現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月12日更新

いつか行きたい!日本全国の本当に美しいダイビングスポットまとめ

297 views

 ダイビングにいくならどこがおすすめでしょうか?(大学4回生・男性)


カラフルな珊瑚や魚たち、貴重な海洋生物、地形などに出会えるスキューバ・ダイビング。

水中に広がる世界は、一度体験すると誰もが魅了されてしまうほど、神秘的で幻想的です。

ダイバーたちが憧れる、日本全国の本当に美しいダイビングスポットをご紹介します。

 

【北海道】支笏湖





画像出典:http://tabit.jp/archives/533

日本一の水質と、日本でも有数の透明度を誇る、支笏湖。

国内では珍しい淡水ダイビングができ、海中とはまた違う別世界を満喫できます。

ヒメマスやバイカモといった生物や植物を見られるのも、淡水ならでは。

不凍湖ですが、冬は部分的に凍った氷の下で、アイスダイビング体験なんていかがでしょう?

(アクセス:車やバスで、札幌から約1時間、または新千歳空港から約40分)

 

【北海道】積丹町美国





画像出典:http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000211.aspx

積丹ブルーと呼ばれる、透明度抜群の海が広がる積丹町美国。

広大な北海道を囲む海で唯一、海中公園に指定されているエリアです。

奇岩や柱状節理など変化に富む海底地形は、ダイナミックで見所満載。

夏と冬の水温差が大きいため、季節によりバラエティ豊かな海洋生物や植生も楽しめます。

冬は運が良ければ、トドやゴマフアザラシなどの海獣と、大迫力のダイビングを満喫できます!

(アクセス:札幌から車やバスで約2時間)

 

【東京都】小笠原諸島





画像出典:http://www.supoint.jp/content/327

ボニンブルーと呼ばれる深く濃い海の色が、目にも鮮やかな小笠原諸島。

世界自然遺産に登録されている、日本最後の秘境です。

鳥、虫、貝類の他、もちろん海中にも独自の生態系を有し、東洋のガラパゴスの別名も納得です。

季節により、イルカ、クジラ、ウミガメ、マンタなど、大物の海洋生物に巡り合うチャンスも!

(アクセス:東京港竹芝桟橋からフェリーで約25時間半。週1便、オンシーズンは週2便)

 

【沖縄県】恩納村真栄田岬





画像出典:http://www.arkdive.com/diving/discover/discover03/index.html

沖縄の豊富なダイビングスポットの中でも人気の高い、恩納村真栄田岬。

岩場や約30mのドロップオフなどもあり、多彩な海底地形を楽しむことが出来ます。

特に、神秘的な「青の洞窟」は、必見ならぬ必潜!

ツバメウオの群れにエサをあげて、間近に触れ合えるツアーなどもありますよ。

船で5~10分程度移動するだけで、各ポイントに到達できるアクセスの良さも魅力です。

(アクセス:那覇空港から車やバスで約1時間)

 

【沖縄県】石垣島川平湾





画像出典:TripAdvisor

日本百景や、ミシュラン3つ星の一つにも輝いた、絶景の川平湾。

特に川平石垣マンタスクランブルは、名前のとおりマンタに会える、ワクワクのポイントです。

しかも、世界でも有数の遭遇率を誇り、夏から秋にかけてのシーズンは、なんとほぼ100%!

年間平均でも80%以上と言うから、驚異的です。

浅めの水深で、初心者から楽しむことが出来、カメラ派ダイバーにもおすすめです。

(アクセス:石垣空港から車やバスで約30分)

 

【沖縄県】宮古島





画像出典:宮古島ねっと

珊瑚礁が隆起して出来た宮古島は、アーチやホール、ケーブなど海底地形も複雑でダイナミック。

魔王の宮殿やアントニオ・ガウディといった、独特のネーミングが光ります。

特に人気なのは、一年に一度だけ姿を現すと言う幻の巨大珊瑚礁群、八重干瀬(やびじ)です。

枝珊瑚やテーブル珊瑚の森は、カラフルな魚達にとって、絶好の棲みか。

まるで竜宮城のような光景に、感動すること間違いなしです。

(アクセス:羽田から空路直行便で約3時間。または那覇から約45分)

 

 

いかがでしょうか?

いずれも、わざわざ足を運ぶ価値ありの美しさ。

世界の有名どころにも劣らないダイビングスポットが、日本にあるのは嬉しいですね。

 

2014年12月12日

written

by 雪月風花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop