現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月19日更新

必見!1万円以下で出来るマリンスポーツ7選!

329 views

海に行ってマリンスポーツを楽しみたいと思っているのですが、どんなものがあるのか、値段はどれくらいなのかわかりません。一万円くらいで楽しめるマリンスポーツを教えてください。(大学2年生・男性)


 

 

アウトドア、インドア、様々なスポーツがありますが、開放的な海で体を動かすのは、また格別なものです。

とは言え、どんなに魅力的でも、あまりに費用がかかると、ためらってしまいますよね。

そこで、1万円以下で気軽に体験出来る、マリンスポーツをご紹介します。

 

 

フライボード





画像出典:http://marinelimit.com/018.html

 

水上バイクから噴出する水圧を利用して、空中浮遊を楽しめるフライボード。

2012年生まれの新しいマリンスポーツとして、注目度急上昇中です。

初心者でも、コツさえ掴んでしまえば、簡単に飛べるようになるのが嬉しいポイント。

上達後は、バランス感覚を駆使して、バック宙など披露してみてはいかがでしょう。

 

 

シュノーケリング





画像出典:http://www.umino-npo.com/tour_okinawa/kerama.html

 

シュノーケル、ゴーグル、フィンさえあれば楽しめる手軽さが嬉しいですよね。

スポットによっては、カラフルな魚や珊瑚も見られ、ウミガメなんて大物に出会えることも。

スキューバダイビングのように深く長くは潜れませんが、綺麗な海中の世界を充分堪能できます。

 

 

パラセーリング





画像出典:http://dom.jtb.co.jp/yado/PhotoList.aspx?st=8710008&rsv=1

 

モーターボートに引かれ、パラシュートで海上&空中遊覧を楽しめるパラセーリング。

スポーツと言っても座っているだけだから、運動が苦手な方にもおすすめです。

水平線を眼下に風を切り、まるで海鳥になったような気分を満喫できます。

リーズナブルなのに、広い空と海を独り占めできる贅沢体験を、ぜひどうぞ。

 

 

ウィンドサーフィン(ボードセーリング)





画像出典:http://www.tears-windsurfing.com/

 

ボードに取り付けたセイル(帆)に風を受け、波の上を滑るマリンスポーツ。

上級者は時速80km近くで滑走することから、海のF1とも呼ばれています。

必要なのは、風の力と、自分のテクニック。

スピード感と爽快感を体験すれば、病みつきになること間違いなしです。

 

 

シーウォーカー(シーウォーク)





画像出典:http://www.rado.co.jp/oka/optour/sesoko/op007/

 

カラフルな魚達との触れ合いも楽しい、海底散歩はいかがでしょう。

シーウォーカーは、酸素が送られる特殊なヘルメットを被って海中に潜る、ダイビングの一種。

重いボンベを背負わずに済み、海中でひっくり返る心配もありません。

メガネやコンタクト、メイクをしたままでOK、顔が濡れないから、水が苦手な方にもおすすめです。

 

 

クリアカヤック





画像出典:http://www.clearkayak.jp/gallery.html

ダブルパドルを使い小舟を漕ぐシーカヤックの一種で、透明なグラスボートが特徴。

底がクリアだから、ボートに乗ったまま漕ぎながら、海中を覗きこむことができるスグレ物です。

水中の魚や岩、珊瑚などを真下に見下ろす、他では味わえない体験が出来ますよ。

 

 

ウォーターボール





画像出典:http://www.kankomie.or.jp/event/detail_37632.html

注目度、人気共に急上昇中、新感覚ウォーターアクティビティ!

バブルサッカーのように透明な風船の中に入ることで、なんと水の上を歩けてしまうのです。

服を着たままでも大丈夫、愛犬と一緒に入ることもできます。

プールや湖などでも体験できますが、やはり最も開放的な海がおすすめ。

 

 

いかがでしょうか?

1万円以下で体験し、ハマったら道具やウェアにお金をかける、というのもありです。

まずは気軽に楽しめるマリンスポーツで、海を満喫して下さいね!

 

2014年12月19日

written

by 雪月風花


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop