現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月14日更新

仕事命の人に危険信号!「日曜神経症」とは?

3773 views

社会人の彼氏が最近休みの日でもぴりぴりしていて心配です。なにかの病気でしょうか?(大学3年生・女性)


日曜神経症

皆さんは「日曜神経症」という言葉を耳にしたことがありますか?

「日曜神経症」は「休日神経症」とも言われます。

簡潔に伝えると、仕事がない休みの日なのに、仕事が気になってしまいそして落ち着きがなくなりイライラしてしまう状態のことです。

この不安やイライラなどがストレスになり、リラックス出来ず食欲をなくしたり、眠れなくなる不眠を起こした入りしてしまい体調を崩しやすくなってしまいます。

症状がひどくなると、休日であるにもかかわらず会社に出勤してしまう方もいるそうです。

この「日曜神経症」は普段から趣味はなく仕事しかない、真面目で曲がったことが嫌い、白黒ハッキリつけるなど
真面目すぎる人がなりやすい意外と辛い神経症の一つです。

うつになりやすい人も「日曜神経症」になりやすいと言えるかもしれません。

まだ学生の方も他人事ではありませんから、今から知っておくとよいと思います。

 

「日曜神経症」になってしまうと休日が楽しめない



休日も仕事のことが心配な男性

普段から仕事に熱心でいつも仕事のことを考えてしまうとても真面目な人が突然仕事のことをスッパリ忘れ休日を楽しむには、仕事のことを忘れられる趣味や娯楽などが必要になってきます。

ですが忙しすぎる毎日を送っていたり、仕事しか生きがいがないと感じてしまうと趣味を見つけることが難しくなるので、結果休日も仕事のことを考え、休むことに不安を感じ充実しないまま終わるという悪循環になるのです。

この悪循環の繰り返しで、どんどん休日に落ち着きがなくなり心身共に不調になってきます。

ときにこの不安を紛らわせるためにアルコールを一日中摂取してしまう人もいるそうです。

「日曜神経症」になる人はプライベートが充実していない仕事熱心な人だけでなく、こんな方も要注意です。

趣味もなく出かけることも好きではない、特にプライベートでやりたいことがないなど、仕事以外に自分の生活で行動することに興味が持てない、持てなくなった人です。

現代は競争が激しく日々忙しく過ごしている人が多いので色々なことに関心が持てない人は現代において少なくありません。

趣味は仕事と公言してしまう人もいるほどです。

このような人は仕事をしている時は自分の存在意義を感じられますが、いざ拘束がなくなり、自由な時間を貰っても充実できる「やりたいこと」がないので休日がきてしまった日には、自分の生活はなんて空っぽなのかと思ってしまったり、ポカッと心が空いてしまったように感じてしまい精神的に落ち込んでしまいます。

最終的に仕事しかないと考え、休日だから精神不安定になり暇を嫌い落ち着きがなくなってしまうのです。

あなたには、大好きな趣味や娯楽がありますか?

今もし見つかっていないのであれば、とりあえず外に出ることから始めてみましょう。

 

「日曜神経症」にならないためには、眠りの質に気をつける



睡眠をしっかりとる男性

自分は「日曜神経症」になりやすいタイプかもしれないと思ったら・・・

それでは「日曜神経症」にならないためにはどうしたらよいのか。

まず仕事が終わって、明日は休日だと知っていても

プライベートの予定がなければあなたはどうしますか?

現代人が仕事から帰宅するのは、少なくとも外が暗くなってからだと考えると夜更かしをしてしまうことは当たり前のように感じますが、眠りにつく時間が遅いほど、余分に食べ物を口にしてしまいがちですし、自律神経が乱れ、精神が不安定になりやすくなります。

そして、眠りにつくのが遅かったため体内時計が乱れ、お昼過ぎ、もしくは夕方まで眠ってしまったなどということになってしまえばその後に人が何を思うか容易に想像できますね。

「眠っただけで休日の半分が終わってしまった」となり自分を責めてしまうということが起きてきます。

休日を充実させ「日曜神経症」にならないための第一歩は眠りの質に気をつけることはとても重要で、できれば何の予定はなくとも早寝早起きを心がけ過ごすことを意識しましょう。

 

「日曜神経症」になりやすいタイプだと思ったら「仕事は半分」がちょうどよい



いくら仕事ができてもいくら業績を上げても精神が安定していなかったり、身体を壊してしまったりと心身ともに不健康であったら何の意味もありません。

そして「日曜神経症」になってしまえばせっかくの休日に恋人とのデート、家族とでかけるという約束があっても仕事のことが気になり落ち着かず、その空気が相手にも伝わり関係が悪くなる。

そんなことになってしまえば余計に自分を責めてしまうことになり悪循環です。

趣味をとても大切にしている方が言っていた言葉があります。

「仕事半分、趣味一生懸命」です。

仕事のためだけに人は生きているわけではありません。

もし自分が「日曜神経症」になりやすいタイプだと感じたらどうしても一つのことに集中してしまいがちであったりするので「仕事半分」と思いリラックスして過ごしていくのがよいでしょう。

 

 

参考になりましたでしょうか?

言葉で簡単に「日曜神経症」と言っても本人は自覚がないことが多いものです。

そして本人が自覚しても、周りの人間にはとても理解されにくい症状であると思います。

自分がなりやすいタイプだと感じたらそのままにせずすぐに改善できる環境を整えるようにしましょう。

ただ今忙しいだけだから、今趣味がないだけだからと放っておくとうつ病など他の症状も出てきてしまう可能性がありますので、ぜひ自分のことは自分が一番気にかけ人生の一日一日を大切にしていって下さい。

 

2015年7月14日

written

by ちはるた


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop