!

 

7位 ジュラシックパーク



ジュラシックパーク
出典:amazon

 

子供の頃に見た映画の中で、心に残っているものの一つではないでしょうか。

今でも、たまに見たくなります。

恐竜に追いかけられ、食べられそうになれ、逃げて隠れての繰り返しにドキドキしますよね。

実はこのドキドキ感、恋愛にも使えるのです。

気になるお相手と是非2人きりで見ましょう!

映画のドキドキと恋愛のドキドキとを感情が勘違いして、気持ちが急接近する可能性アリ!

気まずいシーンも無いので、安心して鑑賞出来るオススメのアクション映画です。

 

6位 バック・トゥ・ザ・フューチャー



バックトゥザフューチャー

出典:amazon

 

学生のみなさんなら、一度は見たことがあるはずの名作。

あのデロリアンに憧れた人も多いのではないでしょうか。

博士と主人公のやりとりも絶妙!

この作品を友達と見ながら、「過去と未来、どちらに行きたいと思う?」なんて話をするのも楽しいですね。

ちなみに、劇中に出てくるホバークラフトは、2015年に開発され一般化している設定なんですよ。

今年には、わたしたちも乗れるでしょうか。

 

5位 ジュマンジ



ジュマンジ

出典:amazon

 

倉庫で見つけた古いボードゲームから始まる、不思議で奇妙なゲーム。

サイコロを振って止まったマスには、怖いことばかりが書かれています。

しかもそれが実際に起こってしまうなんて。

キャストの子役たちも叫び回ります。

クリアしなければ終われない。そんな危険なゲームをどうやって終わらせるか。

見所満載です。

 

4位 メン・イン・ブラック



メンインブラック

出典:amazon

 

地球に侵入してきた宇宙人を監視するMIB。

コメディタッチのSFアクションです。

ウィルスミスとトミーリージョーンズの掛け合いが絶妙。

宇宙人も、どことなく可愛らしいです。

アクションシーンも満載で、ストーリーもテンポよく進んで行きます。

あまり色々考えずに、のんびり見たい時にオススメです。

 

3位 TIME



TIME

出典:amazon

 

遺伝子操作により25歳から歳を取らなくなった人類は、

人口の増加を防ぐため自分の人生の時間を通貨とし、生活に関わるあらゆるものを時間で支払っていた。

まさにタイム・イズ・マネー!1分1秒をも大切にする貧困層の主人公が、永遠にも近い時間を持っている富裕層に挑み乗り込んでいく姿はまさに痛快!

カーアクションもあり、見応え十分。

また、ヒロインのファッションにも注目。

見終わった後、時間の大切さに気づく映画です。

 

2位 グランドイリュージョン



グランドイリュージョン

出典:amazon

 

ラスベガスでマジックショーを行っていた、フォーフォースメンと呼ばれる4人のマジシャン。

彼らは、その場に居ながらもパリの銀行からお金を盗み出すことに成功する。

それを受けたFBIと、マジシャンたちの追いかけっこが始まった。

ド派手なイリュージョンに、見ているこちらまでもが、いつの間にか騙されてしまいます。

テンポもよく見終わった後も、話題が尽きない一作。恋人とのお家デートにもオススメです。

ちなみに、2作目の製作が決まっています。

 

1位 ガタカ



ガタカ

出典:amazon

 

生まれながらに優れたDNAを持つ「適正者」と、「欠陥」のある DNAを持ちうる「不適正者」との間で厳格な社会的差別があるSFアクション。

不適正者の主人公は、適正者の力を借りて本人になりすまし、宇宙局に乗り込む。

何が適正で、何が不適正なんだろう。と深く考えさせられる作品です。

そして、衝撃のラストシーンには 誰もが「うそでしょ!?なんで!?」と叫ぶこと間違い無しです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

古いものから新しいものまで、色々なジャンルを紹介させていただきました。

その日の気分に合わせて、お友達や恋人、または一人でまったりDVD鑑賞を楽しんでくださいね。

2015年2月4日

written

by あめ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop