現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月23日更新

気になる足のニオイが一発で解消!「重曹足湯」の方法とは?

12162 views

足のニオイには重曹足湯が良いと聞いたのですが、どうやってやればいいんですか?(大学2年生・女性)


重曹足湯

1日が終わって家に帰って靴を脱ぐと、足元から立ち上ってくるのは、何とも言い難い足のニオイ。

そんな足のニオイって本当にどうにかできないものでしょうか?

今日はそんなあなたのために、足のニオイを一発で解消できる「重曹足湯」について教えます。

 

そもそも足のニオイの原因は?



身体の中でも、老若男女関係なく誰でもニオイに悩むのが足です。

身体のさまざまなニオイに関するお悩みの多くには病的な原因が強くありますが、足のニオイというのは病的な原因が無くても、靴を履いて生活している人であれば、程度の差こそあれ誰でも匂うものなのです。

靴を履く人

そもそも足の裏には体の他の部位の3倍から10倍もの汗腺が集中していて、毎日足だけでコップ1杯程度の汗をかくと言われています。

大学生や社会人のように、1日中靴を履き続ける生活を送っている人にとっては、ほとんど毎日、靴の中という密閉された小さな空間の中に、コップ一杯の水を注ぎながら生活しているようなものです。

 

その上、足の裏と言わずヒトの体の表面には、何種類もの雑菌がいて、ヒトの皮膚の表面から汗と一緒に流れ落ちた角質を常に分解しています。

雑菌が角質を分解すると出てくるのが「イソ吉草酸(イソきっそうさん)」というものです。

この「イソ吉草酸」というのが実は足のニオイの原因になる物質なのです。

実はこの「イソ吉草酸」は納豆にも含まれている物質です。

足がなんか納豆臭いな、と思ったことがあるかもしれませんが、実はそれは「イソ吉草酸」のせいなんですね。

この「イソ吉草酸」というのは非常に厄介な物質で、洗ってもなかなか落ちにくい性質を持っています。

お風呂で石けんを付けてゴシゴシこすっても、なかなか足のニオイが取れない場合には、

この「イソ吉草酸」を落としきれていないことが原因です。

 

どうして重要足湯が足のニオイに効くのか?



そこで、洗っても洗っても落とすことができない足のニオイに効くのが、今日のテーマである「重曹足湯」なんです。

重曹というのは炭酸水素ナトリウムのことで、お掃除やお菓子作り、入浴剤にも使われることがあるように、人体にも全く無害で、皆さんにとってもお馴染みのものですよね。

とてもスーパーなどにも売っていて値段も安いので気軽に使うことができます。

 

この重曹を使って足湯をすることが足のニオイに効く理由は、酸性の「イソ吉草酸」が弱アルカリ性の重曹によって中和されることで、あのいや~なニオイを消してしまうからなんです。

 

重曹足湯の方法は?



重曹足湯

重曹足湯の方法はとても簡単です。

まず、洗面器に自分が気持ちいいと思う適温のお湯を用意します。

そこに小さじ一杯程度の重曹を入れて、足を入れるだけです。

時間は10分から15分程度。

長くても30分程度にしておきましょう。

お風呂あがるにやると特に効果的です。

更に小さじ1杯程度の殺菌効果のある酢を入れるのも効果的です。

ニオイがきついからと重曹を入れ過ぎたり、長い時間足を浸し過ぎると、肌を傷めることもあるので気を付けましょう。

 

 

いかがでしたか?

どうしても靴やストッキングを長時間履いて生活をしなければならない人にとっては、足のニオイというのはどうしてもついて回るものです。

簡単にお金もかけずにできる重曹足湯で、ぜひ足のニオイに悩まない、快適な生活を送ってください。

 

2014年12月23日

written

by 猫の子子猫


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop