現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月28日更新

思わず熱くなる!かっこいいアニソンランキングTOP10

13943 views

寒さを吹き飛ばす、熱い熱いアニソンが聞きたい!(大学1年生 女性)


一人でも、大勢でも、熱くなるアニソン!

そんなアニソンの中でも、かっこいい曲TOP10をご紹介します。

 

1位 HEATS : 98年 影山ヒロノブ



ゲッターロボ

画像出典:Amazon

『真ゲッターロボ 世界最後の日 』の第2期OPです。

歌詞の中にゲッターのゲの字も出てきませんが、世界観を感じることができるすばらしい内容で、

アニメソングの王道と言える一曲です。

影山氏の無駄に熱すぎる歌声とテンションに、

こちらのボルテージも一瞬でMAXまで上がります。

声をつぶす可能性があるので、カラオケで熱唱する時は覚悟が必要です。

 

2位 紅蓮の弓矢 : 13年   Linked Horizon



紅蓮の弓矢







画像出典:Amazon

『進撃の巨人』の前期OPです。

紅白にも出場したことで、一般にも広く知れ渡っています。

軍楽のような荘厳さの中に、日本のアニソン文化の熱が入った強烈なサウンドです。

カラオケでトライしたことがある方は知っているかと思いますが、

歌詞を全部覚えていかないと『歌えません』ので要注意です。

 










3位 MEN OF DESTINY : 92年 MIQ



MEN OF DESTINY

画像出典:Amazon

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の第2期OP。

(第1期のOPである『THE WINNER』も、かっこいいです。)

『聖戦士ダンバイン』や『重戦機エルガイム』の主題歌でおなじみの、

MIQ(旧:MIO)さんのクールな中に熱さを秘めた極上の一曲です。

 

4位 誰がために : 79年 成田賢



サイボーグ009

画像出典:Amazon

『 サイボーグ009』のOPです。

作詞が石森章太郎、作曲が平尾昌晃、そして編曲がすぎやまこういち、というラインナップは、

アニソンとしてはかなり豪華です。

ボーカルの成田氏の独特の歌声と、平尾氏のハイクオリティなメロディラインは、

今聴いても胸が熱くなります。

特筆すべきは、原作者である石森章太郎先生の歌詞のセンス。

『涙で渡る血の大河 夢見て走る死の荒野』

こんな歌詞が書けるとは、稀代の天才漫画家は作詞家としても天才です。

 

5位 戦士よ、起ち上がれ! : 99年 遠藤正明



戦士よ、起ち上がれ!

画像出典:Amazon

『魔装機神サイバスター』のOPです。

静かな立ち上がりと、サビの盛り上がりの、

メリハリの良さが特徴的です。

この曲は、動画サイトのMAD動画でかなり話題になったので、

知っている方も多いでしょう。


6位 Shangri-La : 04年 angela



Shangri-La

画像出典:Amazon

『蒼穹のファフナー』のOPです。

angela の知名度を飛躍的に高めました。

作品の内容にマッチした、深みのある歌詞に、

時々アコースティックをおりまぜた完成度の高いメロディです。

 

 7位 鳥の歌 : 07年 千里愛風










鳥の歌

画像出典:Amazon

『獣装機攻ダンクーガノヴァ 』のOPです。










イントロに三味線が使われていますが、

和風にはならず、ギターと見事にセッションしています。

ヴォーカルは抑揚の効いたパワフルな声です。

 

8位 FLYING IN THE SKY : 94年 鵜島仁文



機動武闘伝Gガンダム

画像出典:Amazon

『機動武闘伝Gガンダム』のOPです。

ロボット系・ガンダム系は、とにかく熱い曲が多いですが、

この曲は、まず第一声から盛り上がります。

 

9位 CROSS FIGHT! : 87年 水木一郎、堀江美都子



破邪大星ダンガイオー

画像出典:Amazon

『破邪大星ダンガイオー』のOPです。

歌詞に『クロスファイト』、『ダンガイオー』といったワードがふんだんに盛り込まれた、

典型的なスーパーロボットソングです。

水木一郎と堀江美都子、アニソン界の巨匠二人の豪華なデュオによる曲です。

 

10位 CARNIVAL・BABEL : 94年 TAKADA BAND



CARNIVAL・BABEL

画像出典:Amazon

『BLUE SEED 』のOPです。

TAKADA BANDは、男女のツインヴォーカルですが、

男性ヴォーカルはナレーションでも有名な立木文彦さんです。

かすれた渋い声がたまりません。

 

いかがでしたでしょうか?

世代を超えて、熱くなる曲をご紹介いたしました。

ぜひ、熱唱してください。

2014年12月28日

written

by misaki-s


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop