現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月20日更新

本当にやっていけるの?確認しておきたい年の差婚のデメリットまとめ

1241 views

一回り年上の彼氏に、結婚をほのめかされているような・・・。もちろん相手のことは好きですが、年の差婚となると少し考えてしまいます。どんなデメリットがあるのでしょうか?(大学4年生 女性)


 

年の差カップル

© yuuuu

 

最近ブームの年の差婚。
お互いに愛し合い、思いやっていれば年の差なんて関係なく、
楽しい結婚生活が送れるはず♡

なのですが、年の差婚には、デメリットもあるのが事実。
将来本当にやっていけるのかどうかを年の左近をする前に確認し、
それを覚悟の上で、
自信を持って結婚生活に望めるようにしておきましょう!



1.価値観の違いが出てくる



年齢が違うと、どうしても人生の目的や、
価値観が違ってしまってくることも。

人生には、それぞれの年齢で、乗り越えなければならない経過があります。
学業、卒業、就職活動、人間関係をはじめ、
仕事をはじめてからは、その年齢、キャリアにより、仕事上の目標も異なってきます。

結婚後は、子どもが欲しい時期など、
家族計画に対する価値観のずれも出てくるかもしれません。

 

2.食生活の違いが出てくることも



人は年齢により、体に合わせた食生活が送られるようにできています。
そのため、年齢が若いほど脂質やカロリーの高い、味の濃い物を好みますし、
また年齢が上にいく程、あっさりとした、
胃腸に負担のかからない物を好むようになります。

結婚後、食べ物に対する好みが異なってくることもあるかもしれませんが、
お互いの体に合わせた食生活を考えていく必要があります。

 

3.老後の介護への不安



年の差婚で、若い年齢の方は、近々相手の両親の介護、
その後は相手の介護も待っているかもしれません。

年齢が上の方は、愛する相手に、
若いうちから介護人生を送らせてしまうかもしれません。

老化現象は100%、年齢に応じて誰にでも訪れる事実だということを、
年の差婚前に再認識しておきましょう。

 

4.体力の差が出てくる



お互いに若い頃は、あまり体力の差は気になりませんが、
結婚後年数が経つにつれ、相手との体力に、
差が出てくることがあるかもしれません。

子育てや行事、旅行、夜の生活などでも、
年上の方はすぐに疲れてしまい、
相手に申し訳なく思ってしまったり。

一方年下側は、自分の体力が余り、
物足りなく感じてしまうこともあるかもしれません。

年の差婚では、体力の差も考えた生活を
しなければならないということを事前に覚悟しておきましょう。

 

5.年上側のホルモンが低下してくる



人は年齢が上になるにつれ、女性ホルモンや、
男性ホルモンの量が低下してきます。

それにより、異性としての魅力が
年齢とともに衰えてしまうのは、リアルな事実です。

相手の異性としての魅力が低下しても、
一人の人間として愛し、尊敬し、
良好な人間関係を保っていく必要があります。

 

6.将来、子どもの友達の親との差も出てくる



結婚後子どもができ、子どもの学校行事に参加するなどの機会には、
年上側はどうしても子どもの友達の親と比べられてしまいます。

「○○ちゃんのところは、おじいちゃんが来たの?」
などと友達から言われてしまい、
子どもは少し嫌な思いをすることもあるかもしれません。

 

7.お金目当て?と周りから思われてしまう



世間の固定観念から、年の差婚と聞くと、
「お金目当てでしょ?」と思われてしまうのは仕方のないことです。

そんな世間の目や、噂は気にしないでいる覚悟が必要です。

 

いかがでしたか?
年の差婚の際のデメリットを見てきましたが、
年の差婚では離婚率が低く、
夫婦間の仲も普通の夫婦よりも良いというデータもあります。

以上のようなデメリットを覚悟し、受け入れた上での年の差婚は、
きっと幸せな結婚生活につながるでしょう。

 

2014年12月20日

written

by komota


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop