現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月16日更新

ミニバン、セダン…何が違うの?知っておきたい車の種類まとめ

2079 views



ミニバンとかセダンとかっていう車の種類の違いがわからないので教えて下さい。(大学2年生 男性)



セダン?ワゴン?SUV?たくさんあって何が違うかわからない車。


定番車種の特徴、メリット・デメリットを写真付きで紹介します。





 

セダン



 

クルマのボディの中でもっともよく見る一般的なタイプです。

エンジンルーム、乗車空間、荷物空間(トランク)が3つに分かれた、3BOXという形状をしたものをいいます。
ほとんどのセダンは4枚ドアで構成され、広い乗車スペースを確保できます。
自動車学校の教習車や一般のタクシーは大体がセダンです。

どのメーカーでも作られている形ですが、車種ではトヨタのクラウンが代表的なセダンです。



画像出典:TOYOTA

 

 ハッチバック



 

セダンの次に多いボディでは、最近ではハッチバックがよく乗られています。
乗車空間とトランクが分かれておらず、後部のドア(ハッチ)が上がるタイプをハッチバックと呼びます。
最近では横方向にハッチが開く車種もありますね。
コンパクトカーのほとんどがこのハッチバックです。

トランクが分かれていないことで、小さなボディでも荷物を収納できます。
代表的な車種は、トヨタのヴィッツ・ホンダのフィットなどです。



画像出典:HONDA

ハッチバックと同じ形でステーションワゴンという言い方をすることもあります。
ステーションワゴンと呼ばれるものはセダンからトランク部分と後部座席の仕切りをはずした形状です。
運転しやすさはセダンのまま収納が広くなるので、使いやすく安定した走りが魅力です。

代表的な車種はスバルのレヴォーグ、トヨタ カローラフィールダーなどです。



画像出典:SUBARU

 

クーペ



クーペはスポーツカーと呼ばれているタイプのものです。
フランス語で「切られた」(クペ)が由来になっており、2人乗り馬車を切った形を意味しています。

車高が低くコンパクトなデザインが特徴のクーペは、スポーティーな形状で速さを感じさせる見た目になっています。
しかし、そのデザイン性から居住空間は狭くなっており、2シーター(定員2名)のモデルも多くあります。

クーペの大多数は後部座席があり、4人乗りまたは5人乗りとなりますが、後部座席は狭い場合が多く、大人には窮屈なサイズや、補助席、手荷物置き場としてしか活用できない場合もあります。

代表的なクーペといえば、日産フェアレディZ、ホンダ CR-Zなどです。
カーアクションで有名な映画ワイルドスピードシリーズにもたくさんの日本車クーペが出ていますね。

外車のクーペでは、映画トランスフォーマーのバンブルビー(GM シボレー・カマロ)も有名です。



画像出典:NISSAN

 

ミニバン



 

ミニバンは多人数が乗れるような車、3列シートの車のことを指します。
ワゴンのように荷物の収納を広くとるのではなく、人が座る居住スペースを広くとることで、
大人数でもゆったり座ることができます。
主な車種は、ファミリーカーと呼ばれている、トヨタアルファードや、日産エルグランドなどです。



画像出典:TOYOTA

 

SUV



SUVは「スポーツ・ユーティリティー・ビークル」の略です。
日本語に訳すとスポーツ多目的車となります。
スポーツとはスポーツアクティビティー、娯楽スポーツのサーフィン・スキー・キャンプなどのことです。
従来はあくまでもオフロード車としての位置付けでしたが、最近ではオンロードでもオシャレに乗れるように作られたものが多く販売されています。

タイヤが大きくボディから地面の高さがあるので、デコボコした路面でも快適な乗り心地、荷物をたくさん乗せることができるのも特徴ですね。

4WDが主流でしたが、2WDと切替できるものもありますので、山・海だけでなく街乗りできるのも魅力です。
車高が高いので運転もしやすく、オシャレなデザインが若者に人気のある車種です。
主な車種は、トヨタ ランドクルーザー、日産 エクストレイルなどです。



 

画像出典:NISSAN

 

いかがでしょうか。

気になる車種はありましたか?
主な車種の紹介のみになりましたが、車それぞれに細かい機能・性能があります。
通勤・通学だけではなく、趣味・レジャーに合わせてぴったりの車種を選んでドライブを楽しんでくださいね。

 


2014年12月16日

written

by 15820


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop