現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月5日更新

東京で紅葉が美しいスポット10選

0 views

紅葉を見に行きたいなと思います。東京できれいなスポットを教えてください。(大学3年生・女性)


秋になるといろいろな言葉が出てきますね。食欲の秋、読書の秋・・・。

そして、秋になると楽しみといえばもう一つ。

紅葉ですね!東京の紅葉のおすすめスポットを10紹介いたします!

 

 六義園





画像出典

駒込駅からほど近い六義園(りくぎえん)は、回遊式築山泉水の江戸期を代表する大名庭園。

300年の歴史ある日本庭園で、季節の移ろいを感じながら贅沢な時間を過ごすことができます。

11月下旬の見頃になると、イロハカエデ約450本のほかモミジやイチョウなど約600本が庭園を鮮やかに彩り、山や池が配された園内のいたる所で紅葉が楽しめる。

特に園の北西、水香江あたりの紅葉が見事だ。昼の紅葉も素晴らしいが、夜にライトアップされた庭園はなんとも幻想的です!日のあるうちに園内を散策し、ライトアップも楽しもう。

 

高尾山





画像出典

高尾山は都心から電車で約1時間と好位置にある自然の宝庫で標高は599m。

1967(昭和42)年に明治の森高尾国定公園に指定された山内には、約1200種の植物、約100種の野鳥、約5000種の昆虫が生息しています。

中でも秋のモミジは格別で、燃えるように鮮やかなモミジが山頂から谷いっぱいに広がり、1ヶ月にわたって多くの登山者の目を楽しませています。

麓の清滝駅から標高472mの高尾山駅までケーブルカーで結ばれた沿線にはオオモミジやイロハモミジなどが群生し、最盛期には赤や黄色のトンネルができます。

 

小石川後楽園





画像出典

国の特別名勝・特別史跡に指定されている、都心のオアシスともいえる庭園。

もとは水戸徳川家の江戸上屋敷内に造られたもので、日本や中国の自然を表現した回遊式泉水庭園になっています。

秋にはイロハモミジやハゼ、ケヤキ、イチョウなどが紅葉し、通天橋や紅葉林などの紅葉が趣深く、特に、京都・嵐山を再現した大堰川付近は多くの木々が色付く絶景ポイントです。

 

御岳山





画像出典

近郊から多くのハイカーが訪れる標高929mの御岳山は、古くから山岳信仰の対象となっているパワースポットとしても知られています。

ケーブルカーで山頂近くまで登れ、気軽に秋のパノラマを満喫できるところが嬉しいものです。

苔むした巨岩や奇岩の間を七代の滝から綾広の滝まで沢沿いに歩くロックガーデンハイキングコースは、紅葉狩りにもオススメです。

山頂の武蔵御嶽神社への参道、長尾平の展望台なども見所ですね。

 

明治神宮外苑





画像出典

約300m続くいちょう並木が有名な明治神宮外苑は、都内を代表する紅葉スポットです。

通りの両側に146本ものイチョウが立ち並ぶ”黄金ロード”です。

青山通り口から樹高の高い順に植えられたイチョウは遠近感が強調され、奥に立つ聖徳記念絵画館との景観美が見事。青山通りから眺めると、まるで絵画のような美しい風景が広がります!!

 

向島百花園





画像出典

江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に仙台出身の骨董商・佐原鞠塢によって開設された植物庭園です。

四季を通じて花が咲くようになっており、当時の一流文化人たちの手で造られた庶民的な庭として、小石川後楽園や六義園などの大名庭園とは異なった美しさをもっています。

秋には園内のモミジやイチョウが綺麗に色づき、池の水面に映り込む景色は大変趣がある。1978(昭和53)年に国の名勝及び史跡の指定を受けています。

 

代々木公園





画像出典

園内に点在する広葉樹はケヤキ1000本、イチョウ200本、モミジ100本など約6種。

1300本もの木々が順番に色付いて紅葉散策ができる、都内でも定番の紅葉スポットです。

総面積約54万平方メートルに及ぶ都心の大公園は広場や噴水もあり、ベンチも豊富なので腰を下ろしてのんびりと1日中紅葉鑑賞が楽しめます。

原宿門の右側前方に広がるイチョウ並木は例年11月下旬~12月上旬が見ごろで、噴水池西側の真っ赤なモミジとのコントラストが絶景で、落葉のじゅうたんを踏みしめながらの散策で秋を実感してみるのもオススメです!

 

御岳渓谷





画像出典

多摩川上流の御岳渓谷はJR青梅線の御嶽駅からすぐの位置にあり、そびえる巨岩を縫うように白波を立てる清流を望み、その美しさは渓谷美として「日本の名水100選」にも選ばれているます。

両岸のモミジやイチョウなどが色づく風光明媚な景観を楽しみながら気軽に紅葉狩りができる人気スポット!!

遊歩道も整備され、沢井駅近くの楓橋から玉堂美術館前を通り、上流のせせらぎの里美術館までの約4kmを結んでいます。

黄金色に輝く玉堂美術館前の大イチョウは色味、葉の密度、ともに実に素晴らしい!!

樹齢70年、樹高30mの雄大な姿が幻想の世界になるライトアップも見どころです。

殿ヶ谷戸庭園





画像出典

国分寺崖線の段丘の崖にできた谷を巧みに利用した回遊式林泉庭園。崖の上の明るい芝生地から竹林、崖下の湧水池、樹林で雰囲気が一変する造園手法が見どころの一つです。

190本ほど植えられたイロハモミジが11月下旬から12月初めに見頃となり、紅葉亭から見下ろす紅葉と池の眺めは絶景です。

武蔵野の自然を楽しむことができる美しい庭園で季節の山野草に親しみ、秋の趣を感じてみましょう。

 

国営昭和記念公園





画像出典

東京ドーム約40個分の広大な公園では、11月中旬に見頃を迎えるイチョウが特に人気です。

立川口からすぐの「カナール」の両脇には左右に2列ずつ106本のイチョウが200mにわたって植えられています。

アーケード状に整えられ、黄葉になるとカナールに黄金のさざなみが立ったように見えます。

また、「うんどう広場」にも道の左右に98本のイチョウが300mにわたって続き、園内にはモミジも多く、日本庭園では紅葉を見ながら一服のお茶も楽しめます。

 

以上、10スポットです!是非、美しいものを見て心を癒してください!

 

2015年2月5日

written

by やーみん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop