現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月23日更新

彼女に「寂しい」と言わせないために彼氏ができる気遣い6つ

12516 views



彼女に「寂しい」と言わせないためにはどうすればいいのでしょうか。(大学3年生・男性)






寂しいと言わせない


大学生活とは思っていた以上に大変なものです。


レポート提出、単位取得の勉強、おこづかい稼ぎのアルバイトなどなど、頭の中が自分のことで精一杯になることが多いことでしょう。


しかし、大学生活で手に入れた「彼女」もかけがえのない存在なのです。


そんな彼女に寂しい思いをさせて、彼女を失うことは大学の単位を落とすくらいの死活問題です。


そこで、ここではそんな彼女に「寂しい」と言わせないために彼氏ができる心遣いを6つ、ご紹介したいと思います。



 

電話は必ず、かけ直す



まず、はじめの気遣いからお話しましょう。


「携帯に彼女からの着信があったら、必ず、かけなおす」ことです。


「いつでも会えるからいいやあ~」なんて横着な考えは禁物です。


ひょっとしたら、あなたに相談したいことがあったのかもしれませんし、なにか彼女が怖い目にあって、助けを求めてきたのかもしれません。


そうしたことを考えると、横着がらず、電話がきたのなら、返事をするのが本当ですよね?


これができることが、社会人の第一歩でもあるのですよ?



 

彼女の予定(スケジュール)を聞く



スケジュールを聞く


次の気遣いについてお話します。


彼女に会った時、さりげなく彼女の予定(スケジュール)を聞きましょう。


これは彼女にとってはうれしいことなんですよ?


なぜなら、自分がちゃんと「誠実に扱われている」といった安心感を覚えるからです。


いわば、「彼女の予定(スケジュール)を聞く」ことは乙女ごころを刺激することなのです。


ですので、彼女を寂しくさせずに済みます。


それでは次にいきましょう。



 

メールはちょくちょく送る



次は携帯のメールのやりとりについてのお話です。


それは「携帯メールをちょくちょく送る」ことです。


これは彼女とつきあっている以上、やらなければならない「マナー」です。


つきあっている以上はコミュニケーションのやりとりをして、お互いを思いやらなければなりません。


それが、本来のカップルというべきものです。


また、メールの内容も子供のように短絡的なものではいけません。


例えば、「わかった」とか「いいよ・ムリ」だとかの短絡的な言葉を書くのはやめましょう。


大学生となり、もう親が見守る義務教育の段階ではないのですから、もっと大人な会話(メール内容がしっかりしていること)を目指しましょう。



 

会話のキャッチボールをする



キャッチボール


次は彼女との会話のやりとりについてお話します。


先程も少し述べましたが、「会話のキャッチボールをきちんとする」ことです。


ただ、受け身または自分本位で彼女と会話をするのではなく、「自分の意見」・「彼女の意見」というものを大切にしながら、会話をしたり、メールをしたりするのです。


要するに、会話で、そして、メールで「気持ちを入れて」話したり、聞いたりすればよいのです。


そうすれば、彼女も「寂しい」といったことは言わないはずです。


実践してみましょう!!



 

彼女と定期的に会う



では、次にいきます。


大学生活とは本当に忙しいものです。


自分の将来がかかっているという気持ちが強いためか、どうしても、自分中心に物事を考えがちになります。


そしてせっかく作った「彼女」をないがしろにしてしまう(寂しい思いをさせてしまう)危険性が高いのです。


ですので、「定期的に会う約束をする」のを忘れないでください。


定期的に会えば、彼女もいろいろな意味で安心感を覚えます。


そうすれば、彼女が「寂しい」とつぶやくことはないでしょう。


自分のことばかり考えていると、彼女は寂しがり、あなたのもとを離れる可能性が高くなることを覚えておいてください。



 

「好きだよ」といった言葉を投げかける



好きだよ


最後の気遣いとなりました。


それは彼女に「好きだよ」と適度に言ってあげることを忘れずに実行し続けるということです。


乙女ごころというのはいつまでも女子のこころに存在します。


女の子は彼氏に「好きだ」といわれるとやはりうれしくなるものです。


また、彼氏の「好きだ」という言葉が彼女の毎日のモチベーションになったりもするものです。


ですので、つきあっていても彼女のハートを熱くさせておくために、適度に「好きだよ」といった言葉を「プレゼントするつもり」でいってみてください。


お互い、つきあっているからといって、初心を忘れてはいけません。



 

おわりに



どうでしたか?


大学生活が忙しいからといって、彼女がいることの大切さを忘れてはいけませんよ!!


要するに、彼女を寂しくさせないこころづかい(気遣い)は「彼女の立場になって、彼女を思いやる」ことからです。


是非、今日から実践してみてください。



 

2014年12月23日

written

by 旅人18


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop