現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月8日更新

意外と知られていない食物繊維の6つのダイエット効果

1631 views

よく「食物繊維を摂れ」と言われますが、食物繊維ってダイエットにどんな効果があるんですか?(大学2年生・男性)


食物繊維のダイエット効果
©markusspiske

食物繊維が体に良くて、ダイエットに嬉しい効果があるということはみなさんご存じだと思いますが、
その効果について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。食物繊維の働きを知り、ダイエットに役立てていきましょう!

 

はじめに:不溶性食物繊維と水溶性食物繊維



食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」という2つの種類があります。
食物繊維がもたらすダイエット効果を知るためには、まずはこの2種類について知っておきましょう。

 

不溶性食物繊維とは



不溶性食物繊維とは、主にきのこ類や大豆やおからなどの豆類に含まれており、水に溶けない性質を持つ食物繊維のことをいいます。代表的な効果は、腸内環境の改善や免疫力の低下を防ぐ働きがあります。

 

水溶性食物繊維とは



水溶性食物繊維とは、ごぼうやオクラ、プルーンなどに多く含まれており、水に溶ける性質を有する食物繊維のことを指します。消化吸収されることがないため、血糖値の急激な上昇を防いだり、コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。

 

効果1.食べ過ぎを予防できる



 

不溶性食物繊維が多く含まれている食材は、「水に溶けず、水を含んで大きく膨張する」ということが特徴です。また、食物繊維の多くは野菜に含まれており、よく噛まないと食べられないものが多くあります。「噛むことが増え、胃の中で膨張する」ということが、食事量を無理なく抑えてくれて食べ過ぎを予防できます。

 

効果2.お通じがよくなる



お通じが良くなる
©mojzagrebinfo

ごぼうや海草類に含まれている水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌のエサになります。そのため、善玉菌を増やして良い腸内環境を作ってくれる効果があります。便の水分量を適度に保って、出しやすい軟らかい便にしてくれます。

また、不溶性食物繊維は溶けずに膨らむので、便のかさを増してくれます。よって、大腸が刺激されてぜん動運動を活発にしてくれるのです。

 

効果3.血糖値の上昇を防ぐ



血糖値の上昇を防ぐ

血糖値が急に上昇すると、体が上がり過ぎた血糖値を下げるために多くの「インスリン」が分泌されてしまい、中性脂肪をたくさん作ってしまいます。食物繊維には、消化・吸収といった糖質の分解を緩やかにするので、血糖値の急上昇を抑えることができます。

 

効果4.中性脂肪やコレステロールが改善できる



水溶性食物繊維は、血糖値だけでなく脂肪の吸収も抑えてくれます。不溶性食物繊維は、便と一緒にコレステロールや発がん物質などの有害物質も排出してくれます。そのため、コレステロールや中性脂肪の改善が期待できるのです。

 

効果5.免疫力を高める



免疫力を高めることによって、脂質や糖質などの代謝が低下することを防ぎます。一見、ダイエットとは関係がないかのように感じますが、ダイエットを始めると風邪をひいてしまうことがよくあるかと思います。風邪をひいていたらダイエットどころじゃありませんよね。

 

6.食べ過ぎても太ることがない



食べ過ぎても太らない
©kechn

食物繊維には、カロリーがほとんどありません。そのため、多少食べ過ぎたとしても太るということはないのです。空腹から来るダイエットストレスを抑えることもできます。ダイエットをしているけど、少しの食事では物足りないという人には嬉しいですよね。

 

 

いかがでしたか。

食物繊維にはこんなにもダイエットに良い効果をもたらしてくれるのです。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂取して、健康的にダイエットをしていきましょう。

2015年7月8日

written

by ほなたろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop