現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月12日更新

1080円なのにクオリティの高いおすすめイヤホン

8280 views

コスパのいいイヤホンを教えてください。できれば1000円前後で。(大学1回生・男性)


今の時代、スマホやタブレットが普及して音楽や動画をいつでもどこでも見られるようになりました。自宅にいて個人で聞く分にはあまり必要ないですが、外で視聴するにはイヤホンが必須になります。

基本的にイヤホンは2~3000円はするもので、10000円近くかそれ以上となると高音質で、ノイズキャンセリングなど機能性も充実した、聞き応えのあるイヤホンになります。

しかし普段は暇な時間にサクッと音楽や動画を視聴するだけなので、あまりイヤホンにお金を費やしたくはないですよね。

そこで、ここでは1080円以下で買えて、かつ使い勝手のいいイヤホンを紹介します。

 

ステレオインサイドホン 密閉型 ブラック RP-HJE150-K



※画像をクリックしてこのイヤホンを購入※

ステレオインサイドホン 密閉型 ブラック RP-HJE150-K画像出典:Amazon

まず紹介するのは、Panasonicのイヤホンです。

1000円以下のイヤホンといえばこのイヤホンが一番人気です。

1000円以下というお手軽さの割には耳のフィット感がよく、また気密性が高く、音漏れもあまり気になりません。

使用者の感想は、「値段の割に使い勝手が良いと思う」「この値段でこの音質なら文句なし!」などの声が聞かれます。

 

インナーイヤーヘッドホン クレイジーカラー ATH-CKL202 CZ



※画像をクリックしてこのイヤホンを購入※

インナーイヤーヘッドホン クレイジーカラー ATH-CKL202 CZ画像出典:Amazon

次に紹介するのはaudio-technicaのイヤホンです。

安くてコンパクトなだけでなく、まるごと一色に塗りつぶした透明感のあるイヤホンで、好きな色で耳元をカジュアルに演出することができます。

また、高性能ドライバーを搭載し、クリアな音を再生することができます。

使用者の感想は、「デザインがカラフルで、使ってみるとスッキリ音質」、「値段の割に、期待以上の音質です。」など。

デザインを気に入る人が多いです。

 

カナル型イヤホン ブラック HA-FX12-B



※画像をクリックしてこのイヤホンを購入※

カナル型イヤホン ブラック HA-FX12-B画像出典:Amazon

3つ目はJVCのイヤホンです。

左右のボディデザインが異なり、左側は凸形状、右側は凹形状なので、触るだけでどっちの耳につければいいのかが分かります。

8色カラーから選べるクリアなカラーボディで、お手持ちのデジタルオーディオプレーヤーなどとのコーディネートが楽しめます。

高磁力ネオジウムドライバーユニットの採用で、デジタルサウンドを高音質で再生できます。

使用者の感想は、「コストパフォーマンスに優れた良いイヤホン」、「左右のデザインの違いがスムーズに装着できるので使いやすい」など、使い勝手の良さが挙げられます。

 

イヤホン ブラック SE-CE11-K



※画像をクリックしてこのイヤホンを購入※

イヤホン ブラック SE-CE11-K画像出典:Amazon

4つ目はPioneerのイヤホンです。

今まで紹介したのは密閉型のイヤホンでしたが、これは開放型のイヤホンで、密閉型が苦手な人にも使いやすいイヤホンです。

ネオジムマグネットの採用で、迫力の重低音再生が可能です。

コードも断線しにくい柔軟性に優れたコードの採用で、持ち運びにもあまり気を使う必要がありません。

使用者の感想は、「コードが扱いやすく、耐久性もありそう」、「1000円ポッキリなのが信じられない」など、コストパフォーマンスは問題ないです。

 

カナル型イヤホン ブラック SHE3590BK



※画像をクリックしてこのイヤホンを購入※

フィリップス カナル型イヤホン ブラック SHE3590BK画像出典:Amazon

最後に紹介するのはフィリップスのイヤホンです。

小型のインイヤー設計で、長時間付けていても快適に聴くことができます。

使用者の感想は、「とてもナチュラルな音を鳴らしてくれる!」、「音が跳ねてよく響く」など、価格の割には音質が良いようです。

 

 まとめ



以上、1080円以下で買えるイヤホンを5つ紹介しました。

沢山あるイヤホンの中からもおすすめのイヤホン5つに絞りましたが、5つでもまだ悩んでしまいますね。

それぞれ特徴はありますので、実際に店頭へ行って見比べてみるのもいいでしょう。

2014年12月12日

written

by hfall


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop