現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月2日更新

今話題!「ナチュ盛りメイク」でナチュラル可愛くなる方法

4611 views

「ナチュ盛りメイク」ってやつが気になります!どんなメイク方法ですか?(大学2年生・女性)


女性はすっぴんに近いほうがモテる!
メイクが薄いのに、かわいい人っていますよね。
塗りたくらないのにすっぴんのようなかわいらしさ。

では、どんなメイク方法をしているのでしょうか?
今回は、私が実践しているナチュ盛りメイクで
男性にうけやすい盛り方をお伝えいたします。

ナチュ盛りメイクでかわいい女性

 

まずはじめに



自分ではかわいいと思っているのに、
男性に実は不評なものを3つほどあげます。

・カラコン
目が大きくて虫みたいで気持ち悪い、との答えが多数。
今回はカラコンなし、コンタクトもなしで挑戦します。

・アイプチ
もとが平べったい顔をごまかしすぎる、という厳しい意見が。
なら、今回はアイプチはなしで、日本人に多い一重、奥二重でもかわいくなる方法に挑戦。

・つけまつげ
毛虫を付けてるみたいで気持ち悪い、とこれも多い意見。
ナチュラルならいいのかな、と思いきや、そうでもないようです。

では、今回は本当にすっぴんに近いナチュ盛りメイクに挑戦しちゃいましょう!

 

1、まずは下地から



肌がそこまで荒れていなければ、BBクリームなどでOKです。
T字に塗るのがポイント。肌の色に近いクリームで自然な感じに。

 

 

2、眉毛を描きます



ペンシルタイプで眉尻から筆を払うように、描いていきます。
自分の眉毛を指で押さえたり、きりっとした眉毛が描きたければ、
眉毛の尾にワックスを塗るのもありです。

IMG_0539

 

3、描いたラインをぼかします



これも上と同様、筆を払うように。
ここで形がうまく整わなければ、2、3を繰り返しましょう。

IMG_0540

 

眉毛完成です。



 

IMG_0541

 

4、メインのアイラインを引きます



リキッドタイプのアイラインで、まつげよりもちょっと離れた場所で
目頭から一気にアイラインを引きます。
あとで修正がきくので、ぶれても大丈夫です。

 

IMG_0542

 

5、まつげの間、粘膜の部分を塗ります



アイラインを引いた部分と、まつげの間を、
ペンシルタイプのアイラインで塗りつぶします。
そのあと、粘膜の部分を塗ります。
やわらかいペンシルタイプのものだと塗りやすいです。

 

IMG_0543

 

6、目尻を描きます



画像のように、くの字に目尻を描きます。
あまり太くなりすぎないように、下はちょっと伸ばすくらいでOKです。
下のアイラインは描きません。

 

IMG_0544

 

7、マスカラを塗ります



まずは、カール力のあるマスカラで一度塗ります。
横に2,3回つけて動かしたあと、生え際に沿って上に持ち上げてください。
次に、まつげのボリュームがでるマスカラで、上からもう一度塗ります。
同じく、横と縦に動かしてください。

 

IMG_0545

 

8、アイラインの形を整えます



主に上のラインをしっかりとリキッドタイプで描き直します。
ぶれないように真っ直ぐ引いてください。目力が出ます。

 

IMG_0547

 

9、めん棒などで、細かい部分を修正します



あまりにもはみ出ていたり、描き過ぎた場合は、
クレンジングオイルをめん棒に馴染ませて
ちょこちょこと叩くようにいらない部分を修正します。

 

IMG_0546

 

10、チークを塗ります



頬骨(にこっと笑ったときにつきあがる部分)に
軽く円を描くようにチークを塗ります。
塗りすぎずに、塗っているか分かるか分からないかの程度でOKです。

 

IMG_0549

 

11、リップグロス、口紅などを塗ります



まずは真ん中を引いたらその部分から左右に、上と下も同じように引きます。
はみ出した部分は、めん棒などでふき取ります。

 

12、ピンクのアイラインを申し訳程度に引きます



引き過ぎないように注意。目じりに少し残るくらいでOKです。
塗りすぎると、けばくなってしまうので鏡を見て適量を考えましょう。

 

IMG_0552

 

13、写メでチェックをします



写真に撮ると、だいたいのメイクの出来栄えが分かります。
鏡では見えない部分も、写真だとはっきり分かるので、
ここでおかしいと思った部分を納得がいくまで何度もやり直してください。

以上で、完成です。

 

いかがでしたか?
実は、13番の写メで自撮りをして、メイクの出来栄えをチェックするのは、
非常に大きなポイントです。

ここであら捜しが出来るため、誰に見せるわけでもないですが、
色々な角度から何枚も自分のメイクを撮影して、納得がいくまでやり直すのが大切です。

今回は、カラコン、アイプチ、つけまつげという最強のアイテムを
一切使わずにナチュ盛りする方法に挑戦しました。
ぜひ、今回のメイクの方法を参考に、自分に似合った
ナチュ盛りメイクの方法を生み出してくださいね。

 

@画像出典 本人撮影

2014年12月2日

written

by riona


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop