現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月25日更新

カラオケ採点時に出る「しゃくり」とは?

5322 views

カラオケがうまくなりたいです。何か上達のコツはないでしょうか?(大学2年生・男性)


カラオケの採点時に「しゃくり」ってよく目にしますよね?

「しゃくり」っていったい何のことなのか、どういう意味なのかわかりますか?

「しゃくり」の意味を理解し、ポイントを押さえ、上手に歌えるようになったら、きっとカラオケが一段と楽しくなることでしょう。

「しゃくり」についての解説と、「しゃくり」の上達のコツをまとめてみました。

カラオケ


「しゃくり」とは?



半音下の音程を出して、すぐにもとの音程に戻す歌い方のことをいいます。

一つのフレーズを半音下から始めて、フレーズ終わりに音程を戻して歌ってしまうと、それは、しゃくりとは違い、ただの音程外れになってしまい、減点となってしまいますのでご注意ください。

たとえば、「うつくしい」という一つのフレーズがあったら、「う」から「い」までの間で行うのではなく、「う」の音の発声時を半音下から始めて、一瞬で音程を戻すといった歌い方をしなければなりません。

すべての発声時にしゃくりはテクニックとして使うことができますが、あまり使い過ぎると節操がなくなってしまいますので、ダメな歌い方になってしまいます。

何でもかんでもしゃくればいいということではありません。

例として、 福山雅治さんや、綾香さんの歌っている歌い方をイメージしてみてください。

上手にしゃくりが入っているそうです!

 

「しゃくり」の上達方法って?



まず、無駄にしゃくらないということ。

ポイントを押さえてしゃくりを入れましょう。

「しゃくりを入れたいところの音とその前の音がつながっていて、さらに前の音の方が低いとき」にしゃくりを入れると効果的!

その部分がサビだった場合は、尚更かっこよく聞こえます!

この部分が歌に出てきた時に、歌詞の部分をブツっときらないで、なめらかにつないでいく感じで歌うのがしゃくりを上手く入れていくコツです。

いまいちピンとこない人は、綾香さんの代表曲「三日月」のサビの部分をイメージしてみてください。

または、その曲を聴いてみるといいでしょう。

これを意識することで、きれいなしゃくりを入れていくことができるはずです。

このことを頭に入れ、まず、しゃくりの上手な歌手の歌をよく聴いてみましょう。

こんなところで使っているのか、こういう風に歌えばいいのかと一通りのイメージがつくと思います。

イメージが頭にしみついたところで、自分でもしゃくりを入れて歌う練習をしてみましょう。

最初は、イメージで聴いた歌手の真似をするようにその人の歌の方が歌いやすいでしょう。

だんだんとしゃくりを入れて歌う歌い方のコツがわかってきたら、自分の好きな曲で挑戦してみましょう。

 

いかがでしたか?「しゃくり」は、、歌のテクニックの一つなので、慣れて上手に使えるようになるまではちょっと難しいかもしれません。

けれど、上手に使いこなせるようになれば、カラオケも上達しますし、普通に歌っている人よりも差ができて尚更かっこいいですよね!

ぜひ、これを頭に入れ、「しゃくり」に挑戦してみてくださいね。

 

 

2015年2月25日

written

by honoca


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop