現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月17日更新

知って得する!正月飾りの正しい飾り方

6075 views

正月飾りって、どうやって飾って、どうやって処分すればいいのでしょうか?一人暮らしなので全くわからず困っています。(大学1年生・女性)


大学生になり一人暮らしを始めた方の中には、お正月を迎える準備ってどうすればいいの?と困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は、そんなあなたのために、お正月飾りの準備から終了までをお教えします!

いつかは自分たちでお正月の準備しなければならないこと。

日本の風習ですので、知らずに恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりと覚えておきましょう!

 


出典:イベント屋

 

そもそも、どうしてお正月飾りを飾るの?



お正月というのは新しい年を迎えるにあたり、一年間、その家を守ってくれる神様「お正月さま」を迎える行事なのです。

門松は神様が宿る依代(よりしろ)とされ神様が降りてくる目印とされています。

また、しめ縄は結界の意味を持ち神域や聖域を表したものです。

玄関口は神様を迎える清浄な場所であり汚れを絶つ印として飾られてきました。

 

お正月飾りはいつ飾ればいいの?



正月飾りの飾る時期は世間一般的に12月13日~30日とされています。

しかし、気をつけなければならないのは飾るにあたり縁起が悪い日があるのです。

29日は「二重苦」とされ、大晦日の「31日」に飾ることは「一夜飾り」と言われ新年に迎える神様に対し礼に欠ける行為とされています。

ちなみに、旧暦で12月30日は大晦日にあたるため、28日までに飾り終えましょう。

 

お正月飾り、それぞれの飾り方は?



門松



最近では門松を飾る一般の家は少なくなってきましたがご紹介しますね。

門松は玄関または門の両側に飾ります。門松の設置期間は暦の上で決まっています。

1月1日は大正月とされ、1月1日~7日まで松の内「待つの内」と呼ばれ「神様を待ってます」という意味の期間です。


出典:楽天

 

しめ縄



しめ縄は神様がその家に来られた事を示す意味を込めて玄関ドアの正面に飾ります。

これも門松と同じく松の内の期間は飾っておくのが習わしです。


出典:楽天

 

鏡餅



神様への最高のお供え物とされる鏡餅は床の間や玄関などに飾ります。

床の間がない場合は家族が揃う居間に飾りましょう。

鏡餅も一種の結界の意味を持つので寝室などにも小さい鏡餅など飾るといいですね。


出典:楽天

 

破魔矢



破魔矢を買ったときはできるだけ高い所へ置きます。

昔は神棚に置いたり梁に飾ってたりしていましたが、神棚がない場合はタンスの上など目線より上に置きましょう。


出典:楽天

 

神棚



まず最初に、神棚は神様を迎える神聖な場所です。飾り付けをする前に大掃除して綺麗にしておきましょう。

神様を迎えるための飾りつけは、新しいお札、榊、お神酒、灯明、しめ飾り、鏡餅を飾ります。

※神様へ新年のご挨拶:神拝方法は二拝二拍手一拝(二度おじぎ、二つ手を打つ、もう一度おじぎ)


出典:Amazon

 

床の間



床の間がある場合はお正月らしくめでたく飾ります。まず床の間正面には「掛けもの」です。

七福神、蓬莱(ほうらい)、松竹梅など絵でも書でも新春らしいものを飾ります。

中央に鏡餅、床柱に生花、反対側に香炉などの置き物を飾ります。

最近は床の間のない家が多いので、その場合は飾り棚やサイドボードの上に飾っても良いでしょう。


出典

 

お正月飾りはいつ外すの?



地域によって正月飾りの外す日は違います。

一般的には門松としめ縄は神様が滞在していると言われる1月7日の「松の内」が過ぎたら外すとされています。

鏡餅は1月11日の「鏡開きの日」にお汁粉やお雑煮などにして食べます。

鏡開きの日にしめ縄等の飾りを外しても構いません。

 

正月飾りの処分方法は?



正月飾りの処分方法は「小正月」と呼ばれるの1月15日、神社などで「どんと焼き」と言われる行事が行われているのそこで処分してください。

お正月の大役を終えたお正月飾りは誠意を持ってきちんと清めて処分することが大切です。神事の大事な行事なのですから。

それでも「どんと焼き」などに持っていく事ができない場合は、神様に対する心遣いで、必ずお清めの塩を降ってから、ゴミ袋に入れ地域のゴミの出し方に従って処分してください。

 

参考になりましたか?

一人暮らしの方も、今年はぜひお正月飾りにチャレンジしてみてくださいね!

2014年12月17日

written

by とらじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop