現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月20日更新

彼氏とすっぱり別れたい!禁句ワード7選

1869 views

今の彼と別れようと思います。スッキリさせたいのですが、禁句とかってありますか?(大学2年生・女性)


別れの禁句

・はじめに



ちょっとしたすれ違いが原因で、徐々に冷めていくのが恋というもの。

最初はあんなに好きで、尽くしてあげたい!と思っていた彼。

 

しかし、突然うっとおしく感じるようになったのなら、深く引きずらない内に別れを切り出したいですよね?

別れ話の果てにTwitterやLINEで悪口を拡散されたら、堪ったものじゃありません。

今回は、男性の気持ちを逆なでせずに、すっぱりと別れる為の「NGワード」を7つ紹介します。

 

1.「もう顔も見たくない!」



大ケンカした際に、ヤケになって言いそうなのが「顔もみたくない!」などの捨てセリフ。

友達や、家族とのケンカでもつい勢いで発してしまいますが…。

誤るまで嫌な気持ちが続きます。

 

お別れの際は、お互いに納得した上で円満にいきたい。

しかしこれでは、発した自分もショックを受けるでしょう。

彼の行動にいくらイライラしても、冷静に対応して下さいね。

 

2.「想像していたイメージと違った…。」



なんとなく雰囲気で付き合ってみたものの、

イマイチ2人で話が弾まなかった…。なんてことありませんか?

 

別に嫌いでもないけど、自分にもっとふさわしい相手がいるのでは?

と思った時の別れの挨拶は、曖昧に済ませてしまいがちです。

しかし男性からしてみれば、突然理不尽な理由で別れを告げられても納得できるわけがありません。

 

3.「あなた、男らしさがないのね。」



レストランで注文する時などに迷い過ぎて、決断力のない男性がいますよね?

「女性が望む男らしさ」というのは体力面ではなく、責任を背負って大切な人を守ってくれるかどうか…なのに、全く理解してくれない。

あなたの後ろをついてばかり…な彼に対して「男らしくない!」なんて言ってはいけませんよ。

 

女性は女性らしく、大人しく家事を行う…という考えが嫌われるように、男性も男らしくあれ!といった考えを嫌がります。

ジェンダーフリーの世の中なのですから、性別でのコンプレックスを指摘するのはNGなんです。

 

親しき仲にも、礼儀有り。

別れるとしても、人間関係の最低限のマナーをわきまえましょう。

 

4.「私のこと、もっと大切にして欲しかった。」



女性って欲張りなもの。

いくら彼に好きって言われても、もっともっと言って欲しいんですよね!

 

付き合っている中で様々な欲求が出てくるかと思いますが、彼を追い詰めるワガママを残して別れるのは止めましょう。

彼としては、精一杯あなたを楽しませている気分でいたのですから、「ありがとう。」の気持ちを伝えるべきです。

 

5.「まだ好きなんだけど…別れようか。」



彼をストーカーに仕立て上げてしまうのが、「私はまだ好き。」と匂わせる一言。

悪い人として終わりにしたくない気持ちは分かりますが、これでは彼の気持ちはあなたから離れられず、新しい恋に進めません。

スッキリと別れたい場合は、あなた自身の気持ちに整理をつけて、彼への未練は一切捨てる覚悟で伝えましょう。

 

6.「付き合ってみたけど、つまんない男ね。」



一緒にいても楽しくない!とはっきり伝えてしまうのも、男性にとっては残酷です。

男性としての心理としては、あなたを楽しませようと必死だったハズです。

「つまんない男」なんて男性のプライドを傷つけるような発言をしてしまうと、あなた自身の人格も問われかねません。

 

7.「別れても友達でいてくれるよね?」



最もありがちなのが、別れても友達でいたい!といった考えですよね。

 

確かに、ギクシャクした関係になるよりも、付き合う前に戻りたい気持ちは皆共通です。

しかし、別れを切り出す側からしてはリスタートの意味の発言だったとしても、

受け取る側は「まだ俺のことが好きなんだな…。」というように、脈アリと受け取ってしまう危険性が伴っています。

本当に別れたいのであれば、思いを伝えた後はLINEやメールでの連絡を一切絶つことが重要。

 

いつまでもやりとりをしていると、ズルズルと関係が長引いてしまいます。

彼氏への都合の良い女と見られないように、注意しましょう!

 

・彼氏とすっぱり別れたい禁句ワード総括



彼氏とスッパリ別れる為には、相手を傷付けずにしっかりと別れを告げなければいけないことを分かって頂けましたか?

別れを告げるのは、精神的にも負担が大きく、つい逃げ出したくなります。

しかし、自分の気持ちを伝えないまま連絡を絶ち、自然消滅するのを待ったり、直接対面せずにメールで一方的に伝えるような行動は止めましょう。

 

スッキリとお別れすることで、互いに次のステップへと進めます。

勇気を出して臨みましょう!

 

2014年12月20日

written

by らいおん。


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop