現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月4日更新

海外旅行先の危険度をチェック。外務省の「海外安全ホームページ」の使い方

665 views

海外旅行にはじめて行きますが、少し治安などが不安です。

そういったことは、どうやって調べたらいいでしょうか?(大学2年生・女性)


 

「海外安全ホームページ」とは、外務省が各国の治安状況などをまとめているサイトです。

普段はあまり気にしませんが、実は各地の渡航情報を得る手段としては、とても便利なものです。

ここでは、外務省の「海外安全ホームページ」の使い方を紹介したいと思います。

 

海外安全ホームページとは?



何かと不安な海外旅行。そんなとき、信頼できるのがこの「海外安全ホームページ」です。

各国の渡航情報、危険情報などの留意事項が国ごとにまとめられています。

外務省 海外安全ホームページ URL:http://www.anzen.mofa.go.jp/

 

1、渡航先の国、地域の情報を確認しよう



トップページにある世界地図から情報を得たい国の地域を選択すると、その国の情報をみることができます。

国によって以下のカテゴリー

「危険情報」「スポット情報」「安全対策基礎データ」「テロ・誘拐情勢」「医療情報」

に分かれています。



 

(1)危険情報



「危険情報」は、渡航・滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国・地域に発出される情報で、

その国の治安情勢やその他の危険要因を総合的に判断し、それぞれの国・地域に応じた安全対策の目安をお知らせするものです。

危険情報では「十分注意」「渡航の是非を検討」「渡航の延期をお勧めします」「退避を勧告します」と4つのカテゴリーを色分けして表示しています。

また、どうしてその国が危険なのかという詳しい情報も載っています。



しかし、これらの危険情報はあくまで目安ですので、旅行を制限するような強制力はありません。

また、危険情報が出ていない国も、必ずしも安全とは限りません。最終的には自分の判断ということですね。

 

(2)スポット情報



「スポット情報」とは、特定の国や地域において日本人の安全に関わる重要な事案が生じた際、あるいは生じる可能性がある場合に速報的に出される情報です。

テロや紛争のように、生命に深刻な影響を及ぼすものから、強盗や詐欺事件などの財産的な被害を受けるものまで、さまざまです。



旅行時の安全対策やトラブル回避をするために、是非目を通しておいたほうが良い情報ばかりです。

 

(3)安全対策基礎データ



「安全対策基礎データ」は、各国への旅行に当たって、その国の防犯やトラブル回避の観点から知っておきたい基礎的な情報を取りまとめたものです。

「危険情報」が出ていない国でも日常的な犯罪は多く発生しています。

旅行時にはさまざまなトラブルがつきものです。海外に行って思わぬトラブルにあったという旅行者が後を絶ちません。

「安全対策基礎データ」には、渡航・滞在先の犯罪発生状況、出入国手続、滞在時の留意事項、その他風俗、習慣、病気など安全に関する必要な情報が詳細に記されています。



「危険情報」が出ていない国・地域でも決して安心せずに、この「安全対策基礎データ」を見て安全に過ごせるための準備をしておきましょう。

 

(4)テロ概要



安全確保の参考としていただくため、その国のテロに関する概要を知らせるものです。



 

(5)医療情報



現地の気候や環境、医療情報や医療水準などの情報が掲載されています。

また、かかりやすい病気や怪我の症状や対処法なども載っています。



 

2、広域情報をつかむ



海外渡航をする際には、国際テロや伝染病に代表されるように、特定の国・地域に限定されず、世界的あるいは広い範囲で注意が必要な場合も多くあります。

最近ではエボラウイルスなどがそのひとつとしてあげられます。



海外安全ホームページには、複数の国を含む広い範囲で注意が必要な情報を「広域情報」として掲載しています。

 

3、海外安全お役立ち情報を利用する



外国にある日本大使館や領事館での利用の方法や旅先でのトラブルなどにあった時の対処法を、イラストを交えながらわかりやすく紹介しています。

海外における安全対策の一環として目を通しておくと良いでしょう。

 

まとめ



渡航前には、渡航先(国・地域)別の情報とともに、「広域情報」のチェックも忘れずにしておくことをおすすめします。

最近は海外での犯罪数も増えてきており、このサイトに目を通しておくだけでも、心構えが違ってくると思います。

しかし、外務省という最も重い責任を背負って書いているサイトであるので、その書き方も最悪の状態を想定して書かれているため、少し怖くなってしまうかもしれません。

このホームページをみて、必要以上に怖くなり、旅行を楽しめなくなってしまってはもったいないです。

最終的には自己責任です。

この「海外安全ホームページ」は、安全な旅を行うための一つの材料です。

うまく活用していきましょう。

(2014年12月7日現在)

2015年2月4日

written

by ebi_0120


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop