現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月9日更新

彼とのお家デート♡自宅に招くなら気をつけたいちょっとした気遣い7つ

10409 views

来週、はじめて彼が家に来ます。なにか気をつけた方がいいことがあれば教えてください。(大学2年生・女性)


smiling happy couple lying on floor at home

大好きな彼とのお家デート。

楽しく過ごしていたはずなのに、次に会ったときよそよそしいなんて事ないですか?

そんな事にならないように彼を招くときに気をつけたい7つの気遣いを紹介します。

楽しい時間を過ごしてもっと彼を夢中にさせてしまいましょう!

 

1.部屋をきれいにする



何はなくてもまずは掃除。家が汚いだけで、お友達としてもごめんなさいです。

フローリングならべたべたしてないですか?

ラグなら細かいゴミが絡まっていませんか?

家のお掃除しているだけで、その子の評価は彼の中でぐっと上がります。

特に水回り(トイレ・キッチン・お風呂)は綺麗にしていましょうね。

トイレは彼は必ず使いますから、ゴミが落ちていないか、便器周りは汚れていないか、生理用品は隠れているか、掃除&片付けも忘れずに!

洗面所の鏡や、タオルのチェックも忘れてはいけません。

キッチンはお料理を作るでしょうし、飲み物を渡すはず。

水垢だらけのキッチンからでる食べ物、飲み物なんて絶対いりませんよね。

 

2. 片付けをきちんとする



キッチン

片付けとお掃除は違います。

片付けとは家の中の物の整理をする事です。

アクセサリーやなんかが、ごちゃごちゃしていませんか?

布団はきちんとされていますか?ベット周りもきちんと整理整頓しましょう。

そして、干した下着は出しっ放しにしないこと。

一気にだらしのない雰囲気になってしまいます。

忘れてはいけないのが、元カレの物!こんな物が出てきたら、一気に空気が重くなりますからね。

写真をとっておいている人は今すぐ片付けてください。

 

3. 家のにおいがほんわかいい香り



玄関を開けたら靴のにおい、部室のにおい、野菜のようなにおい、実家のようなにおいがしたら・・・心の鍵をとじたくなりますよね。

男の人はいくつになっても、女の人はふんわりいいにおいがすると思っているんです。

だからほのかな匂いがするように、彼が来る10分前にシュッと一拭きルームフレグランスを玄関にしてください。

ふんわりと、さりげない匂いがポイントです。

 

4.かわいいルームウェアをきてお出迎え



どうぞ〜〜とあけたとたん、いつもの服装だとちょっとがっかり。

かといって気合いが入っていても引いてしまう…

そうならないために、ふんわりほんわかしたルームウェアを用意してください。

いつもと違ったリラックスしたあなたをみて、彼はドキドキしているはず。

でも、気合いをいれて、男の人の服を用意したりしちゃだめですよ!

どんだけ遊んでいるんだと誤解しかされません。

しかし、彼が泊まるかもしれないときは大きめの女の子用Tシャツを用意しておきましょう。

ワンピースにして寝てるんだ〜なんて言われたら、彼はかわいくてかわいくて仕方がなくなるでしょう。

 

5.頑張りすぎない料理



彼が来るとなると、気合いを入れてしまう料理。

初めてはお互い緊張しているもの。

いくらあなたが料理上手でもその日はいつものようには出来ないかもしれません。

こんな日は煮込み料理が一番!

鍋にいれたままで出来るポトフや、ミートソーススパゲティ、お鍋、クリームシチューなんかもいいかもしれません。

あとはパンや、パスタ、ご飯を用意しておけばいいですし、たくさん食べる男子にはぴったりのメニューです。

 

6.趣味の物を撤去しておく



誰が見てもいいね!と思う物はぜひだしっぱなしにしましょう。

会話のネタにもなるかもしれませんね。

ですが、人の趣味とはわからないものです。

もし家にBL系の漫画や、芸能人関連の物、理解されにくいものなどは初めてのお家デートには向かないでしょう。

せっかくの楽しい時間、「うわぁ」なんて思われたくないですよね。

 

7.素の自分に気をつける



ここまで気をつけて、本当に楽しい時間をすごせました。

ふぅ〜と横になり、おなかをバリバリ・・・。

足を組んであぐらの体制。なんてことはないように!

他人が入るといつもよりちょっと、綺麗でいようと思うもの。

初めてのお家デートは素を出しすぎないようにしましょう。

 

初めてのお家デーとは緊張するけれど、外では体験できないデートが出来るし、二人の距離が近づくいいチャンス。

素敵女子になって彼を迎えてあげてください。

二人の絆がどんどん深くなっていくでしょう。

2015年2月9日

written

by satomix55


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop