現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月24日更新

口下手男子必見!初デートでも絶対盛り上がれる話題6つ

3045 views

あまり話すのが得意ではないのですがデートで盛り上がれるような話題ってありませんか?(大学2年生・男性)


女性との初デートというのはどうしても緊張するものですね。

変な間ができてきまづくなってしまうこともあるかと思います・・・。

そのような状態に陥らないためにも必要なことは話題作りです!

これを実践すると良い!ということを6つ紹介いたします!!

失言した男性

1.女性が好きな恋バナ!



女性との初デートが鉄板で盛り上がる話題。

それは恋愛話です。

女性にとって、恋、それに伴う結婚というものが女性にとってのメインイベントであるからだろうと思いますが、多くの女性は恋愛話になると、イキイキとしゃべり続ける生き物です。

「好きなタイプは?」「前付き合っていた彼氏はどんな人だった?」「どんなところへデートへ行きたい?」こんな風に恋愛話に持ちこんで欲しいです。

そうすれば、女性との初デートの会話を盛り上げることができるはずです。

もし、あなたがまだ若いのであれば「俺、恋愛経験ないんだ」と素直に言ってしまった方がいいです。

そうして、ないという前提で、たとえば、理想的な付き合い方などについて語ったりすればいいでしょう。

この対処法を用いて、ぜひ初デートで女性と恋愛話をしてみて欲しいです。

あなたが現在思っている軽く3倍以上女性は恋愛話が好きです。

 

2.質問をすること!



初デートではお互いの情報はあまりない状態なので、話題は沢山あるはずです。

趣味の話、好きな食べ物、夢など質問してあげれば喜んで話してくれるはずです。

初デートなのであまりプライベート過ぎる質問は避けましょう。

会話は質問をどんどんして答えに相槌をうてばいいものではありません。

質問の答えを広げてあげたり、そこから派生して会話を繋げていきましょう。

恋愛話も盛り上がるネタですが、昔の恋人との事を根堀葉掘り聞くのも止めましょう。

 

3.情報収集!!



インターネット・テレビ・雑誌・同僚、友人の話などから情報を収集しましょう。

会話はなんといっても情報量が肝です。

この多寡によってこちらから話題を出せますし、相手からの話題も広げる事が出来ます。

色んな媒体から常に情報収集はしておきましょう。

女性なら旅行・ファッション・エンターテイメントなどの流行が盛り上がりやすいネタです。

女性のトレンドをチェックしたり、女友達と会話して女性受けする情報も収集しておきましょう。

 

4.失敗談・体験談で好感度、親近感UP



自分の失敗談や体験談を話すのもお互いを知る一つのネタです。

自分の体験してないことならば興味を持って聞いてくれるはずです。

失敗談などは面白ければ相手は好感を持ってくれるでしょう。

仕事の話でも専門職やその仕事していないと体験できないような話があるでしょうから、盛り上がるネタになります。

初デートの前に一度今まで体験したことを整理して、シミュレーションしておきましょう。
 

5.周りの人達もネタに!ただし相手がゴシップ嫌いならNG



いかにも怪しげなおじさんや、別れ話中だったり浮気を責められていたりするカップルなどが同じ店内にいたら、ふと二人の会話が途切れた時なんかを見計らって、おもしろおかしく話を振ってみましょう。

ゴシップが嫌いな男性には受けが悪いかもしれませんが、少なくとも会話が途切れて気まずい空気が流れるという失態だけは防げます。

いかにも怪しげなおじさんや、別れ話中だったり浮気を責められていたりするカップルなどが同じ店内にいたら、ふと二人の会話が途切れた時なんかを見計らって、おもしろおかしく話を振ってみましょう。

ゴシップが嫌いな男性には受けが悪いかもしれませんが、少なくとも会話が途切れて気まずい空気が流れるという失態だけは防げます。
 

6.相手の性格の裏を突く作戦



やっと映画の好みは割と近いことがわかると、一気にトークが弾み出しました。

そこへ、店員さんが注文を取りにきたので、お互いのお酒を頼むと同時に、店員さんに「あ、紹介します。

こちら、僕が一方的に惚れてるリサちゃんです」と、普段、僕がよく使う店員さんを絡めたトークを投入(彼女にはウケた様子)。

さらに終盤、ダメ押しとばかり、「見た目と反対のことを言う、人格当て」を試すべく、どちらかというと芯のしっかりしてそうな彼女に、「リサってさー、意外に弱いとこあるでしょ?」と振ってみると、驚いた様子で、ほぼ狙い通りの反応が返ってきました。この作戦、なにげにいいかも。

 

是非とも、いいデートを!

 

2015年2月24日

written

by やーみん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop