現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月28日更新

今すぐ恋したくなる♡ジブリ映画の名場面&名セリフ集

2582 views

キュンとするような、恋がしたくなるジブリ映画のセリフを教えてください。(大学3年生・女性)


いまや、アニメは日本の立派な文化ですよね。

中でもジブリ映画は、長きに渡って幅広い層から愛され続けています。

厳しい環境で生きる強さを描いた物、恋のトキメキを素直に描いた物、ジブリ映画には色々なカラーの作品があります。

どれも全く違う世界の物語。けれど共通して、何かを、誰かを「愛する」という普遍的なテーマが垣間見えませんか?

今回は、名作揃いのジブリ映画から、『恋がしたくなる』名場面と名セリフを集めました。

カップル

 

「生きろ。そなたは美しい」



人間たちと神々の対立を描いた、『もののけ姫』。

大怪我をして意識朦朧のアシタカが、サンに言った名セリフです。

アシタカもサンも、同じように不条理な宿命を背負って生きていますね。

美しい、というのはサンの生き方のこと。だからこその「生きろ」なのでしょう。

この後から、アシタカに対するサンの態度が変わって来ます。

恋をするなという方が無理な話なのです。

 

「今すぐって訳にはいかないけど、俺と結婚してくれないか」



ジブリ映画で恋愛モノといえば、『耳をすませば』は外せません。

中学生ながらに、バイオリン職人になるという夢を追いかけている聖司くんですが、雫のことも追いかけています。

好きで好きで仕方がない、想いはもう止まりません。

澄んだ冬の朝日の中でのプロポーズを、素直に「うん」って受け止める雫がとても可愛いです。

 

「雫、大好きだ!」



『耳をすませば』は、本当にピュアな名セリフが多くて困ります。

初めのうちはお互い憎まれ口を叩いてばかりだったのに、恋の力ってスゴイ。

丘の上でギュッと抱き締めて「大好きだ!」……

こんな男子中学生を、残念ながら筆者は見たことありません。

 

「飛ばねぇ豚はただの豚だ」



『紅の豚』の主人公、飛行艇乗りのポルコが放った名セリフです。

飛行機に乗らなくなったら自分はただの豚だ、そうなるつもりはない、という強い意志を表しています。

完全無欠のヒーローではないけれど、カッコイイと思う生き方を貫く姿勢がカッコイイ。

出会った瞬間は、「豚……?」と若干引くでしょうが、気づいた時には惚れていそうです。

 

「綺麗だよ」



生きるというテーマを描いた『風立ちぬ』では、キスシーンが多くあります。

羨ましいほどの相思相愛、でも、ヒロインの菜穂子が結核に冒されているため切なくもなります。

『風立ちぬ』には、他にも胸を締めつけられる名セリフがありますが、あえてこのセリフを挙げたのには理由があります。

キスをしてきた二郎に、菜穂子は「感染るわよ」と言います。

二郎は、構わずに「綺麗だよ」と返します。

愛しているからこその重みを感じる、名セリフではないでしょうか。

 

「ようやく守らなければならないものができたんだ。君だ」



最後は『ハウルの動く城』から、ジブリ映画の中でも一、二を争うとんだイケメン、魔法使いのハウル氏に出て来てもらいましょう。

戦場へ行こうとするハウルを、「逃げましょう、戦ってはだめ」とソフィーが止めます。

でも、ハウルは言うのです。「なぜ? 僕はもう十分逃げた。

ようやく守らなければならないものができたんだ。君だ」

何度でも聞きたい名セリフです。

守りたい人ができると、男性って、強くなれるのでしょうね。

 

いかがでしたか?

少しでも、恋したくなるトキメキを感じていただければ幸いです。

 

2014年12月28日

written

by marika-castle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop