現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月5日更新

ビギナーにおすすめのクラシック名曲まとめ

564 views

クラシックを聞き始めようと思っているのですが最初はどんな曲を聞いたらいいのでしょうか?(大学2年生・男性)


クラシックは難しいと思っていませんか?

最近はCMでも使用されることが増えたので一度は耳にしたことがある曲が増えたと思います。

クラシックは現代音楽の基礎になっているものが実は多く、よく聞かれているポップスもクラシックのメロディラインやコード進行に似ているなと思う曲もあります。

今回はよくテレビやCMで流れている曲を中心にシンプルな1楽器だけの曲から交響曲まで10曲をご紹介します。

音楽のひとつのジャンルとして気軽に聞いてみてはいかがですか。

 

パッヘルベル  カノン



バロック時代中期の1680年頃にドイツのパッヘルベルによって作曲された曲でクラシック音楽の入門のような曲です。

結婚式や卒業式などでも耳にしたことがある曲だと思います。

本来は「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の第1曲カノンになっていますがカノンとして多くの人に親しまれています。

様々なタイプのカノンが聞けるアルバムもあるので興味のある方はどうぞ。

 

カノン
出典:Amazon

 

サラサーテ  ツィゴイネルワイゼン



1878年にサラサーテによって作曲されたヴァイオリン曲です。

こちらも最初の数小節がアニメや吉本新喜劇にも使用されている曲なので一度は耳にしたことがあると思います。

ヴァイオリンの強い音からショックや悲しみを表現する効果曲として使用されることが多いようですが1曲全体を聞くと緩急がある美しいヴァイオリン曲なのでおすすめです。

 

ツィゴイネルワイゼン
出典:Amazon

 

ショパン 夜想曲(ノクターン) 第2番変ホ長調



ショパンは夜想曲を多く作っていますが一番良く知られているのがこちらのピアノ曲ではないかと思います。

ピアノを習っていた方なら一度は弾いてみたいと思う曲ですね。

夜想曲は修道院の夜のお祈りの意味がありそこから夜の瞑想などの意味もこめ作られた曲だと言われています。

寝る前のリラックスタイムにピッタリの曲です。

 

ショパン・ノクターン
出典:Amazon

 

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調



1900年頃、ロシアのラフマニノフによって作曲されたとても有名なピアノ協奏曲です。

フィギュアスケートでよく使用されるので聴いたことがある方も多いかもしれませんね。

ラフマニノフは手が大きい作曲家だったので普通の人の手には難しいほど手を広げる曲を作ってしまったようです。

1曲の中にいろいろな物語が見えるような情緒あふれる美しい曲で弾く人によっていろいろなラフマニノフがあるので聴き分けるのも面白いですよ。

 

ラフマニノフ辻井伸行
出典:Amazon

 

ラヴェル  ボレロ



1928年に作曲されたスペインのバレエ音楽です。

CMなどでも使用されているので一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

同一のリズムで2種類のメロディが様々な楽器によって繰り返されるという特徴のある曲です。

ひとつの楽器から演奏が始まりどんどん楽器が増えて最後はみんな一緒にという感じが面白い曲です。

 

ボレロ西村智美
出典:Amazon

 

エルガー  行進曲「威風堂々」第1番



イギリスの作曲家エドワード・エルガーによって1900年頃作曲された曲です。

CMでも使用されていたり入学式・卒業式など様々な式典で使用されたりすることが多い行進曲などで1度は耳にしたことがあると思います。

平原綾香さんが歌詞をつけて歌っていたりポップスにアレンジされたりしていますが、ぜひ荘厳なオリジナルを聴いてみるといいですよ。

 

威風堂々
出典:Amazon

 

ヴィヴァルディ  協奏曲集「四季」



バロック時代の作曲家イタリアのヴィヴァルディによって作曲されたヴァイオリン協奏曲集で1番から4番までにそれぞれ春夏秋冬と名付けられています。

それぞれの曲がCMやテレビ番組で使用されているので一度は耳にしたことがあると思いますよ。

卒業式などの式典でも多く使用されています。

 

ヴィヴァルディ四季
出典:Amazon

 

ドヴォルザーク  交響曲第9番ホ短調 「新世界より」



1893年にチェコのドヴォルザークによって作曲された交響曲です。

ドヴォルザークは1892年からアメリカに滞在しておりその間に黒人音楽などの影響も受けて古典音楽ベースの様々な音楽を作曲したと言われています。

その中でもこちらの曲は学校の授業などでも聞いたことがある交響曲の中でも有名な曲です。

 

ドボルザーク新世界
出典:Amazon

 

ブラームス 交響曲第1番 ハ短調



ベートベンの影響を大きく受けた作曲家ブラームスが1876年に完成した交響曲です。

ブラームスの交響曲の中でも最もよく演奏されるといわれています。

全部で45分程度の第4楽章ある長い曲ですが聴きごたえのある曲です。

暗から明への移り変わりがよくわかる素晴らしい交響曲です。

 

ブラームス交響曲No1
出典:Amazon

 

ホルスト 組曲「惑星」第四番 ジュピター(木星)



1915年前後にイギリスの作曲家ホルストが作曲した組曲「惑星」で7つの楽章からなり惑星の名前がつけられています。

その中でも一番有名な曲がジュピターです。

ジュビターの一部分に平原綾香さんの歌詞がついた曲が有名ですね。

他にもいろいろな形でアレンジされているので一度は聴いたことがあると思います。

興味があれば他の惑星の曲も聴いてみるといいですね。

 

惑星ジュピター
出典:Amazon

 

いかがでしたか。

まずは興味がある、聴いたことがある曲から始めてみると良いと思います。

難しいことは考えず聴いていて心地いいと思った曲から広げていくといいですよ。

今までよりクラシックに親しんでいただくきっかけになればと思います。

 

 

 

2015年2月5日

written

by kiyomi-n


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop