現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月4日更新

知っておくべき!海外旅行保険の基礎知識

744 views

海外旅行保険についてさっぱりわからないので教えてください。(大学2年生・女性)




待ちに待った海外旅行。
どんなお店に行くか、どこに観光に行くか、と楽しい旅の計画を立てると同時に、旅行先での安全対策も検討する必要があります。

病気やケガなどに備えて海外旅行保険への加入を検討される方が多いと思いますが、どの保険会社の保険に入るのがよいのか、それともクレジットカードに付帯している保険で十分なのか、と悩まれる方も多いと思います。

そのような悩みをお持ちの方のために、今回は海外旅行保険についての基本的な情報をご紹介します。

 

1.補償の範囲・内容



海外旅行保険というと、病気やケガの際の補償のイメージが強いですが、実はその他幅広い範囲のトラブルに関して補償されます。
契約会社やプランによって若干の違いはありますが、主には以下の内容について補償されます。

・傷害死亡

・傷害後遺障害

・治療・救援費用

・救援者費用

・個人賠償責任

・携行品損害

・航空機寄託手荷物遅延

・航空機遅延

上記の通り、病気やケガの補償以外に、荷物トラブルや飛行機の遅延などで発生した費用も補償の範囲になります。

参考URL:AIU海外旅行保険プラザ http://www.tsconsulting.jp/index_aiu_ota.html

損保ジャパン日本興亜 http://www.sjnk.co.jp/kinsurance/leisure/off/

 

2.クレジットカード付帯の海外旅行保険



最近ではほとんどのクレジットカードに海外旅行保険が自動付帯されています。
またクレジットカード会社やカードのステイタスによって補償内容の違いはありますが、上記1.でご紹介した補償内容はほぼカバーされています。

そのため、海外旅行保険が自動付帯されたクレジットカードを持っている場合、海外旅行保険には加入せず、旅行される方も増えています。
但し、海外旅行保険との大きな違いは補償内容の金額です。

海外では治療費のみで100万を超えるケースが多くあり、クレジットカードの補償金額を超えてしまう場合もありますのでご注意ください。

参考URL:三井住友VISAカード https://www.smbc-card.com/mem/service/li/hoken_kaigairyokou.jsp

セゾンカード http://hoken.saisoncard.co.jp/travel/

 

3.手続き方法



保険会社の海外旅行保険に加入する場合、旅行手配を依頼した旅行会社経由や代理店などで申し込みも可能ですが、最近では手軽なインターネット申し込みを可能としている会社がほとんどで、出発当日まで申し込みが可能です。

また空港で申し込みが可能な保険会社もあります。

なお、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合は、原則事前の申し込み手続きなどは不要です。

 

4.補償適用外の項目に注意



幅広い補償範囲で対応が可能な海外旅行保険ですが、歯科治療は適用外、また持病がある方は申し込みに制限がある場合があります。
あらかじめ補償内容、手続き手順について理解をし、不明な点は各保険会社やクレジットカード会社に早めに問い合わせをするようにしてください。

 

いかがでしたでしょうか?

海外旅行保険に関して、基本的な情報をご案内いたしました。
旅行保険に加入するかどうか、またどのような保険やプランに入るかは個人の判断になりますが、上記をご参考にしていただければと思います。

なお、旅先で登山やダイビング、サーフィンなど通常の都市観光よりケガをする可能性が高い旅行を計画中の方は、補償内容のより充実した保険会社の海外旅行保険に加入されることをお勧めいたします。

2014年12月4日

written

by superokami


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop