現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月20日更新

おしゃれな子はやっている!お洋服の断捨離3つのテク

5784 views

もう年末。大掃除をして部屋をスッキリさせたいのですが、服が多すぎて収納できません。(大学2年生・女性)




いよいよ今年も残り僅かとなり、師走の忙しさが加速してきましたね!

クリスマスや年越しイベントに酔いしれるのもいいけれど、年末の避けて通れないイベントの一つに大掃除があるってこと、もちろん忘れてませんよね?

この大掃除、ファッションとは無縁と思っているそこのあなた、間違いです!

今年1年着なかったものを整理し破棄する、断捨離こそが、実はおしゃれに通じる大事なステップなのです。

「そんなこと言ってもなかなか捨てる勇気がでない…」「今使っていなくてもいつか着ると思ってしまう…」

そんな断捨離ベタなあなたにもできる、簡単なポイントをご紹介します。

クローゼットを整理することこそおしゃれの近道!

これを読んで来年はもっとおしゃれを楽しみましょう。

 

1シーズン着なかったものは処分すべし!





今年着なかった洋服は潔く処分してよし!

例えば夏の前に「着るかな?」と思って出しておいたけど、この夏結局1回も着なかった…という夏物は処分してしまいましょう!

捨てるのがもったいないと思うなら、友人や親戚に寄付して。

状態の良いものならリサイクルショップに売ったり、ネットオークションに出したり、可能ならば少しでもお金にしましょう。

捨てるのは確かに勇気がいりますが、この「もったいない」と思う気持ちこそが買い物上手になる第一歩ですので思い切って踏み出してみてください。

 

着なかった理由を徹底的に洗い出すべし!





なぜ1回も着なかったのか?と考えるのも大事なポイント。

理由を突き止め、再発を防ぎ次の買い物に活かしていくことが重要となります。

 

実際家で着てみたらサイズが合わなかった



⇒店頭で必ず試着をしましょう。

また、少し大きい(or小さい)と自分で感じたら、店員さんのプッシュに負けず、断る勇気を持つことも大事!

 

合わせるものを持っていなかった



⇒「何に合わせるのか?」と常に考えながら買い物をする癖をつけましょう。

洋服を単品で選ぶのではなく、常にコーディネート全体を意識して!

頭の中でシュミレーションするのが苦手なら、合わせようと思っているアイテムを実際に持って行って試着しましょう。

 

可愛いけど大学に着ていくには派手だから着なかった…



⇒自分の好みよりも「大学のキャンパスになじむか?」ということを重視しましょう。

人の真似でもOKです。

周囲の目を基準にしたファッションに慣れておくことは、TPOが求められる社会人のファッションにも通じますので、今のうちに訓練しておきましょうね。

 

見た目は可愛いけどめんどくさくて使わなかった…



⇒デザインよりも着心地重視でアイテム選びをしましょう。

デザイン性のある洋服は、ひと手間加えないと可愛く着こなせないものが多いです。

例えば肩の開いたニットはインナーが見えないように気を配らないといけないですし、タイトなスカートは下着のラインが響かないように時には工夫が必要です。

あなたがそういったひと手間を楽しめるタイプでないのなら、気を遣わなくても済むアイテム選びをしましょう。

 

いかがでしたか?

感覚だけでなく、来年は少し頭を使ってお買い物上手になれるよう、一緒に頑張っていきましょう!

 
=================


ライター:Kanako Nagahama(パーソナルカラーアドバイザー)


1988年東京都生まれ。



立教大学卒業後、アパレル会社に勤務。

その傍ら、for*styleファッションビジネススクールにて

パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事、


パーソナルカラーの技術を身につけ、現在はカラーアドバイザーとして活動中。



販売の経験を活かし、

パーソナルカラーに基づいたファッションアドバイスを行っている。


ニーズや生活スタイルに合ったリアルクローズの提案を得意とする。

2014年12月20日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop