現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月19日更新

映画デートって何観るの?おすすめジャンルと選別ポイントまとめ

32252 views

付き合ったばかりの彼女といっしょに映画を観に行くことになりました。

何を観るか迷います…(大学1年生・男性)

 

Happy couple in 3D movie

 


映画デートはデートの定番



デートのプランを二人で決める時、

そして相手を誘う時に定番のデートプランの1つとして

「映画」があがると思います。

そんな映画デートのメリットとして、以下のものが挙げられます。

●デートを誘う理由にしやすい。

●天気や外の気温に左右されない。

●上映時間が決まっているのでスケジュールが組みやすい。

●デート後に共通の話題ができる。

「よし!だったら次のデートは映画だね!」

でも、ちょっと待って。

何の映画を見たかによって、映画後の二人の状態に違いが出てきます。

ここでは映画後のデートも楽しく過ごせるよう、

映画デートでは何を見ればいいのか、お伝えします!

 

二人が共通で「楽しめるもの」を選びましょう



 

Composite image of couple enjoying a movie night

 

例えば、デートを意識せずに「見たい映画は何だろう?」と思った時に、

自分の趣味だったり、興味があることを基準に映画を選んでいることに気づくはずです。

しかし、自分とデート相手との趣味や興味、価値観が一致しているとは限りません。

例えば、自分が大好きな俳優、女優が出演している映画。

それを映画デートで見たとしたら、映画後のデートでの会話がストーリーの感想ではなく、

「××くん、カッコよかった!スクリーンでアップなった時にドキドキしちゃった~!」

「○○ちゃん、すっごく可愛かった~!やっぱり可愛い子はいいよなぁ!」

などの感想がつい口から出てきてしまったら、相手はいい気持ちにはなりませんよね。

他にも、

●格闘シーンが多いなどで激しい表現が想定できる。

●激しい感情が生まれてくるような内容の可能性がある。

このようなジャンルも、二人の趣味や価値観として共通のものではない限りは

避けておいた方が無難でしょう。

具体例としては、サスペンスやホラー、アクションや濃厚なラブシーンがある作品が挙げられます。

 

映画デートにお勧めのジャンル



「では、何を観ればいいのだろう?」

そう思った方もいらっしゃるかと思います。

映画デートの本番は「映画後の共通の話題からの会話でどれだけ楽しめるか」

そこにかかっていると言っても過言ではありません。

その話題にもなりやすいジャンルとしてお勧めなものが以下のジャンルです。

 

ラブコメディ



映画デートの定番ともいえるジャンルです。

ラブコメディでしたら、日常の恋愛を観ているような感覚にもなり、

自分たちを重ねてしまうこともあるでしょう。

映画を通じて、恋愛特有のドキドキした気持ちだったり、

切ない感情を再確認しながら、自分の気持ちや相手の存在を

より大切にしようという気持ちを強くすることも可能と言えます。

さらにコメディであれば、切ないシーンがあったとしても強く深刻になることや、

ストーリーを重たい気持ちで引きずってしまう可能性も低いので、

デート後の会話でも「楽しかったね!」「面白かった!」など、

素直な明るい気持ちで会話をすることが期待できます。

日本の映画と海外の映画では、ラブコメディでもシチュエーションが違ったり、

愛情表現のリアクションや表情なども異なってきます。

「分かる、分かる」と感情移入や共感を強く感じたい場合には、日本映画をお勧めします。

海外映画は表情や言葉での愛情表現、感情表現がとても豊かです。

「最近、相手になかなか自分をうまく表現できないで、もやもやしているかも…」

という気持ちがある時に、海外映画を観ながら自分の姿を重ねることで、

ストレスが解消されたり「ああいう表現もあるんだ」と参考になることもあるかもしれないです。

普段とはちょっと違う恋愛の世界を覗いてみたい時にも、海外映画でのラブコメディはお勧めです。

 

アニメ



二人で共通で小さい頃にテレビで見ていたアニメや

よく読んでいたマンガの映画版を一緒に観るのはいかがでしょう。

二人が共通して好きなマンガやアニメが原作の

実写版映画でもいいかもしれません。

たとえ恋人同士でも恋愛を意識したものは見たくなかったり、

まだ付き合えていない相手を映画に誘う時に気まずくならないようにしたい時にも

選べるかと思います。

ちょっと心を和ませたかったり、懐かしい想いに浸ったり、

時には映画の時間だけでも童心に返るのも、なかなかいいものかと思います。

アニメ映画でもディズニー映画が上映されている時期であれば、

年代や性別に関係なく多くの人が映画館に集まる作品にもなりやすいため、

誘いやすかったり、観る映画の提案としても出しやすいですし、

相手にも受け入れてもらいやすいものになる期待が持てます。

 

ヒューマンドラマ



家族で起きた問題などを通して、家族の絆を再認識できる作品が多いです。

家族で過ごした経験がある人であれば、

誰でも共感しやすいジャンルでもあると言えます。

恋愛とはまた違う形での「愛情」を再認識することも可能です。

特に一人暮らしをしている場合には、

家族のことを思い出すきっかけにもなるかもしれません。

日常では身近すぎて気づけない「家族」について、

デートを通じて思い出すのも悪くないと思います。

また、このジャンルは「おくりびと」のように、映画賞を受賞した場合は混み合いますが、

多くの場合は比較的席に余裕があることが多いです。

予定していた映画が予定の日時に観られない時の代替案としても活用できるように思えます。

 

座席予約を有効活用しましょう



 

Empty movie theater with red seats

 

デート当日になって「今日は映画でも行こうか?」となった場合を除き、

事前に「この日のデートは映画に行こう」と分かっている場合は、

事前の座席予約をしておくと便利です。

行く予定の映画館を事前に確認しておき、座席予約ができるかどうか、

どの方法で予約ができるかを確認しておくといいでしょう。

インターネット経由で座席予約が出来る映画館もありますし、

映画館の窓口で上映の数日前から予約が出来る映画館もあります。

座席を確保しておけば、確実に見たい映画を見ることが出来ますし、

上映時間までの待ち時間を作らずに済みますから、

デートの予定も組みやすくなります。

筆者が個人的に好みの席であり、お勧めの席は、

スクリーン全体がよく見える「後方の中央」です。

しかし、筆者の友人のように「端っこの席が気分が落ち着く」という理由で

見やすさではなく、居心地で選ぶ人もいます。

座席予約の際には、画面を見て一緒に選ぶか、

「好みの席はある?」と相手に確認をしてから席を選ぶといいでしょう。

 

映画デートの「過程」を楽しみましょう



作品選び、座席選びから、デートは始まっているのが映画デートでもあります。

その作品選び、座席選びを通じて、相手の価値観や趣味など、

今まで知らなかったことが自然に見えてくることもあります。

そして作品を見た後の会話でも、相手が気になったシーンや台詞などからも、

知らなかった相手の一面を知ることも出来るかもしれません。

映画を楽しむことを通じて、お互いのことをもっと知ることが出来るのが映画デートです。

二人の距離が近くなるような映画デートに出来るよう、過程から十分に楽しんで下さいね!

2014年12月19日

written

by 輝凛(きり�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop