現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月14日更新

試験前に食べたい!記憶力がUPする食べ物5つ

4317 views

 試験が近くなって、焦っています。記憶力があがる食べ物とかってあったりしますか?(大学2年生・男性)


 

試験が近くなると欲しいと思ってしまう、ドラえもんに出てきた暗記パン!

食べ物をいただくだけで記憶力が良くなったら嬉しいですね。

夢みたいな話ですが、記憶力が高まる効果がある食べ物を日々の生活に取り入れてみるのもいいのでは。

テレビなどでも耳にするDHA(ドコサヘキサエン酸)は青魚に多く含まれ、

集中力や記憶力をアップしてくれますが、それ以外にも効果のある食べ物があります。

記憶力が欲しいあなたに!記憶力がUPする食べ物を5つご紹介します。

 

1、チョコレート



チョコレート

チョコレートやココアに含まれる「カカオフラバノール」には記憶力の低下を好転させる効果があります。

また、脳の唯一のエネルギー源「ブドウ糖」が多く含まれていますが、

このブドウ糖は短時間に脳を活性化するのには外せない栄養素です。

チョコレートの甘い香りも自律神経に刺激を与えてくれるので、緊張を和らげ、

イライラを抑えてリラックスさせてくれるので、勉強の合間にはチョコレートをひとかけら。

学生の強い味方なのです。

 

2、ピーナッツ



ピーナッツ

ピーナッツに含まれるレシチンやコリンはビタミンB群の一種。

レシチンは神経伝達物質を作るのに必要なもので、脳の栄養剤のような栄養素です。

ピーナッツを食べることで、脳が活性化されるので記憶力が向上します。

 

3、ほうれん草



マグネシウムや葉酸が豊富なほうれん草。

マグネシウムは体内の血流を促進してくれるので、脳にしっかりと血液を届けてくれる効果があります。

また、情報処理速度をアップさせたり、記憶力をアップさせる効果があり、

思考力の低下を防ぐのにも効果的。

免疫力アップや風邪予防にも良いビタミンCも含まれているので、試験前の学生さんをサポートしてくれます。

 

4、カレーライス



カレーには多くのスパイスが含まれていますが、その中のひとつ「ターメリック」は記憶力をアップしてくれます。

また、集中力が高まるので、 計算をする時にも効果を発揮します。

たくさんのスパイス類は、脳の交感神経を刺激してくれるので、やる気モードを起こさせてくれるのです。

カレーのお供のご飯の炭水化物はブドウ糖。

ブドウ糖が脳に与えるエネルギーは集中力や記憶力に関係します。

勉強のやる気が起きない時や朝食として食べると、1日を有効に使えそうですね。

 

5、牛肉



牛肉

牛肉には鉄分とミネラルの他にもアラキドン酸が含まれています。

アラキドン酸には、脳の機能を改善する効果があり、免疫機能を調整したり、

記憶力や学習力をアップしてくれるのです。

また、ストレスから脳を守ってくれる効果もあるので、

試験前で追い込まれた気分になったら、牛肉を食べてみると良いですよ。

 

いかがでしたか?

記憶力をアップする方法はいろいろありますが、食べ物の力を借りるのもその一つ。

食べ物は消化吸収されたあと、栄養が体内に取り込まれるわけですから、

栄養素や効果を考えながら、日々の食事を楽しめたら一石二鳥ですね。

ただし、バランスよく食べることも大切。1日3食にうまく取り入れて、記憶力アップを目指しましょう!

 

2015年7月14日

written

by qoomama


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop