現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月22日更新

イケメンはこれを選んでる!メンズ向けおすすめベルトブランドBEST7

2381 views

 イケメンの皆様が愛用しているベルトのブランドをぜひまとめて紹介して下さい(大学3年・男性)


メンズファッションにおいて、コーデの奥行きを演出するのが、小物。

一見、普遍的な男性のファッションコーデにおいて、見えたり見えなかったりと、見えない部分にもあるアイテムだからこそ、そこには自分の考えあるアイテムをチョイスするのが、奥行きを作っていくのです。

 

女性や男性含め、手元や首元にアクセサリーをじゃらじゃらと、沢山 するコーデにおいて、身だしなみという点では、品位にかけるという意見もある一方、ベルトは、逆に身だしなみのお洒落として、必要不可欠なアイテムではないでしょうか。

 

毎日つける人も多くいます。

また、長く使用できるアイテムだからこそ、愛着がわくアイテムでもあります。

今回は、見えない部分までしっかりと自分の考えを持つという事で、イケメンは異性同性にもてるような、ベルトブランドを見ていきたいと思います。

 

 

①正統派と確かなデザイン[カルバンクライン]





 

画像出典:Amazon

今や、正統派なハイブランドとして知られている「カルバンクライン」。

正統派とは、無理をせずに、リアルにスタイルに馴染んでいく という事です。シルエットや、デザインの大きさや幅、色、艶においても、どんな場面でも使いやすく、肩意地を張らずに使用できるブランドを提案しているブランドです。

 

 

②艶とダンディズムを感じるブランド[アルマーニ]





画像出典:Amazon

今のアルマーニに関しては、艶感と共に、上品なデザインがラインラップされていて、クラシカルなイメージがありつつ、そこには大人の甘辛さを感じるような、ダンディというイメージがあります。

かく、毎年のコレクションにおけるアルマーニののメンズの様に、ゆったりシルエットでも、シャープなスタイルでも、そこに馴染むのが、アルマーニの小物です。

 

 

 

③ブランドステータスは常に人気[トミーヒルフィガー]





画像出典:Amazon

日本では、大学生を含むティーンエイジャーから幅広く、そのブランドステータスとともに、人気をはくしているブランドです。

 

カジュアルさや、クラシカルなデザインに垣間見せる、ブランドアイデンティティーによる奥行き があります。

 

 

④芸能人やアーティストも好きな[ヴェルサーチ]





画像出典:Amazon

ヴェルサーチは、高級ブランドとしてモード界においても、常に先端を行く、有名ブランドです。

 

それを知っているファッションスタイリストさんも、ヴェルサーチのアイテムは艶や奥行きをみせる、モテアイテムとして、コーデのラインラップに取り入れるのはハイセンスとの声も。

 

 

 

⑤ その甘いデザインとブランドロゴがステータス[コーチ]





画像出典:Amazon

今や、老若男女問わず、女性の憧れのブランドとしても、その ブランド支持を誇っているブランド。

 

斬新過ぎないデザインの中には、確かな物づくりと、硬すぎない甘さのあるデザインが魅力です。

ブランドロゴがはっきりと見えるものではなく、さりげなくマットに沈んで見えるものでも、女性からは高評価を得れるアイテム。

 

 

 

⑥正統派かつロックな紳士ブランド[ポールスミス]





画像出典:Amazon

ポールスミスといえば、毎年ブランドカラーが入ったアイテムなどが有名ですが、そこには、いやらしさの無いどこか異国を思わせる佇まい。

 

テーラーなど紳士アイテムにも強い反面、ブランドアイデンティティーには、ロックな精神も持ち合わせていて、性別問わず人気ブランドです。

 

 

 

⑦モテ男の永遠の憧れ[ラルフローレン]





画像出典:Amazon

ラルフローレンといれば、遊び心の中に紳士かつ艶がある小物も沢山あります。

メンズファッション雑誌の中でも、ラルフローレンの小物やアクセ、香水など、度々紹介されていて、ファッションスタイリストさんからも支持あるブランドアイテム。

 

カジュアルすぎないデザインの中にある知性みたいなものが垣間見えます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

モテアイテムにとって重要なのは、しっかりと自分の考えあるアイテムをチョイスしているかという事。

ブランドネームや無理して着飾っていては、客観的に見てもその姿勢は見透かされてしまいます。

そこにある確かな自身の意思によって、各ブランドがその意思を最大限に魅力として引き出すのです。

 

 

 

2014年12月22日

written

by stylist-kuro


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop