現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月3日更新

印象も体調も悪くなる「猫背」の直し方、まとめ

354 views

猫背で悩んでいます…治す方法ってありますか?(大学3年生・女性)


猫背

あなたは「猫背」ではありませんか。猫背は残念ながら自分では気が付きません。たまたま、鏡に映っている自分の姿を見てビックリ!「猫背」に気付いてしまうこともあるかも知れません。一般的には、周囲の方に指摘されて気がつくケースが多いのではないでしょうか。

周囲の方に指摘されたなら、すぐに猫背直しを始めましょう!「猫背」は直せます。ほおって置くと腰痛、肩コリの原因になり、内臓の病気を引き起こすきっかけにもなってしまいます。

ここでは、手軽に取り組める猫背の直し方をご紹介します。

 

手を後ろで組み肩甲骨を寄せる



肩甲骨を寄せる

簡単ですので、気づいたらいつでもやってみましょう。先ず立ち姿勢から両足を揃えて立ちます。両手を後ろで組みます。息を吸いながら手を後ろで組み、息を吐きながら組んだ両手を後方へと引きます。これを、5回程繰り返します。1時間毎に行うと良いでしょう。

慣れてきたら両腕の肘を後ろで組みましょう。更に慣れてきたら背中で両手の平を合わせて合掌しましょう。全て同様に1時間毎、1セット5回息を吐きながら引き寄せて行います。

 

心の病を軽くする



心の病を軽くする
©GU / 古天熱

「猫背」になるにはいくつかの原因があります。その中でも心の病を抱える方は自然と背中が重く感じ、猫背になる傾向があるようです。そこで、心の病を軽くしましょう。心の病は、どうしたら軽くなるのでしょうか。

1、第3者に心の悩みを相談する、もしくは聞いてもらう
2、悩み事を紙に書き出す
3、スポーツクラブに入会し、汗を流し気分転換する

等々上げられます。心の病は、以外にも重いものです。なるべく早めに治癒する対策を図りましょう。

 

体幹を鍛える



体幹を鍛える

体幹が弱いと猫背にもなり、姿勢が悪くなります。良い姿勢とは骨盤の上にしっかりと筋力で支えられた内臓が配置され、背骨が一つ一つ湾曲を描きながら正しく配置されている状態です。体幹が弱いと腰痛、肩コリの原因にもなります。体幹を鍛えるには、主に普段使用していない、背筋、腹筋、を中心に鍛える必要があります。

例えば、

1、バレエの基礎編を行う
2、スポーツジムにて、トレーナーにプログラムを作っていただき独自の筋トレを行う
3、ヨガを行い逆立ちができるレベルまで鍛錬する

等々上げられます。いずれにしても体幹を鍛える為に、毎日数十分は続ける事が必須です。

 

1日最低3回、逆立ちになる



1日3回逆立ち
©Magdalena Roeseler

逆立ちを簡単に行う方もいらっしゃいますが、体幹を鍛えていないと中々できません。猫背だと筋力のバランスが悪いので中々できません。そこで、1日3回最初は壁を使用しても構いませんので逆立ちにトライしてみましょう。最初は出来なくても、毎日練習を繰り返し、逆立ちができるようになった頃には姿勢も良くなっています。

 

 

以上、参考になりましたでしょうか?

猫背は日常生活のちょっとした工夫で改善が可能です。少しの生活の変化と少しの努力も必要ですね。姿勢が良くなり脱猫背のあなた!新たな自信が蘇って来る日が待ち遠しいですね。

2015年2月3日

written

by kokoro551


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop