現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月16日更新

キレイな爪に!知っておくべき正しい爪の切り方

4394 views

おしゃれな人って爪のお手入れまでこだわっているイメージがあります。どのように爪を切っているのでしょうか。(大学2年生・女性)


綺麗な爪

爪は一年中自分の目にも、人の目にも触れるものです。

指先の手入れがちゃんとしていない女性は、印象もあまりよくないですよね?

ここでは、正しい爪の切り方をご紹介いたします。

本当におしゃれな人は、指先まで気を抜かずに綺麗にしているものです。

バイトなどの都合でマニキュアを塗れない人も、爪を整えるだけで印象は大きく変わります。

今まであまり気にしていなかった人も、これを機会に正しい爪切りの仕方を身に着けて、指先美人になりましょう。

 

正しい爪の切り方で指先美人になりましょう!



 

1.正しい爪を切るタイミング



正しい爪切りのタイミングは、お風呂上りなどの爪が柔らかくなっている時です。

爪切りは、とても爪に負担をかけるものですから、しっかり爪の状態を確認しましょう。
爪が柔らかい時なら、負担もさほどかかりません。

爪切りはお風呂上りにする習慣をつけましょう。

 

2.荒目の爪やすりを使用しましょう



爪切りを使って爪を切る人がとても多いですよね。

しかし、爪切りは爪に目に見えない細かいキズをつけてしまい、それが二枚づめの原因や爪が割れる原因になってしまうのです。

荒目のやすりで削って爪の長さを調節しましょう。
また、爪の表面を削る時は削り過ぎに注意してください。

 

3.爪の長さは、指の肉が見えないくらい



爪を切る時、長さを指の肉が見えるくらいに切ってしまう人がいますが、これは深爪です。
指と爪の先端が同じ長さになるように長さを調節をするのがポイントです。

短すぎる爪も長すぎる爪もどちらも衛生上や、見栄え的によくありません。
正しい長さに爪を切りましょう。

 

4.爪の断面にネイルベースなどを塗りましょう



爪を切った後は爪の断面に、ネイルベースやネイルオイルなどを塗りましょう。
爪を切ったばかりの断面は乾燥しやすく、キズもつきやすい状態です。

二枚爪などを防ぎ、爪を保護するためにも、爪の先端に塗りましょう。
爪切りはアフターケアも大切なのです。

 

5.爪は、マルではなくスクエアにしましょう



爪を削る時、爪の形は指に合わせて丸くするのではなく、スクエアにしましょう。

爪と指の隙間には、雑菌などが詰まりやすく不衛生になりがちです。
衛生面を考えて爪の形はスクエアをおすすめいたします。

 

正しい爪のおしゃれ



つめのおしゃれと言えば、ネイルやネイルアートですが毎日しているのはよくありません。

爪は皮膚と同じで呼吸しているのです。

ネイルをすることでその呼吸を塞いでしまっているので、出来れば週末はネイルをしないで過ごす習慣をつけましょう。

また、それが出来ない場合は、2週間に一日以上ネイルをしない日をつくりましょう。

そして、爪の甘皮も出来ればとらないようにしましょう。爪の根元は栄養が詰まっている部分です。
あまりいじらない方がいいのです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

爪にはさまざまな注意事項があるのです。

これらを正しく理解し、爪に良くないことはあまりしないようにしてください。

自分の爪の健康を守ることは、おしゃれ以上に大切なことなのです。

爪の健康を損なわないように気を付けましょう。

 

2014年12月16日

written

by saori


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop