現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月16日更新

歳の差カップルが必ず通るリアルな悩みTOP5

4542 views

年の差カップルが人気ですが、何か年齢差による悩みとかはないんですか?(大学2年生・女性)


年の差カップルの悩み

現在増えてきている年の差カップル。
愛情があればもちろん年の差なんて関係ないのですが、年の差カップルならば、どうしても通らなければならないリアルな悩みもあります。

今回はそんな、年の差カップルが必ず通る、リアルな悩みTOP5について見ていきます。

 

1.人生の目標や、価値観の違い



自分が今何を目標として生活を送っているのか、年の差があれば、その目標が大きく異なることもあります。
それに伴いお互いの価値観にもずれが出てくることがあります。

年下の方が学生であれば、友人関係や趣味、試験や就職活動などを生活の中で重要視していることが多いです。

それに対し年上の方は、これらの年下側が今熱中している過程はもう何年か前に乗り越えてきており、今は仕事のことや結婚、新たな家族計画への夢を抱いていたりします。

年の差カップルは、これらのお互いの人生の目標や、価値観の違いについて悩むことがあるかもしれません。

 

2.体力の差が出てくる



年の差があると、体力の差に悩む日が来るかもしれません。
デートや旅行の時など、年上の方はすぐに疲れてしまい、年下の相手に申し訳なく思うかもしれません。

一方体力のある年下の方は、相手を気遣いながらも、物足りなさを感じてしまうことがあるかもしれません。

お互いに若いうちはさほど差はないですが、今後長く付き合いを続けていくとなると、もしかしたら体力に違いが出てきてしまう日が来るかもしれないということを頭に入れておく必要があります。

 

3.気を抜くと相手のお父さん、お母さんに!?



年の差カップルは、年上の方が頑張って若さを維持しないと、相手のお父さんやお母さんに、周りから間違えられてしまうことも。

本人たちが傷つかないためにも、年上側はいつまでも若くいる努力を続けなければなりません。

それでもひょっとしたら将来兄弟、または親子に間違われてしまい、お互いに嫌な思いをしてしまうこともあるかもしれないということを頭に入れておいた方が良いかもしれません。

 

4.年下の方が、年上の相手のお金目当てと思われてしまうことも



これは、年の差カップルにどうしてもつきまとってしまう世間の先入観。

本人たちがお金目当ての付き合いでないと認識していても、年下側が、年上側のお金目当てで付き合っている、または結婚したと周りから思われてしまうことは、世間の先入観からもはやどうしようもないことだといえるでしょう。

周りがどう噂しようと、本人たちがそれを気にしないのが年の差カップルがうまくやっていく大前提となります。

 

5.相手の年齢に近い人たちに嫉妬してしまう



年上側の方が「相手はやっぱり、同じ世代のこんな若い子の方がいいんだろうなぁ」と、相手と同じくらいの年齢の人に嫉妬してしまう。

または年下側の方が「やっぱり大人なあの人の方が相手には合うんだろうな」と考えてしまう、ということがあるかもしれません。

年の差があると、どうしても相手と同じくらいの年齢の人に嫉妬してしまうことがあるかもしれません。

そんな時でも、年齢は気にせず自分自身に自信を持って、お互いに良い関係を築いていけるよう、努力を続けることが必要になってきます。

 

 

いかがでしたか?
お互いに愛情があれば年の差は関係ないですが、年の差があるがゆえに、どうしても通らなければならないリアルな悩みもあります。

しかし事前にその悩みについて知っておき、心の準備をしておくことで、二人でそんな悩みも乗り越えて幸せな時間を送っていきましょう!

 

 

2014年12月16日

written

by komota


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop