現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月4日更新

もしかして歯周病?歯茎が腫れる5つの原因

1365 views

大学生になってから、あまり歯医者に行かなかったら
なんか歯茎の調子がおかしいようです...
これって大丈夫なのでしょうか?(大学3年・男性)


 

歯の定期検診、行かなくては!と思いつつ、

困った症状がおきないと、つい歯医者さんからは足が遠のきがちに・・・

そんな時、朝起きて歯茎が腫れていたりすると、

不安でいっぱいになります。

 

歯茎が腫れたら、いずれにしても歯医者さんへ行かなくてはならないのですが、

落ち着いて歯医者さんのお話を聞くためにも、

いくつか歯茎が腫れる原因を考えてみましょう。

歯茎をチェック

 

歯茎が腫れる5つの原因



 

 

歯周病



歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯茎の境目のお掃除が出来ていないと、

歯石とともに多くの細菌が停滞して、

歯茎が赤くなったり、腫れたりします。

 

歯周病が進行すると、

歯と歯茎の境目の歯周ポケットが深くなり、

歯を支える土台が溶けて歯が動くようになります。

そして、最後は歯を抜かなくてはならなくなります。

最近では、10代・20代の若年性歯周病も増えてきているので、

虫歯ではないのに歯を失う、という悲劇を防ぐためにも、

定期的に歯医者さんへ通い、

歯周ポケットの深さを測ったり、歯石の除去の処置を受けることが大切です。

 

歯の根に虫歯が及んでいる場合



虫歯が進行して神経にまで及んでしまっている場合や、

以前行った神経の治療が不完全で、歯の根の先に膿がたまってしまった場合も

歯茎が腫れます。

この場合は、一度腫れがひいても、膿が消えるわけではなく、

徐々に内部から歯の骨を溶かしてしまう恐れがあります。

そしてひどくなると抜歯をしなくてはならなくなる可能性もあります。

 

歯茎が腫れる原因が歯の根の病気にある場合、

日中だけでなく夜寝ていても歯に違和感を感じる場合があります。

なるべく早めに歯医者さんへ行って、適切な処置を受けることが大切です。

 

歯を磨く際、歯茎を傷つけて歯茎が腫れる場合



歯磨きの際、

固めの歯ブラシで力を入れてゴシゴシ磨いた方が

汚れが落ちる感じがする、

という方がいらっしゃいますが、

それは大きな間違いです。

 

それによって歯茎を傷つけて炎症を起こして、

歯茎が腫れる場合があります。

歯ブラシは、柔らかめ〜普通の固さを選んで、

出来れば二段植毛の小さめヘッドの歯ブラシを選んで下さい。

そして、歯1本ずつに歯ブラシを当てて、

痛くない程度の強さで細かく細かく歯ブラシを動かします。

つい時間短縮で、歯を何本もいっぺんに磨いてしまいがちですが、

1本1本丁寧に磨くことが大切です。

 

疲れて免疫力が低下している場合



試験前で寝不足だったり、

サークルが忙しく食生活が乱れてしまったり、

ストレスがたまっていたりすると、

免疫力が低下して、細菌に感染しやすくなり歯茎が腫れる場合があります。

 

この場合には、ゆっくり眠って体を休めて、

栄養バランスの良い食事をとるように心がけて下さい。

特にビタミンCを積極的にとり、カフェインや煙草を控えることで、

症状改善につながる場合があります。

 

歯磨きをしない場合



歯磨きは基本中の基本です。

食後に歯磨きをしているのに虫歯になる、歯茎が腫れる・・・

そんな方は、自分では磨いているつもりでも、

歯ブラシが届いていない部分があり、

きちんと磨けていない場合がほとんどです。

 

一度鏡を見ながら、一本ずつ丁寧に歯磨きをしてみて下さい。

 

 

これをご覧になって、

しばらく歯医者さんへ行っていないな〜と思ったら、

なるべく早めに歯医者さんへ行って、

歯茎が腫れる原因を根本から断ち切りましょう!

2014年12月4日

written

by ピンクダイ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop