現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月28日更新

あなたは逆算思考?それとも積上思考?

17136 views

目標から逆算して考える、という話はよくありますが、必ずしも「逆算思考」が正解でないことも。もう一つの「積み上げ思考」との組み合わせで、物事はもっとスムーズに進むかもしれません。〈編集部より〉


さてさて、今日のお題は
あなたは逆算思考?積上げ思考?
です!

積み重ねの思考

就職活動や人生のTP(ターニングポイント)を振り返ってみて思うことをまとめて見ました。

ここでまず、言葉の定義をしようと思います。

 

具体例も書かれた記事があったので、ここから引用します↓
「あなたの仕事は「積み上げ思考」ですか? それとも「ゴールからの逆算思考」ですか?:コンサルタントが世界一やさしく教えるビジネス思考(9)」

(引用↓)

●「ゴールからの逆算思考」、「積み上げ思考」とは
ゴールからの逆算思考」とは、最初に目標(ゴール)を具体的にイメージして、そこから現在へさかのぼって(逆算して)、その目標に到達するための手段、方法、スケジュールを考えるという思考方法です。仕事の成果を高めるために大切な考え方です。

それと反対の考え方に「現在からの)積み上げ思考」というものがあります。ゴールを明確に描くことなく、進めながら実際に積み上がったもの(積み上げた実績)が最終的な成果となる

 

――という考え方です。「無計画」な「出たとこ勝負」の考え方といえます。

さて、あなたの思考は普段どちらの考えに近いですか?

 

 

逆算思考の生き方

 

 

何か目標や叶えたい夢がある時。。。
この逆算思考を使う人が多いと思います。
お仕事をされている方は特に。

①ゴール設定をして

②ゴールを達成する締め切り日をもうけて

③現在から、ゴールを達成するまで
具体的にやることを落とし込む。

大きな目標は5年10年単位で、小さなものは半年または月単位で
スケジュールに落とし込む。

よく言われるお決まりのルール。


本当にそれでなりたいものになれましたか?
手に入れたいものは手に入りましたか?


 

 

私も昔からもっぱら逆算思考型の人間でした。
いや13歳くらいから逆算思考しかできない人間になってました。

ちょうど市内の中高一貫の進学校に入学して、
周りの同級生達が人間的にも能力的にもすごい子ばかりで

何にも誇れるものがなかった自分は
とにかく周りに追いつかなきゃと思って

勉強、部活、塾、家の手伝い・・・etc
幼いなりに全部がんばろうと思った。

目標を紙に書いて、
1日のスケジュール作って
成果を確認していく。

スケジュールびっしりの
朝5時起き、夜1時寝という生活を
1年弱続けていたら
病気になった…苦笑
(今、思うとこんな中学生、気持ち悪い苦笑)

その時、思った。

あれ?逆算思考しているのにうまくいかない。
目標を達成できたとしてもなんか苦しい。。


そんな経験したことありませんか?
積上げ式の生き方

 

 

この20数年間の人生を振り返ってみて
自分の人生の大事なTPは全部
偶然の積上げ型の出来事
で出来てきたことに気づきます。

偶然出会った本、人、言葉・・・
自分の何気ないちょっとした行動
立ち寄ったお店、イベント、旅行

それが後々に自分の人生を変える大きなキッカケになったりする。
そんな出来事今までになかったですか?

この予想外の運命?的な出来事は
自分のスケジュールに最初から落とし込むことなんか出来る訳ではないし
意図的に考えてやった行動じゃないことが多いはず。

私も今の仕事の人達や大事な仲間や友人に出会ったのも
すべて「意図しない、ちょっとした行動」の積み重なりで
今の自分の周りの環境ができてきました。

どうしてこんなことが起こるのか?

 

 

「思考は現実化する」
思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき
で有名なナポレオン・ヒル



この言葉は真理だと思いますが、
思考の他にも人生を決定づける大事な要素があると感じました。

それは
「縁」」と「時代」
です。
・縁
人との縁、就職先との縁、学校との縁、パートナーとの縁

自分が行きたい就職先、大学・高校に行けなかった・・・・。
努力を一生懸命してその結果になったのなら
それはご縁がそこにはなかったということ。

好きな人に猛アプローチしても
自分の力でなんとかならないことなんてザラにあります。

それは逆算思考をした上で戦略が悪かったのでしょうか?
努力が足りなかったのでしょうか??

見えない「縁」という力の存在は結構大きい気がします。

時代

約10年前にはSNS,iPhoneはこの世になかったし

約20年前にも今のような高性能なPCなんてなかったし
今存在している仕事が数十年前にいくつあったでしょうか?

3年前、5年前の自分が、
今の自分の姿や生活をはっきりと想像できたでしょうか?

(私も120%自分は大学院に行くと思ってました。それ以外考えれなかった。
つい数ヶ月前まで。でも現実はそうならなかった。)

すごい勢いで時代が変化していて
「今」の自分のレベルや見ているもので、
本当に数年後の未来まで逆算できるでしょうか?

時代も自分も常に変化している

 

もちろん逆算思考がだめという意見ではなくて
この考え方はとても大事だと思っていて。

ただ、今の自分の考えや頭で
自分も時代も急速に変化しているこの世の中で
絶対的な未来を予測できないなぁと。

しかも、意図しない回り道が
実は宝の山につながっていることが人生には多々ある。

時代や自分の変化に合わせて
うまく人生の波を乗りこなしたいものです。

(私は不器用なので、いつも溺れていますが苦笑)

自分の努力でなんとかならないこともたくさんあって
でも、その結果や偶然の出来事に意味を持たせて楽しむ。
そうすると、悲観することも少なくなって
毎日がとても楽しくなりました。

気になった人には声をかけるし、調べたり
現場を見に行ったり
行動することも躊躇なくできるようになって
偶然の化学反応を楽しんでいます笑

 

 

結論としては
逆算思考を持ちながらも、長期的な視点では
自分のご縁が一番強そうなところに進む。
「ここで自分は何を学べという合図なんだろう?」と意味を考えてみる。
ミクロで短期的な目線では逆算思考で目標に向かって一番いい方法を選択する。

が今の自分の判断基準。

これからも色んな場所で、色んな方と、色んな機会を得て
価値を生み出せるような化学反応を楽しみにしています!

 

長文読んでいただき、ありがとうございました。

2015年2月28日

written

by yuki-kobayashi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop