現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月20日更新

片思いの彼へのアプローチで気を付けたいこと5選【LINE編】

1626 views

ある男性へ片思いしているのですが、そんな彼にlineを送るときに気をつけるべきことってありますか?(大学2年生 女性)


 

LINEで意中の彼にアプローチする女性

© blanche

 

最近はLINEを駆使して気になる人へアプローチする方も多いはず。
でも、使い方を間違えてしまうと変な誤解を生んでしまうことがあります。
それでは、今回はLINEを使ったやりとりで気をつけなければいけないことをご紹介していきます。

 

①スタンプばかり送りすぎない



LINEで便利なところって、スタンプでいろいろな感情が伝えられることだと思いますが、
多様しすぎてしまうと、その人自身のことを考えてないと思われてしまいがちです。

たとえば、「お疲れ様」という内容のスタンプを送り、
そのあとから「今日どうだった?」というような文を追加することがいいですが、

「お疲れ様!」というスタンプのみ送って、相手の生活や今日の出来ごとを聞かないと、
興味がないのかな?と思われてしまう可能性があります。
つまり、しっかり相手のことを考えて気遣いができる文面を送ることによって、
必然的に相手に対しても好印象を与えることができるのです。

 

②こまめに送らないなら既読にしない



LINEやメールなどをこまめに返すのが苦手という方もいます。
そんなとき、LINEの落とし穴は一回見てしまうと既読になってしまうこと。
相手がこまめに連絡を取りたい人ならば、
既読にしたまま自分の都合で送ってしまうと相手を待たせてしまうことになります。

よって最初からLINEをあまりみない人ならば、
「連絡遅くなっちゃうかもしれない」という内容を相手に伝えておくといいでしょう。
こまめな気配りによって、信頼感などが生まれ今後の関係がよくなります。

 

③グループに招待しすぎない



LINEを使っているひとは、グループをうまく使っていろいろなコミュニティに参加している人もいますが、
グループに入っていれば誰かがメッセージを送ればその都度メッセージがくるわけです。

すると、不必要な情報も見てしまったり、
電池が余計に消耗してしまい本当にやりとりをしたいあなたとの連絡がおざなりになってしまう可能性もあります。
適度にLINEを駆使するのがいいでしょう。

 

④重要なことをLINEで済ませない



 

短文で済ませられてしまうLINE。だからこそ、重要なことはしっかり口で伝える必要があります。
たとえば、自分のことをどう思っているのか聞きたい場合、
LINEで何も絵文字もなしに「わたしのことどう思ってる?」と聞くと、とても深刻に受け取られてしまいます。

絵文字もなければ、スタンプもないととても怖く見えてしまうこともあります。
重要なことはしっかり口で伝えるようにしましょう。

 

⑤LINEの特徴をしっかり理解して使用する



 

LINEは気軽にURLなども送ることができるので、
次のデートで行きたい場所やおすすめのご飯屋さんなどのURLや地図を貼り付けて、
LINEを利用していくことによって、相手に効率的にアプローチできます。

 

 

いかがでしたか?
ぜひ、しっかりLINEを利用して相手に誤解を与えないようにしながら、
良好な関係を築いていきましょう。

2014年12月20日

written

by さっとんびーむ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop