現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月16日更新

ちょっとしたコツ!カラオケで綺麗なビブラートをかける方法

11718 views

カラオケによくいくのですがうまくビブラートが出せません。うまく出せるようになるコツはないでしょうか?(大学2年生・男性)


大学生活では、カラオケに行く機会が今までの学生生活よりも大幅に上がると思います。

みんなの前で歌うのは恥ずかしかったり、盛り下がってしまうのではないかと不安になったり。

なにより上手に歌えるか心配だったりと、悩みは尽きません。

そこで、ビブラートです!

これが習得できているのといないのとでは、カラオケでの歌の聞こえ方がまるで違います。

クラッシックなどでは、腹式呼吸を利用したビブラートのかけ方があるのですが、カラオケではビブラートをかけるのに、腹式呼吸は使用しなくてもキレイにかかるちょっとしたコツがあります。

ここでは、是非、ビブラートを習得して、みんなとワイワイ楽しむカラオケを、さらに楽しむコツを書き綴ってみたいと思います。

 

 

a0002_006545

 

1:ビブラートとは?



そもそもビブラートとは、音を長く伸ばす時に、音の高さを細かく上下に震わせる技巧です。

横隔膜を震わせる方法や、のどを振るわせる方法などがあります。

横隔膜を震わせるのはオペラを歌うとき等の専門的に声楽を勉強している方が使う手法。

しかし、カラオケですぐ使えるのは後者の、のどを震わせる方法が有効です。

 

 

 

2:試しにビブラートをかけて発声してみましょう。



まずは試しに、一つの母音を口にしながら顎を揺らせて見ましょう。

音程さえ保てていれば、これだけでもビブラートになります。

例えば、「あーーーーーーーーー」と発声する時に、「あーーぁあぁあぁあぁあぁあぁ」

となり、ビブラートがかかっていることになります。

この時、のどに手を軽く当てながら発声すると、喉が震えているのが分かるでしょう。

この震えがビブラートを発生させているのです。

 

 

 

3:習得方法は?



しかしカラオケで歌ってる最中に意識して顎を動かすのは難しいかもしれません。

見栄えもあまり良く無いのも残念なところ。

なので喉が震えるのが分かったところで、

今度は顎を動かさずにのどを震わせることに意識を集中させて、何度か発声練習しましょう。

のどに手を軽く当て、震え方を体に覚えさせるのです。

 

 

 

4:実践してみましょう。



注意点はあくまで、音程を保ちながら!です。

後、大きな声を出せばいいというものでもない。という事も覚えておいて下さい。

ピアノやキーボードなどが家にあれば、音を鳴らしながら発声練習するのが効果的。

ビブラートばかりに気を取られていると、他の音程がおろそかになりがちになるのも注意。

また、このビブラートは、すぐに簡単に出来る人もいれば、ある程度練習が必要な方もいるのも確かです。

けれども、何度も何度も練習すれば、ある程度は誰でも綺麗にビブラートがかけられるようになります。

このビブラートが綺麗にかかれば、

カラオケも思ったよりもはるかに上手く歌えるようになるのは、間違いありません。

 

 

 

最後に。



どうでしょうか?ビブラートを実体験できましたでしょうか?

専門知識を得た上で習う声楽だけでなく、気軽に歌えるカラオケにも言えることですが、歌は、何度も練習が必要です。

その代わり練習すればするほど上達します。

最近はスマホで、家で出来るカラオケアプリなども多数ありますから、一度練習してみてください。

きっと自分の歌が上達することを、徐々にではありますが実感できると思います。

2015年2月16日

written

by 清秋


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop