現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月16日更新

【インテリア】誰でも簡単に部屋をお洒落にできる6つのテクニック

3345 views

人を部屋に呼びたいのですが、オシャレにするにはどうしたらよいですか?(大学1年生 男性)


お洒落な部屋に憧れるけどどうやったら良いのかわからない。
友達を部屋に呼びたいけど部屋がダサくて呼べない。そんな悩みはありませんか?

ここでは、どんな部屋でもお洒落に変身させる6つのテクニックを紹介します。
もちろん、特別な技術や材料も要らない簡単テクニックばかり。

ぜひ参考にしてください。

 

「○○スタイル」はもう古い!?部屋のテイストは決めずに



部屋をお洒落にしたいと考えるとき最初に思い浮かべるのは部屋のテイスト。

ナチュラル、モダン、カントリー、北欧…。確かにスタイルが統一された部屋はそれだけでお洒落に見えます。

でも、家具からファブリック、雑貨にいたるまですべてのアイテムのテイストを統一するのはお金も手間もかかって大変。

しかも気分や好みは意外とすぐ変わるものです。

それであれば、あえてテイストをそろえず好きなものだけを置いてみるのはいかがでしょう?

結果現れるのは、住人の個性にあふれた部屋。
テイストをそろえた“どこかにあるものと同じ部屋”よりも、だれにも真似できないその人だけの部屋のほうがだんぜんお洒落です。

椅子のテイストが違ってもこんなにお洒落。画像出典:BELLE MAISON

魅せる収納は立派なインテリア。スペース不足も解消



いくら個性溢れた部屋だといっても、散らかっていては台無し。
きちんと生理整頓されていてこそのお洒落な部屋です。

でも、一人暮らしの部屋では収納スペースにも限りが。
そこで、アイテムをしまわずに飾りながら管理する「魅せる収納」で生理整頓しましょう。

ポイントは、アクセサリーはアクセサリー、雑誌は雑誌というふうに同じ種類のもの同士でまとめることと、ゴチャゴチャ並べるのではなく大きさなどで整理して置くこと。
コレクション感が出て、それだけでお洒落なインテリアになります。

見せる収納ケースも。画像出典:BELLE MAISON

写真はまとめて飾ってアートな雰囲気に



もう1つ、まとめて見せることで部屋がぐんとお洒落な雰囲気になるアイテムがあります。

写真です。

友達や恋人との写真、ペットの写真や旅先での写真。お気に入りのものを部屋に飾っている人も多いのでは?

写真は1枚をフォトフレームに入れて飾るのも素敵ですが、集合させて飾るといきなりアートな雰囲気になります。
大きなフレームにたくさんの写真を並べたり、複数枚の写真で丸やハートなどの違う形を作るように壁に貼ったり。

そんなにスペースが無いという場合は、2,3枚の写真をそれぞれ別のフレームに入れて同じスペースに置くだけでも雰囲気が変わります。

画像出典:IKEA

照明の使い方で部屋は見違える!間接照明を使おう



これまでは今あるアイテムを使って部屋をお洒落に見せるポイントを紹介しましたが、次に新たにアイテムを加える方法を紹介します。

まず1つ目は、お洒落な部屋の王道アイテム「間接照明」です。

間接照明とは、壁や天井に光を当てその反射光を利用する照明のこと。
間接照明を使うことで部屋に陰影ができお洒落な雰囲気になります。

また、奥行きが生まれることで実際よりも部屋が広く感じる効果も。
ただし、間接照明しかなく暗いだけの部屋にならないよう注意が必要です。

画像出典:TERRASSEO

観葉植物は部屋を開放的な雰囲気に変える優秀アイテム



次に紹介するアイテムは、こちらもお洒落な部屋の鉄板アイテム「観葉植物」です。

部屋に戸外を感じさせるものを置くと部屋が開放的な雰囲気なりますが、観葉植物は気軽に取り入れやすいアイテムの1つ。

また、先ほどの間接照明と組み合わせて飾るとさらに部屋のお洒落度があがります。

日陰でも育ちやすく種類も豊富なポトスや、ほとんど水が入らないサボテンはお手入れもしやすくおすすめ。

また、葉っぱの形が独特でインテリア性が高いモンステラも人気です。

画像出典:無印良品

使い方自由自在の布。おすすめはランナー使い



最期に紹介するのは布。布は、目立たせなくないものに被せて目隠しに使ったり、タペストリーのように壁に飾ったりと様々な使い方ができますが、
部屋をお洒落に見せるおすすめの使い方が、ランナー使いです。

よく、ホテルの客室でベッドの上の足元に帯の様な、一枚の長い布が掛けてあるのを見たことはありませんか?

これが「ベッドランナー(スロー、ライナー)」といい、ベッドのアクセントになるものです。

同様に、テーブルの中央やソファに掛けてあるのを目にしたこともあると思います。
これだけで、ただのベッドやテーブルが一気にお洒落な雰囲気になり、部屋のアクセントにもなります。

季節や気分によって布を変えてみても楽しいでしょう。

画像出典:ニトリ

 

いかがでしょうか。

広くて格好の良い部屋や、高級なインテリアがある部屋だけがお洒落な部屋ではありません。
アイデア次第で部屋はどんな雰囲気にも変身できるのです。ポイントは住む人の個性。
今回紹介したテクニックも、やる人によってさまざまなアレンジが可能です。
ぜひ楽しみながら自分流のお洒落な部屋を作ってください。

2014年12月16日

written

by k3


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop