現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月17日更新

「お家ホテル化計画」を実現させるための5つのポイント

1017 views

自分の部屋をホテルのようにコーディネートしたいので、コツを教えてください。(大学2回生・女性)


自分の家が、ホテルのようなくつろげる空間だったら素敵だと思いませんか?

ちょっとしたコツでお家がホテルのような空間に生まれ変わります。

友人を招いても、自慢できるような、「お家ホテル化計画」の、5つのポイントをまとめてみました。



画像出店:ハウススタイリング

 

①不要なものは処分し、生活感のあるものは隠す



ホテルのように、すっきりした空間作りのために大事なことは、なるべく生活感を無くすこと。

そのためには、不要なものはまず処分しましょう。

あれこれと物を置きすぎてはいけません。

物が多い人は、本当に必要なものだけを手元に残すようにします。

迷っているものがあれば、とりあえず箱などにひとまとめにしておきます。

 

②インテリアのテイストを決める



部屋がすっきりしたら、どんなイメージの部屋にしたいのかを決めます。

そして、テーマカラーを決めていきます。

ここでは、3つのテイストの部屋を例に挙げ、それぞれのテイストの部屋ごとに、どんなものを選べばいいのかをとり上げてみました。

 

1 ナチュラル系



ベージュやアイボリーなどで優しく落ち着いたイメージです。

天然木の家具、カーテンやソファなどにも、コットンや麻などの天然繊維を用いるとよいでしょう。

家具類は、どっしりとしたものよりきゃしゃなものがよいでしょう。

 

2 モダン系



デザイナーズ家具や、個性的な家具を使ったインテリアで、素材もプラスチック、ガラス、合板などを用いたものが似合います。

白、黒、グレーなど無彩色でまとめてみてもよいでしょう。

 

3 クラシック



ヨーロッパの宮殿を思わせるような古典的なスタイルです。

猫足の家具や,ドレープのあるカーテンなど装飾的な家具が特徴的です。

 

家具のテイストは統一するのが基本です。

すでに持っている家具のテイストに統一感がなければ、ベッドやソファのカバーの色や、カーテンの素材を変えるだけでも変わってきます。

 

③家具の配置を決める



ベッドの配置

ベッドは、できれば壁にぴったりと付けず、左右に空間があるとベストです。

部屋が狭い場合も、壁との間に空間を儲けたほうが、よりホテルらしさに近づきます。

ベッドサイドには、コーナーテーブルなどを設けてみるとくつろげる空間になります。

 

④照明は白熱灯



照明は、全体を照らすものではなく、間接照明が最適です。

明るすぎる蛍光灯は避け、柔らかい光の白熱灯を選びます。

ベッドサイドには、フロアスタンドなどを置くとくつろぎ感が生まれます。

足元灯などもよいでしょう。

 

⑤広く見せる工夫を



部屋を広く見せるのに大きな鏡が役立ちます。

また、高いところにものを置かず、視線が低くなるように低い位置にインテリアを配置するのも効果的です。

色は、明るい色の方が広く見えます。

メインとなる色は、2色、多くても3色くらいまでに抑えましょう。



最後にはおもてなし心を忘れずに!

これだけのことを実践すれば、ずいぶんとイメージが変わってきますよ。

仕上げに、おもてなし用としても使える少し上質なスリッパ、お風呂上がりに使うバスローブや綺麗なタオルも、かごなどにきちんとセットしてみましょう。

アロマを炊いてみるのもいいですね。

これでばっちり、お友達を迎える準備も整いましたよ!

 

2014年12月17日

written

by いんこさん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop