現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月28日更新

ついサボってしまう勉強を毎日続けるためのちょっとしたコツ

2457 views

 勉強しないといけないとはわかってるんですが、毎日続けることができません(大学1年生・男性)


ついサボってしまう勉強


Nationaal Archief




やらなきゃいけないとわかっていても難しいですよね



毎日何かを続けるというの大変です。特に勉強はどうすればいいかわからないという人も多いでしょう。そこで毎日続けるためのコツを紹介します。




その1.勉強するための時間を設ける。



やはり一番てっとりばやい方法は、日々の生活の中できっちり勉強するための時間を設ける事です。そのためには~をした後にや~をする前に勉強するという時間的な制約を作ったり。何時間勉強しないと布団に入らないなどの制約を自分自身に課すことです。自分で設けた制約をきっちりと守っていくことで、最終的に自立的に自分から勉強に取り組めるようになります。




その2.決まりをつくる。



また制約とは少し違いますが決まりを作るということで、毎日どのくらいの勉強をするかを定数化するというのも効果的です。毎日3ページずつ問題集をこなしていくや、毎日10個の英単語を覚えるなどの明確な数字を作ることで、どれくらいやればいいか毎日はっきり行うことが出来るからです。


習慣的な制約を作ったら、長期的な計画を作ることも有効です。勉強するということは何か目標に向かって努力しているわけですから、例えば目標となるテストなどから逆算していつまでに何をすればいいかを明確にして、一つ一つの小さな目標をクリアできるようにするのです。しかしあまり最初からがちがちに決めてしまうと、目標を達成するためなのかスケジュールを消化するためなのかわからなくなってしまうので、予定にある程度幅を持たせることで遅れた分を後で挽回できるように調整しておくことも大切です。




その3.勉強に集中できる環境をつくる。



毎日しっかり勉強するためには、集中できる環境を作ることも大切です。例えば同じ部屋に漫画がたくさんあったり、いつでもテレビを見られる環境にあるとどうしてもサボってしまう原因となってしまいます。その部屋に入ったら勉強するしかなかったり、いつも同じ場所で勉強するようにすることで、その場になった時点で集中できるようにするのです。


勉強する時間だけでなく他の生活する時間も重要なポイントです。勉強ができる人やスポーツが出来る人には共通することがあります。それは毎日ほぼ同じようなリズムで生活することです。毎日同じ時間に起きて同じ時間にご飯を食べて、練習や勉強する時間寝る時間も毎日同じリズムにすることで、自然とその時間になると勉強する習慣がつくのです。毎日同じリズムで生活しているので体調の変化や調子に敏感になるので、その日どのくらい勉強できるのかなんかを把握することが出来ます。




その4.しっかり休みもとる。



計画を立てる話をした時もお話ししましたが、計画に余裕を持たせるのと同様にしっかりと休息時間を持たせることも大切です。毎日毎日休みなく勉強してしまうと疲れてしまって、短期間でいやになってしまいます。週に一回くらい勉強のことを考えずに自分が好きな事や趣味に没頭してリフレッシュすることで、次の日からの勉強へまた意欲を持って取り組むことが出来ます。短期間で終わってしまっては意味がないので長期的にできるように、体力的にも余裕をもって取り組めるようにしましょう。





さいごに!



総括として毎日続けるためのコツは長期的なビジョンを持つことです。目の前の不安や気分だけでなく、明確な目標の元に長期的な計画を立てて余裕を持って取り組むことで勉強を習慣化させることが出来るのです。

2015年2月28日

written

by masa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop