現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月4日更新

眠れない夜に聴きたいリラックスBGM8選

141 views

心配事があって眠れません。リラックスできるBGMがあれば教えてください。(大学2年生・女性)


眠れない夜のBGM
©mislav-m

ちょっと疲れていたり、心配事があったりすると、寝つきが悪くなってしまうものですよね。

不眠が続いてしまう前に、まず試してみたいのが、リラックスBGM。気持ちよく朝を迎えるための、BGM8選をご紹介します。

 

『究極の眠れるCD』



究極の眠れるCD
画像出典:Amazon

タイトルからして、ぐっすり眠れそうですね。

医学博士監修のもと、自然音と優しいメロディーを60分収録したCD。モニターに何回も聞いてもらい、実績を確認している徹底ぶり。リラックス効果も期待できるので、ちょっと疲れた時に聴いてもよさそう。

こういうCDは1回だけではなく、毎日、決まった時間に聴くと更に効果があがるそうです。

 

リラックス&スリープ~ハワイ



Relax&Sleep
画像出典:Amazon

ハワイでオリジナルのヒーリングミュージックに取り組む、サウンド・クリエイター、スティーブン・ジョーンズ&ブライアン・ケスラーの作品。

アコースティックなギターや楽器のサウンドのバックには、ハワイに訪れたことのある人なら懐かしい、あの鳥のさえずり、遠くに聞こえる波の音、ヤシの木を揺らす、優しい風の音が聞こえます。

 

『BRETHLESS』



KENNY G
画像出典:Amazon

アメリカの、JAZZやヒュージョンでは著名なソプラノサックス奏者、ケニー・G。特にこの「ブレスレス」は有名で、1990年代のアメリカで15番目の売り上げを記録したアルバムと言われています。「The Joy of Life」に始まる、メロウで身をたゆさせたくなるサックスの深い音色は、全曲聞かないうちに、あなたを眠りに誘ってくれることでしょう。

 

『Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics-』



MIKI IMAI
画像出典:Amazon

あのユーミンの珠玉の名作を、今井美樹の世界観でカバーしたアルバム。肩の力を抜いて、ささやくような透明な彼女のvoiceは、まるで子守唄のようでもあります。ユーミンのストーリー性のある楽曲を、敢えて一貫して緩やかに歌い上げることにより、質のよいBGMに仕上がっています。

 

『ヒーリング・ベスト』



Healing Best
画像出典:Amazon

数あるオルゴールアルバムの中でも、好評を得ているこの作品には、TVのCMや番組で聞いたことのある、なじみのある楽曲もたくさん盛り込まれています。たとえば、「ビフォーアフター」のあの曲。「世界の車窓から」のあの曲など。人は、オルゴールを聞くと、気持ちの良いときに出る脳波、アルファ波が検出されることが、近年の研究で明らかにされています。

 

『アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~』



Amalfi
画像出典:Amazon

世界の歌姫サラの、天使のような歌声が堪能できるアルバム。2009年夏に公開された映画『アマルフィ 女神の報酬』の中で、サラ本人出演した際に歌われた主題歌「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」から始まります。サラと言えば、「オペラ座の怪人」なども有名ですが、このアルバムは、しっとりとしたロマンティックなラブバラード集となっています。

 


『~花鳥風月~ 星ごよみ サウンドトラック



星ごよみ
画像出典:Amazon

東京スカイツリーのプラネタリウム「天空」のロングランプログラムでも使用された、シンセのみのインスト曲を、「神々の詩」でも有名な姫神が、壮大なスケールで演奏しています。

日本の四季の移り変わりを、民族音楽がベースとなっている、どこか懐かしいメロディーにのせて、見事に表現。星を眺めながら、思わず瞑想をしたくなるような逸品です。

 

ぐっすり眠れるクラシック



ぐっすり眠れるクラシック
画像出典:Amazon

“とにかく眠れる曲、くつろげる曲、癒される曲”をコンセプトに厳選された、ライククラシックのオムニバス2枚組。心地よい睡眠を約束してくれるほか、癒し効果も期待できます。部屋でアロマでも焚きながら、ゆっくり静かに聞きたい1枚。最期まで聞けずに眠りに落ちてしまうリスナーが多いのも、この作品の効果を物語っています。

 

 

リラックスBGMで安眠
©Jeffrey

いかがでしたか?BGMと言ってもいろんな種類の音楽があるものですね。

眠れない日が続くとなかなか元気も出なくなってきます。ぜひ一度、これらを試してみてくださいね!

2015年2月4日

written

by wikka


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop