現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月20日更新

冷え性を治すために今日から心がけたい5つのこと

201 views

冷え性を治すにはどうすれば良いですか?(大学3年生・女性)


冷え性の女性

冷え性で困っている人は決して少なくありません。
手足の先に感じる冷えも、お腹等の体の内に感じる冷えも、体調不良を引き起こす原因となる不快な症状です。
ですから、ちょっとずつでも改善して健康的な毎日を送りたいものです。
そこで今回は、冷え性を治すために心がけておきたいことを5つ、ご紹介しましょう。

 

軽い運動を取り入れて血行を良くしよう



ジョギング

毎日20~30分程度の軽い運動をするようにしましょう。
全身の血行が良くなりますから、冷えを感じることがなくなってくるのです。

最近はウォーキングが人気ですよね。
もちろん、自宅周辺に良い散歩コースがあれば活用してみるのはいかがでしょうか。
また、室内ウォーキングとして、家の中の全ての部屋を歩くのも良いものです。

尚、スロージョギングといって、ウォーキング程度の早さでゆったりとジョギングするのも良いかもしれません。
ウォーキングでもスロージョギングでも、腕をしっかりと大きく振ることで血流の改善ができます。

 

体を温める食材を取ろう



冷え感を取り払うためには、体の内側から温めるのが一番です。
そのためには、毎日の食事で体を温めるような食材を活用することが大切ですね。

例えば、昔から汁物としてよく食されてきた味噌汁の具材に注目しましょう。
体を温める効果が期待できる根菜類やネギをたっぷり入れて味噌汁をメニューに加えるのです。
人参やゴボウ、レンコンやこんにゃくを使うと、味噌汁だけでもボリュームのあるおかず一品にもなりますね。

また、そんな味噌汁に生姜をちょっと加えると、更に冷え性の改善効果が増します。
尚、生の生姜を使うと、風邪の引きはじめに感じやすい寒気や冷えの改善に向いています。
普段からの冷えを改善するには、生の生姜を乾燥させたものを使うのが良いでしょう。

 

温かい飲み物を上手に取ろう



あたたかい飲み物

単純に温かい飲み物ではなく、体を温める効能がある飲み物を選びたいですね。
そのためには、コーヒーや緑茶は控えめにしたほうが良いかもしれません。

例えば、日常的に飲むお茶は、ほうじ茶や黒豆茶を飲むようにするのはいかがでしょうか。
また、コーヒー党の人ならば、タンポポコーヒーも愛飲するのも良いですね。

尚、体を冷やしやすいものの一つである牛乳については、体を温める効果があるココアと一緒に飲むのはどうでしょうか。

 

カイロを上手に活用しよう



普段、よく使われているものの中に使い捨てカイロがあるのではないでしょうか。
このカイロを効率良く冷え性の改善に利用したいものです。

へその下に丹田と呼ばれるツボがありますが、ここは代謝を良くして血流・血行を改善する効果があるとされています。
また、肩甲骨の下の中央部分も、温めることで全身を巡る血流・血行を良くする効果を期待できるのです。
この2か所に下着やインナーの上からカイロをあてて温めると良いですね。

もちろん、カイロの使用については、低温やけどにならないように注意しましょう。

 

足元を保温する対策をしよう



足元をあたためる

エアコン等で室内そのものは温まっていても、暖かい空気は上方へ溜まりがちです。
そのため、足元が寒いと感じる人が少なくありません。
この部分をうまく保温することで、冷えを改善することに繋がるのではないでしょうか。

まず、足首までの長さのある膝掛けを使いましょう。
ウール素材は保温性に優れているため冬場に持って来いですが、フリース等も軽くて保温性があるので重宝します。
尚、ストールやマフラーにもなる兼用タイプも便利ですね。

また、レッグウォーマーも足首からふくらはぎを温めるので良いですね。
この部分は、全身に血液を送る働きに欠かせないところなので、しっかりと保温して血行や血流を滞らせないことが冷えの改善に大切なのです。

 

 

いかがでしたか。

このような冷え性対策を今日から心がけてみるのはいかがでしょうか。
日々の地道な対策を続けることで、体の中から冷えがちだった体質を改善する効果が期待できます。
体を温めて、様々な不快な症状と早くサヨナラしたいですね。

 

2014年12月20日

written

by うぉーく


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop