現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月15日更新

毛玉だらけはダサすぎ…!ニットのお手入れ方法

2036 views

ニットがすぐに毛玉だらけになってしまいます…
正しいお手入れ方法を教えてください!(大学3年生・男性)


 

Wolle und Schaf

 

お気に入りのニットが毛玉だらけ!首周りや袖口がのびのび…
なんて経験ありませんか?
今回はニットの上手なお手入れ方法をご紹介します。

 

毛玉はどうしてできるのか?



毛玉が出来る主な原因は摩擦と静電気です。
着用中はもちろん、洗濯で毛玉が出来ることもあります。
撚りの甘い毛糸や柔らかい素材は毛玉になりやすいので、特に注意しましょう。
また、科学繊維との組み合わせは静電気による毛玉の原因になりやすいので
おすすめできません。

 

 

 

 

出来てしまった毛玉を取り除くには



毛玉ができてしまったら市販の毛玉取り機を使用するか、ガムテープなどで
毛玉を持ち上げるようにしながら、ハサミでひとつひとつ丁寧にカットしてください。
眉毛ハサミなどの小さいはさみを使うと切りやすいです。
あまり取りすぎると生地を傷めてしまうことになりますので気をつけましょう。

 

 

 

 

毛玉の予防法



《1日着たら数日休ませる》



どんなにお気に入りのニットでも、連続して着用することは避けましょう。
着用頻度が高ければ摩擦の頻度も高くなります。
洗濯回数も増え、毛玉が増えます。

 

《日常のお手入れ》



着用後はブラッシングし、風に当てて湿気を飛ばしましょう。
編地の地の目に沿ってやさしくブラッシングすることで、毛羽の絡みがほぐれ、
毛並みが揃うだけでなく、ホコリも取れます。

ドライクリーニングの場合、クリーニングから戻ったらすぐに袋から出して風に当てましょう。

 

《洗濯時の注意点》



ドライ指定の製品については、ドライクリーニングに出してください。

家庭で洗えるニットの洗濯方法の基本は手洗い・押し洗いですが、洗濯機で洗えるものもあります。

洗濯表示を確認して、正しい方法で洗濯してください。

 

1.手洗いで洗う

①ボタンやファスナーを留めて裏返してたたみます。

②洗剤に記載されている使用方法を確認し、たらいなどに洗濯液を作ります。この時、
水の温度は30度くらいにします。

③洗濯液の中で20~30回押し洗いをします。このとき、揉んだり擦ったりは絶対にしないでください。
汚れが気になる袖口などは、手の中に握り込むように掴み洗いします。

④すすぎも押し洗いの要領で行います。きれいな水を使い、やさしく10~15回押し洗いし、水を換えます。
もう一度きれいな水を使い、やさしく10~15回押し洗い。これを繰り返します。
すすぎは洗剤の泡が出なくなるまで行ってください。
最後のすすぎの時に、柔軟仕上げ材を入れると、さらに良いでしょう。

⑤軽く水を切ってから、厚手のバスタオルの上に広げて水分を取り除きます。

 

 

2.洗濯機で洗う

①ボタンやファスナーを留めて裏返してたたみ、洗濯ネットに入れます。

②洗剤に記載されている使用方法を確認し、適量を洗濯機に入れてドライコース
(ソフト洗い・手洗いコース)を選択して洗います。
この時、水温は30度以下にします。

③脱水は1分以内で済ませます。

 

 

3.干す

手洗いでも洗濯機洗いでも、洗濯後はすぐに取り出し、形を整えて陰干しにします。

すだれや浴槽のフタのうえなどで形を整えて干すのが良いでしょう。

 

 

4.仕上げ

スチームアイロンを、中温・中圧で浮かすようにして掛けてください。

 

 

いかがでしたでしょうか。
お気に入りのニットを長くきれいな状態で楽しめるように、上記の注意点を参考に
お手入れしてみてくださいね。

 

 

2014年12月15日

written

by 莉緒


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop