現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月29日更新

毎日日記を書くメリット&日記を続けるコツまとめ

1637 views

日記を毎日つけたいのですがなかなか続きません。どうすれば長く続けることができるでしょうか?(大学1回生・女性)


毎日日記を書いている女性

子どもの頃、夏休みの宿題で絵日記を書いた経験がある人は多いでしょう。

絵日記ではなく、今でも日記を書いているっていう人はどれくらいいるのでしょうか?

実際にやってみると、毎日の生活の中での注意点であったり、生活を見直すためのコツであったり、どういうことを思っていたのか振り返ることができるのです。

実際に日記を書くメリットってどういうものなのでしょうか?

また中々続けることができないという場合、どうしたら続けられるのでしょうか?

コツを紹介するので、参考にしてみてくださいね。

 

メリット



忘備録になる



大事なことをメモしておくだけでも日記には意味があります。

この日にどういうことがあったのか、読み返すことができます。

人間の記憶力って結構曖昧なんですよ。

だから書いておくっていうのはとても大切。

学校であったこと、提出をしなければいけないレポートのことなども書いておくといいかも。

 

振り返ることができる



この時、どういうことがあってどういう風に思ったのか、自分の気持ちまでしっかり覚えていることってできないものですよね。

日記に書いておくことによって、その日の感情も分かるようになるんです。

 

生活の見直しができる



どういう生活をしているのか、過去の日記を読むことで分かるようになります。

生活を見直すためのヒントが隠されていることもあるので、ただ書いただけではなく年末に1度読み返してみるのもいいかも。

そこから得た反省点を次の年に活かすっていうのもありですよね。

 

続けるコツ



最初はメモ程度でも良い



絶対に長い文章を書かなければいけないというわけではありません。

その日にあったことをちょっとメモっておくだけでも日記の代わりになります。

これなら時間もかからないので書きやすいですよね。

 

気に入った日記帳を使う



お気に入りの日記

日記帳を使うのであれば、自分で気に入るようなものを選ぶことも大切。

気に入ったものであれば、使いたいって思えるものなので、これなら毎日でも書きたい気持ちになるかも、と思うお気に入りの1冊を見つけてみるのもGOOD。

 

オンラインツールを活用



ブログを書いている人

書くことが面倒だと思った場合には、オンライン用のツールを利用してみるのも良いですね。

ブログでも構わないんです。

自分で日記をつけやすいと思うものを利用して使っていくことが一番。

スマホでも日記のアプリがあったりするので、そういうものを使ってみるのもいいですよね。

書くタイプとは違って、いつでもどこでも打てるっていうメリットがあるので利用しやすいんじゃないかな、と思います。

 

 

とにかく1度はやってみるといいですね。

特に就職活動をする時期になってくると、どういう企業にエントリーをして説明会はいつなのか、面接は?と分からなくなってしまうこともあります。

その時に思ったことを次の面接の際に話のネタをして出してみることもできますよ。

スケジュールを上手に管理するためにも、日記にその日の出来事を書いてチェックをすることって実はすごく大事なんです。

 

2014年12月29日

written

by ななまるね�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop