現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月12日更新

防寒具としてヒートテックを着る時に注意したい3つのこと

453 views

ヒートテックを着る時に気をつけた方がいいことがあると聞きました。教えてください。(大学3年生・女性)


ヒートテックを着ていることで、やはりこの時期は暖かくていいですよね。

でも着方を間違えると全然あったかくなく、逆に寒いままになってしまいます。

そんな状態を防ぐために、今回は防寒具としてヒートテックを着る時に注意したい3つのことをご紹介していきます。

 

①発熱原理を利用する



ヒートテクを着る女性

ユニクロなどによく売っている有名なヒートテックは主に発熱原理を利用してあったかく保っている様です。

発熱原理というのは、汗をかくことによって汗をしっかり吸収して発熱します。

ということは、寒い中じっとしているよりも寒い外でもしっかり体を動かした方が、発汗作用を利用してしっかり体を暖かく保つことができるというわけです。

部屋の中にいるとき、暖房を使いたくないので、できればヒートテックで対応したいという方は体を動かすのは難しいにしても、暖かい飲み物をたくさん飲んで代謝をよくしていくと必然的に汗をかきやすくなります。

もちろん、汗をかいたあとはしっかり拭き取ったりしないと、風邪を引いてしまうこともあるので気をつけてください。

 

②形状を使い分ける



男性

ヒートテックには丸襟のもの、Vネックのもの、そして最近はオシャレに着られるものなどさまざまあります。

また、白いヒートテックより黒いヒートテックの方が発熱作用が強いとも言われています。

肩が冷えやすい人は、Vネックのものを着ると良いです。

肩がしっかり覆われる上、熱が逃げにくいのでオススメです。

また、全体的にあっためたい人はハイネックを使ってください。

ハイネックは首まで覆われるので、外に出る時ヒートテックが見えないようであれば着ればいいですし、無理なら家で着てください。

形状によってしっかり使い分けると、より暖かく保つことができますのでオススメですよ。

 

③お肌の乾燥に注意



冬

ダイエットにもあてはまることなのですが、基本的に汗をかきすぎるようなことをするときにヒートテックはおすすめできません。

なぜなら、水分が体から蒸発してしまうとどうしてもお肌が乾燥します。

するといざ温めようとするときに汗が乾燥によって出ず、アレルギーになってしまったり、水分不足になってしまう場合があります。

よって、お肌をしっかり保湿することによって、汗が出やすくなったりします。

また、どうしても乾燥肌でさらにアトピー等肌のトラブルが気になる場合は、ヒートテックは着れないの?と思われる方多いと思います。

そんなことはありません。

ヒートテックの下に薄い下着を着てから、ヒートテックを着るといいです。

より暖かさを保ってくれるだけでなく、体のかゆみやアレルギーにも効果があります。

 

いかがでしたか?

冬だからといってヒートテックを無駄に重ね着するより、肌の保湿を心がけたり、適度な運動をしていくことによって、ヒートテックは抜群の力を発揮していきます。

ファッション等に支障が出ないように、しっかり調整していけばオシャレにヒートテックを着こなすこともできるでしょう。

 

 

2015年2月12日

written

by さっとんびーむ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop