現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月16日更新

キャンプで食べたい!炭火で作る絶品肉料理レシピ8選

9125 views

キャンプで作って食べられるおすすめの肉料理ってありますか?(大学2年生 男性)


キャンプでのお楽しみと言えば、屋外だからこその炭火料理ですよね。
煮込み系ならカレーライス、焼き物系ならバーベキューが定番でしょうか。

バーベキューと言うと、とにかくお肉と野菜を焼いて、塩コショウか焼肉のタレで…。
ふと気付くと、いつも同じパターンになってしまいませんか?

「いつものバーベキュー」から抜け出して、ちょっと違ったお肉料理に挑戦してみましょう。

 

鶏肉のレシピ



フリフリチキン




画像出典&レシピ:http://cookpad.com/recipe/1115126

ハワイのオアフ島ノースショアの名物が、フリフリチキンです。
「フリフリ」は現地の言葉で「回す」という意味。
本来は串に刺した丸鶏を炭火の上で回しながら焼くものだそうです。

それを、もっと手軽に作って食べられるのが、こちらのレシピです。
キャンプの前日に下ごしらえをして、当日は焼くだけなので、とっても簡単です。

 

鶏肉の山賊焼




画像出典&レシピ:http://cookpad.com/recipe/1177442

カレー風味に仕上げる、その名も山賊焼。
まさにアウトドアにぴったりのメニューですね。
しっかりめの味付けを意識すると、美味しく仕上がります。

強めのカレー風味が苦手な人やお子さんには、焼き上がりにマヨネーズをつけるのがオススメです。
まろやかさと軽い酸味がプラスされて、食べやすくなりますよ。

 

豚肉のレシピ



豚バラベーコンタワー




画像出典&レシピ:http://www.beachsidecooking.com/Meat_Recipe/pork_bacon.htm

とにかく、シンプル!豪快!なのが、こちらのレシピです。
豚肉をバーベキューで焼くことはよくありますが、ベーコンを、しかも塊で、なんてなかなかありませんよね。
こんなことができるのも、キャンプならではでしょう。

出来上がりの味を左右するのは、何より素材の良し悪しです。
この際ですから、できるだけ美味しいベーコンを選んで、贅沢に焼いちゃってください!

 

豚と青紫蘇の巻き串焼き




画像出典&レシピ:http://cookpad.com/recipe/100081

ちょっと一手間かけて、さっぱりいただける一品を作りましょう。
香ばしい外側の「カリッ、パリッ」と、じっくり熱を通した内側の「しっとりジューシー」を、同時に楽しめます。
このふたつの食感を一口で頬張れるのは、薄切り豚肉を巻く、という方法ならではです。

青紫蘇をバジルに変えたり、タレを何種類か準備してみたり、楽しみが広がりそうなレシピですね。

 

牛肉のレシピ



ミスジのタリアータ




画像出典&レシピ:http://urabus.jp/article/231.html

「ミスジ」とは、牛の肩甲骨の下の部位だそうです。
焼く時は強火で、表面にはしっかりした焼き色をつけ、中はレアに仕上がるようにするのがコツです。
レアが苦手な人は、火の強さを落として焼き時間を延ばし、中までしっかり熱が通るようにしましょう。

メインディッシュではなくサラダ風に、たっぷりの野菜と食べるのもオススメです。

 

ビーフのアジアン風串焼き




画像出典&レシピ:http://cookpad.com/recipe/363295

食欲をそそる香りいっぱいの串焼きです。
アジアン風のマリネ液を覚えておけば、他のお肉やシーフードにも応用できますね。

焼く時に焦げやすいので、炭火の強さに注意して、目を離さないようにしましょう。
お好みの焼き加減に仕上げてください。

 

その他の肉のレシピ



鴨肉のタタキ




画像出典&レシピ:http://www.beachsidecooking.com/Meat_Recipe/kamo_tataki.htm

ビタミンB群や鉄分の含有量が多く、特に女性に嬉しい栄養価が高いのが、鴨肉です。
野性味も感じられるその味わいも、キャンプ料理にぴったりですね。

脂の溶け出す温度が低いので、焼き立てアツアツを慌てて切り分けちゃダメですよ。
粗熱が取れるまでちょっと我慢した方が、その脂の美味しさもしっかり堪能することができます。

 

地中海風ラムチョップ




画像出典&レシピ:http://form.allabout.co.jp/s/110525/6_1.htm

ラム肉も、ビタミンB群や鉄分の含有量が多いお肉として知られています。
そして脂は、比較的高い温度(44℃)にならないと溶け出さず、消化吸収されにくい特徴があります。
体内の脂肪燃焼を促進してくれる成分もたっぷり含まれているので、ダイエットに嬉しいお肉ですね。

そんなラム肉を、スパイシーな味付けで焼き上げるのが、こちらのレシピです。
前日に漬け込んでおけば、当日は焼くだけでかぶりつけます。

 

 

普段はできない体験を、思いっきり楽しむのがキャンプの醍醐味です。
せっかくですから、お料理にも「いつもと違う」を取り入れてみてくださいね。
盛り上がること間違いなしです!

2014年12月16日

written

by 松葉


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop