現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月20日更新

【超上級】TOEICリスニング満点を狙う人が心得ておくべき5つのこと

402 views

TOEICのリスニングでどうしても取りこぼしが発生してしまします。

どうしたらよいでしょうか?(大学3年・男性)

 


グローバル人材が求められている現在、ますます語学学習に対するニーズは高まっています。

英語という言語だけを見てもTOEICやTOEFL、さらに英検やIELTSと多くの資格試験があります。

その中でも最も多くの人が受ける言われているTOEIC。なんと日本だけでも178万人の人が受けていると言われます。

一般のテストであればリスニングパートとリーディングパートに分かれるのですが、

TOEICで満点を取りたいと考える超上級者にとって、「一度しか聞けない。」、さらに「もう一度考え直すということ」ができないリスニングパートはとても厄介なものになってきます。

そこで今回はTOEIC受験超上級者のためにリスニングパートで満点の「495点」を目指したい人に心得ておいてほしい5つのことを紹介します!!

TOEIC

 

①リスニング力の向上



これはひょっとしたら言うまでもないことなのかもしれません。

リスニングセクションで満点を狙う人は、どのパートに限らず、問題をすべて聞き取れなければなりません。

もし「情報が断片的にしか聞き取れない」などの問題がある場合、TOEICのリスニングで満点を取る力はまだないとお考えください。

集中してじっくり聴けば内容をほぼ完全に理解できる状態までにリスニング力をつけておくことが大前提となってきます。

 

 

②マークシート早塗り鉛筆を使おう



本当にちょっとしたことなのかもしれませんが、TOEICで満点を目指そうと思っていられる方々からすれば、すこしでもケアレスミスを少なくしたいとお考えだと思います。

道具を使ってでも少しでも試験を有利に進めましょう!

Amazonなら500円以下で購入でき、おそらくこれからも皆さん資格試験を受けていくことでしょうから一つ持っていても損はないのでは?

 

 

③インストラクションを有効活用しよう



パート1とパート2が始まるまでには少し長めのインストラクションがあります。

当然、TOEICの本番の試験や模擬、さらには問題集を解いたことのある皆様なら問題形式は完全に把握しているはずですよね?

このインストラクションの時間を有効活用しましょう。

最も有効なのはパート3とパート4の質問文を先読みすることでしょう。

 

 

 

④パート3、パート4では先読みが必要不可欠



パート3やパート4では、問題文と選択肢を先に読んでおく事が大切です。何が問われているのかを理解し、その後に音声を聞くというリズムを作る事が非常に大切になります。

①問題文と選択肢を前もって読んでおく。何が問われているのかを理解しておく。
②問題の音声を聞く。
③マークシートに答えをマークする。
④次の問題を先読み。
⑤次の問題の音声を聴く。

上記のような流れを作り実践できる事がとても大切です。問題の選択肢を先に読んでおく事で、答えに直結するような情報を意識して聴く事ができます。

しかし、ふとしたきっかけで、ペース配分を間違えたり、少し迷ったり、つまずいたりしていると、先読みができないまま次の問題の音声が始まってしまう事があります。

そのような場合、問題音声を聞き取る事に全力を注ぎます。

なぜなら、先読みが出来ていなくても、問題音声を完全に理解し、覚えておく事ができるほどのリスニング力があれば、問題が解けるからです。

 

 

⑤マークシートは、最後にまとめて塗りつぶす



パート1とパート2は時間がたっぷりあるので、1問ごとにきちんと答えを塗りつぶします。

しかし、パート3とパート4は先読み時間を確保したいので、答えを完全に塗りつぶす事はしません。

要するに「正答数の確保」、「問題内容の把握」を優先するのです。

鉛筆の先で軽くマークをつけておくにとどめます。

その後、リスニングセクションが終わって、リーディングセクションが始まってから、パート3とパート4の部分だけマークするようにするのです。

リーディングセクションの時間は多少削られます。

しかし、そのデメリットよりも、先読みするメリットの方が大きいでのす。

満点を取るには全体の時間を気にするよりも答案の正確さを重視してください。

そのため、先読み時間の確保のため、パート3とパート4のマークシートは最後にまとめて塗りつぶすようにしてみてください。

それに、たかが1,2分ですもんね。

 

 

 

いかがでしたか?

この記事が少しでも皆様の助けとなれば幸いです。

もちろん、その日の体調等のどうすることもできない事情もあるかもしれませんが、本番までにやれることはすべて訓練して本番に備えましょう!

皆様のご健闘心よりお祈りしています!

 

 



 

 

 

 

2014年12月20日

written

by anomaly7782


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop