現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月15日更新

失恋後の辛い・苦しい時間をやりすごす5つのアイデア

1358 views

大好きだった彼にフられてしまいました…
これからどうすれば良いのかわかりません。(大学2年生・女性)


 

sad asian woman

 

幸せな毎日だと思っていたのに、恋人に突然別れを告げられたあなた。
ただただ悲しくて、何も手につかなかったり、絶望的な気分になっていることでしょう。
今回は、失恋の辛い・苦しい時間をやり過ごす5つの方法をご紹介します。

 

①泣く



別れた当初は、彼の顔を思い出しては泣き、楽しかった日々を思い出しては泣き、
彼に貰った物を見ては泣き、何を見ても考えても涙ばかりでしょう。

失恋は誰にとっても辛く悲しい出来事です。
我慢をしてはいけません。
とにかく気のすむまで泣いてください。

泣くという行為は、ストレス解消・リラックス効果が高いと言われています。
泣くことで、感情のデトックス効果が期待できます。

泣くのを我慢すると新たなストレスが溜まってしまいます。
ストレスを溜め込むのは健康にも美容にも良くありません。
そうならないためにも、自分の感情に素直に従い、泣きたいときは泣けば良いのです。

 

 

 

②友達に話す



悲しいからといって、いつまでも一人で泣いてばかりでは立ち直ることはできません。
仲の良い友達に話を聞いてもらいましょう。
失恋の悲しみや辛さを誰かに共感してもらうことで、孤独感から救われます。

誰かに話をすることで感情を整理し、冷静になれる場合もあります。

「どうして別れちゃったの?」と根掘り葉堀り聞きたがる人や、
「○○だからうまくいかなかったのよ!」などと説教・アドバイスしたがる人とは、
最初はあまり話さない方が良いかもしれません。

あくまで、あなたの感情に寄り添ってくれる、あなたの話をうんうんと聞いてくれる人が良いでしょう。

そのような人が周囲にいなければ、プロのカウンセラーやセラピストに頼るのも良いかもしれません。

 

 

 

 ③思い出の品は捨てる



思い出の品を捨てるのは簡単なことではありませんね。
とくに失恋直後には、そんな気持ちにはなかなかなれないかもしれません。
ですが、そこを無理やりにでも捨ててしまうべきなのです。

失恋から立ち直ることを邪魔しているのは「過去の記憶」です。
別れた彼との思い出を蘇らせる物や写真は、失恋から立ち直るための障害にしかなりません。

ありがたいことに、人間には「忘れる」という能力があります。
過去の記憶は、時間が経てば、色あせていくものです。
思い出の品を見ることが出来なくなれば、過去の出来事を思い出そうとしても、
なかなか思い出せなくなります。

忘れることで、失恋から立ち直っていくことができるようになるのです。

捨てるのが早ければ早いほど失恋の傷は癒やされているのも早くなります。

それでもどうしても捨てられないようなら、信用できる友人に預けるなど、
簡単には手の届かないところに保管してください。

 

 

 

 ④出かける



失恋したばかりの頃は、なかなか出かける気分にはならないかもしれません。
美しい景色を見たり、美味しいものを食べたり、コンサートに行くのも良いでしょう。
気のおけない友人たちとカラオケで盛り上がるのも良いかもしれません。

とにかく最初は、失恋の事実を無理に忘れようとするのではなく、楽しい時間を増やして行くことで、
徐々に辛さが和らぐことを目標にしましょう。

 

 

 

⑤新しいこと始める



失恋は自分を変えるチャンスです。
今より素敵になって、別れた彼を見返してやる!私を振ったことを後悔させてやる!
くらいの気持ちになれればしめたものです。

今まで興味はあったけど出来なかったことに、思い切ってチャレンジしてみましょう。

今まで全く興味なかったことに挑戦してみるのも良いことです。
思いもしなかった価値観や新たな気づきがあるかもしれません。

そして何より、新たな環境に身を置くことで、素敵な人との出会いもあるかもしれませんよ。

 

 

いかがでしたでしょうか。
失恋は辛く悲しいことですが、これをチャンスに自分を磨き、新たな出会いに備えましょう。

 

 

2014年12月15日

written

by 莉緒


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop