現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月16日更新

これをやったらイタい男確定!女子が嫌がる「見え透いたモテテク」9選

3872 views

 女性から見てイタいな~と思う見え見えのモテテクってどんなのですか?(大学2年生・男性)


イタい男

絶対に関わりたくない!あなたの周りにも必ず居る「イタい男」

女子にとっては恰好のネタですが、男子は『まさか自分も?』と不安になりますよね。

サークルや合コンで使うともれなくNGの「男子の見え透いたモテテク9選」をご紹介します。

自分も同じ手を使っていないかどうか、こっそりとチェックしてみてくださいね。

 

1 やたらと【モテる自分】をアピールする男子



 

女の子はオチのない自慢話が大嫌いです。



「去年バレンタインのチョコ20個も貰ったんだよね」

「今連絡取り合ってる女の子が5人も居て困ってるんだよ」

自分を売り出したいがあまり、話の所々に自慢話を入れてくる男子はモテません。

誰も聞いていないのに、マシンガンのように飛び出す武勇伝には女子もタジタジです。

 

2 相づちを打ちすぎる男子



 

聞き上手な男の人はモテますが、聞き方を間違えると逆効果になってしまいます。



女子「友達と行ったカフェで~」

男子「うんうんうんうんうん~」

女子「すっごくおいしいスイーツがあったんだけど…」

男子「うんうんうん、どんな?」

女子「…」

ちゃんと聞いてるよ!というアピールは大切ですが、必要以上に「前のめり」で「多すぎる相づち」では、女子も話す気がなくなってしまいますよね。

相づちのタイミングと回数には十分に気を付けましょう。

 

3 初対面で『呼び捨て』 『おまえ呼び』をする男子



 

俺様な態度がモテる時代はもう終わり。いきなり馴れ馴れしすぎる男子は嫌われます!



初めて会ったのに、許可なく名前を呼び捨てにされると不快…という女子が急増中です。

特に嫌だという意見が多かったのは、付き合ってもいないのに『おまえ』と呼ばれることでした。

ここは無難に「○○ちゃん」「○○さん」と呼ぶのが無難で良さそうですね。

 

4 寝てない自慢・忙しいアピールをする男子



 

『睡眠時間を削ってまで頑張っている自分』を演出するのはNG!



例えば「昨日も忙しくて2時間しか寝てないんだよね」と言われても、女子は何と答えて良いか困ってしまいます。

勉強や仕事に生きる男性は魅力的ですが、「すごい」「お疲れ様」「頑張ってるね」と言ってもらいたい魂胆が見え見えです。

 

5 女子へのアドバイスで持論を展開する男子



 

自分を持っている男を演出するつもりが、押しつけがましい意見で空回り…



女の子からの相談は基本的に聞いてほしいだけの場合が多いです。

そのため「大変だったね」と言ってあげるくらいの余裕があるとモテるのですが、相談されたことに舞い上がってあれこれと提案したり、自分の経験を語る男子はモテません。

特に嫌がられるのは『女の子はこうあるべき』という自分本位な意見です。

包容力のある男性になりたければ、相手の意見も尊重しましょう。

 

6 データ収集しすぎるリサーチ男子



 

好きな子のことは何でも知りたい…ストーカーの一歩手前!



SNSや周りの友人を使って、好きな子の情報を事前に何でも知っている男子です。

「○○ちゃんって珈琲よりも紅茶のほうが好きだったよね?」

「この間SNSに書いていたお店、俺も行ったよ」など…

教えてもいない情報まで知っていると、女の子はとても怖く感じますのでほどほどにしましょう。

 

7 流行に敏感すぎる!トレンド男子



 

今流行っているからと言って、TVで得た知識をそのまま実践するのは危険です!



『壁ドン』など実際にいきなりするのはNGなものでも、迷うことなく行動に移す男子。

まだ皆が知らないトレンド情報を「え~?知らないの?」と、バカにしたり自慢して伝える男子はモテません。

最新の情報はあくまでも、話の種として楽しむために集めましょう。

 

8 頭ポンポン、スキンシップ男子



 

基本的に女の子は、気を許した男性にしか触ってもらいたくない生き物です。



雑誌やインターネットから得たモテテクを、そのまま使うパターンです。

『女の子は、頭を撫でられたりポンポンしてくれる男子に弱い』というのは

ハッキリ言って『ただしイケメンに限る』か『好きな人だけが効果アリ』なのです。

「子供をあやすみたいな、微妙な上から目線にイライラする!」

「せっかく作った髪型が崩れて最悪!」という女性の声が多数あります。

また、スキンシップが多い男子も嫌がられることが多いのでお気を付け下さいね。

 

9 そんなところまで?!やたらと褒める男子



 

褒め上手は喜ばれますが、褒めるポイントがズレていると逆効果になってしまいます。



「○○ちゃんって頬っぺたがプニプニしてて可愛いね」

「脚の形が綺麗で俺好みだわ」など…マニアックな部分や下心のありそうなポイントを褒めるのはタブーです。

女の子は常に観察されているような気持ちになって、警戒してしまいます。

 

10 やたらと駆け引きをしたがる男子



 

押して引いてを繰り返すテクニックはもう古い!



下手な駆け引きは、自分が気付かないうちに女子に見抜かれています。

せっかく良い関係だったのに、引いてしまってタイミングを逃す…ということも有り得ますので

面倒な男子のレッテルを貼られたくなければ、自分に正直になって直球勝負をオススメします!

 

 

いかがでしたか?

『自分を変えたい』 『モテたい!』と思うことは決して悪いことではありません。

しかし『イタい男子』になりたくなければ、マニュアルや法則にこだわらず

ありのままの等身大の自分を出すことが何よりもモテる男への近道ですよ。

 

 

2014年12月16日

written

by yuzumi07


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop