現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月3日更新

ストレスと脂肪にさよなら!カラオケ・ダイエット5つのポイント

338 views

最近ストレスが溜まって食べ過ぎてしまい、太ってきました…

オススメのダイエット法はありますか?(大学2年生・女性)


カラオケ

© chagin

最近のカラオケでは、1曲終わる毎に消費エネルギーが表示されるようになりました。
ただ楽しく歌っているだけでも、ダイエットになるのでしょうか。

答えは「はい」です。多くのダイエットは食事制限や運動といったストレスやイライラを生みやすいのに対し、
カラオケ・ダイエットはむしろストレス解消しながら出来てしまう優れもの。

また、1曲あたりの消費エネルギーはほんの僅かでも、工夫次第で更なる消費効果を実感することができます。
日頃のストレスと脂肪にさよならするためのカラオケ・ダイエットのポイントを5つご紹介します。

 

1、食べ物や飲み物の注文はほどほどに



カラオケに行くと、曲の本と一緒にメニュー表がテーブルに置いてあります。
何人かで行くとパーティーセットを頼んでしまったり、順番を待っている間にスナック菓子をパクパク
食べてしまったりしがちです。
歌ってエネルギーを消費するはずが、それを上回るエネルギーを摂取してしまっては意味がありません。
食べ物の注文や摂取はほどほどにしましょう。

歌うには喉を使いますから、飲み物を我慢することは良くありません。
ただ、カロリーの低いものを選ぶようにしましょう。
1曲の消費エネルギーを10キロカロリーと考えた場合、コーラやオレンジジュースは9~10曲、
中ジョッキの生ビールは20曲歌わなければなりません。
ここはやはり、0カロリーのウーロン茶を選ぶのが良いでしょう。

 

2、立ち上がって、腹式呼吸を意識する



座って歌うよりも立ち上がって歌う方が消費エネルギーは高くなります。
恥ずかしがらず猫背にならないよう背筋をピンと張って歌いましょう。

また、正しい発声方法で歌えば、その分消費エネルギーは多くなります。
女性は横隔膜を動かさない胸式呼吸の人がほとんどですが、これは喉の筋肉が硬くなり、
喉の痛みやかすれの原因に繋がりますので腹式呼吸を意識しましょう。

この腹式呼吸も立ち上がった状態の方がやりやすいので是非試して下さい。
足を少し開いて立ち、腰をしっかり安定させることで腹筋や横隔膜が動きやすくなります。
息を吐きながら声帯を響かせて発声しましょう。

 

3、バラード曲や演歌を取り入れる



バラード曲や演歌は、お腹から声を出すように歌わなければ上手く歌えません。
これらの曲の方が腹式呼吸を活用しやすいためダイエット向きなのです。
ノリの良い曲の方がエネルギーの消費量が多く感じますが実はそうではなく、
ラップ調の曲は歌った後の疲れ具合に比べると消費エネルギーはあまり高くなく、
がっかりしてしまうことがあるようです。

 

4、振り付けやオーバークションをする



更なる効果を期待するには振りも付けて歌うのが良いでしょう。場の雰囲気も盛り上がるはずです。
また、マイクを持っていない方の手を振り回したり、その場でジャンプしたりとオーバー過ぎるくらいの
アクションをするのもいいですね。

 

5、なるべく長く歌い続ける



1曲ごとに休憩を入れたり、誰かと交代したりするよりも長く歌い続ける方がエネルギー消費率は良くなります。
最近は「ヒトカラ」という言葉も生まれるほど、1人でカラオケに行く人が増えてきました。
前述している振り付きやオーバーアクションのしやすさから考えても、1人カラオケの方がダイエットには
向いているかもしれません。

 

いかがでしょうか。カラオケで10曲熱唱すると1時間ウォーキングしたのと同じエネルギーを消費できるという
データもあり、ストレスを発散しながらダイエットが出来て、おまけに歌も上手くなるという利点の多い
カラオケ・ダイエット。
是非お試し下さい。

2014年12月3日

written

by さきち


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop