現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月6日更新

効果絶大!たった1分だけの仮眠の取り方とは

324 views

仮眠が1分だけでも効果があるって本当ですか?(大学2年生・女性)


寝ている女性
しっかり寝ているつもりでも学校の講義中についウトウトなんてことありませんか?

また、仮眠をとるつもりでいたら気づけば、数時間本気で寝ていたってこともあると思います。

そうなると貴重な「時間」を無駄にした気持ちになりますよね。

仮眠は1分だけでも効果はあるそうです。

効果的な仮眠を取って、体も脳もすっきりしたいですね。

ここでは、効果的に1分間で取る仮眠の方法を紹介したいと思います。

まずはじめに、仮眠とはどういうものなのでしょうか?

睡眠のメカニズムとして挙げられるのは、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠です。

人が眠りにつくと、ノンレム睡眠があらわれて、次にレム睡眠へと移行していきます。

違う性質の2種類の睡眠により眠りが成り立っており、これらが一定のリズムで繰り返されています。

仮眠はほとんどが、ノンレム睡眠です。脳が眠っている状態とされています。

仮眠をとるだけで脳の休息につながります。

では、脳の休息をとるための仮眠のコツとは、どういうものなのでしょう‥

 

1:椅子に腰掛ける



仮眠というと横になりがちですが、それでは脳が熟睡モードになり、本当の睡眠になってしまいます。

椅子に深く腰掛けて、ゆっくり目を閉じます。

目を閉じることにより外からの情報を遮断します。

机などに突っ伏してもよいと思います。

遮断することで脳が休むことができます。

脳がクールダウンして本来の力が蘇るようです。

 

2:眠くなる前に取る



どういうタイミングで行うと効果があるのか。

何度も睡魔が襲うようになってからでは遅いです。

眠くなるかもと感じたら実行する。

眠気がきたら積極的に仮眠をとるのが良いようです。

眠気を我慢しながら仮眠した場合は目覚めたとき、頭がボーッとして睡眠が続いているような感じがする現象

「睡眠慣性」が働きはじめます。

「睡眠慣性」の働きはとても強力なもので、誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか…

これに打ち勝とうとするには相当な強い意思が必要です。

寝ている女性

一回だけじゃ、スッキリしないという人もいるかもしれません。

そいう人は、何回やってみてもいいと思います。

 

3:仮眠をとる時間



眠くなる時間帯といえば、午後の2~4時の間が多いのではないでしょうか…

人間の眠くなるピークの時間らしいです。

社会人で夜勤がある人の眠くなる時間帯は、逆の午前2~4時といわれていますので、この2時間がポイントではないでしょうか。

大学生であれば、午後2~4時が眠くなる時間帯になると思います。

その時間帯といえば、午後の講義の最中だと思いますが、一番眠気と戦う頃ですよね。

でも仮眠はその眠気と戦う前にしなくてはなりません…

したがって、お昼ご飯を食べたあとに、仮眠するのが1番良いのではないでしょうか…

友達と過ごす楽しい時間でもありますが、午後からのパフォーマンスをあげる意味でも

お昼ご飯を食べた後に、1分間だけ目を閉じ、静かに脳を休ませる、これだけです。

簡単ですよね。

これだったら、講義が始まる前にできますし、講義中にウトウトなんてこともなくなりますよね。

もちろん、講義前と限らず場所も選びません。

トイレやベンチなど座るところがあればすぐにできます。

眠気に邪魔されないためにも

ぜひ、この「1分間仮眠」を毎日の生活の中に取り入れて、有意義な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

2015年2月6日

written

by asapon


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop